クロスオリジン リソース シェアリング(CORS)の構成

クロスオリジン リソース シェアリング(CORS)は、さまざまな生成元のリソース間でのやり取りを可能にし、通常は悪意のある動作を防ぐために禁止されています。このページでは、Cloud Storage バケットで、サンプルの Shaka メディア プレーヤーの起点の CORS を構成する方法について説明します。

Cloud Storage バケットでクロスオリジン リソース シェアリング(CORS)を有効にするには、次のようにします。
  1. 次の内容を含む JSON ファイルを作成します。
    [
      {
        "origin": ["https://shaka-player-demo.appspot.com/"],
        "responseHeader": ["Content-Type", "Range"],
        "method": ["GET", "HEAD"],
        "maxAgeSeconds": 3600
      }
    ]
  2. JSON_FILE_NAME を前の手順で作成した JSON ファイルの名前に置き換えてから、次のコマンドを実行します。
    gsutil cors set JSON_FILE_NAME.json gs://GCS_BUCKET_NAME