ミッドロール挿入点の挿入

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、コード変換される動画でミッドロール挿入点のキーフレームをプログラムによって挿入する方法について説明します。Transcoder API は広告の挿入や再生を行わず、メディア再生を停止します。キーフレームの処理は、動画プレーヤー クライアントが行います。

adBreaks 配列を使用して、出力動画にミッドロール挿入点のキーフレームを挿入します。この構成をジョブ テンプレートに追加するか、アドホック ジョブ構成に含めることができます。

次の REST/JSON 構成では、出力動画のタイムラインに 4、7、11 秒にミッドロール挿入点キーフレームを挿入します。

"adBreaks": [
  {
    "startTimeOffset": "4s"
  },
  {
    "startTimeOffset": "7s"
  },
  {
    "startTimeOffset": "11s"
  }
],

ffprobe などのツールを使用すると、キーフレームが挿入されたことを確認できます。次の出力は、ミッドロール挿入点キーフレームを挿入しないサンプル出力を示しています。

$ ffprobe -loglevel error -skip_frame nokey -select_streams v:0 -show_entries \
    frame=pkt_pts_time -of csv=print_section=0 hd.mp4
0.000000
3.000000
6.000000
9.000000
12.000000
...

次の出力は、ミッドロール挿入点キーフレームを挿入した同じ出力動画タイムラインを示しています。

$ ffprobe -loglevel error -skip_frame nokey -select_streams v:0 -show_entries \
    frame=pkt_pts_time -of csv=print_section=0 hd.mp4
0.000000
3.000000
4.000000 <<< Inserted keyframe here
6.000000
7.000000 <<< Inserted keyframe here
9.000000
11.000000 <<< Inserted keyframe here
12.000000
...

出力のマニフェスト ファイルを調べて、ミッドロール挿入点タグが挿入されていることを確認します。