リモート デバッガの接続

このドキュメントでは、Windows を実行している Compute Engine 仮想マシン上のプロセスに Visual Studio のリモート デバッガを接続する方法について説明します。

前提条件

始める前に、仮想マシンが次の前提条件を満たしていることを確認してください。

  • Windows オペレーティング システムを実行している

  • パブリック IP アドレスを持っている

  • リモート PowerShell をインストールして有効にしている

    • リモート PowerShell 接続を有効にしたくない場合、または VM にインストールされていない場合は、MSDN Visual Studio のリモート デバッグを検索して、Visual Studio Debugger Remote Tools を手動でインストールする手順を見つけることができます。

    • ファイアウォール ルールを追加して、デバッガ リモートツール ポートのブロックを解除することもできます。

これらの前提条件をすべて満たす ASP.NET フレームワーク イメージをデプロイできます。

リモート デバッガの接続

リモート デバッガを接続するには:

  1. [ツール] > [Google Cloud Tools] > [Google Cloud Explorer を表示] を選択して Cloud Explorer を起動します。

  2. リモート デバッガを接続する Compute Engine VM インスタンスを右クリックし、[デバッガーのアタッチ] を選択します。

    [デバッガーのアタッチ] ウィザードが表示されます。

  3. 必要なポートへのトラフィックを許可するファイアウォール ルールの追加を要求するプロンプトが表示されたら、[OK] をクリックします。

    1. ダイアログの [詳細] リンクをクリックすると、ファイアウォール ポートを開くセクションが表示されます。
  4. デバッグするプロセスを選択し、[OK] をクリックします。

次の点にご注意ください。

  • リモート VM インスタンスに初めて接続すると、ウィザードにより、Visual Studio Debugger Remote Tools がインストールされます。VM が別のリージョンにある場合、このインストールには時間がかかることがあります。

  • デバッガツールは、ターゲット マシンの Program Files\VisualStudioRemoteTools にインストールされます。

  • リリースビルドを改善する場合は、シンボルを手動で読み込む必要があります。

    1. アプリケーションをデバッグする場合は、[デバッグ] > [Windows] > [モジュール] を選択します。

    2. デバッグ対象アセンブリを探します。

    3. 該当するエントリを右クリックし、[シンボルの読み込み] を選択します。

ファイアウォール ポートを開く

リモート デバッグを有効にするには、ファイアウォール ルールを追加してターゲット マシンへのトラフィックを許可し、Debugging Remote Tools への接続を有効にする必要があります。Visual Studio 2017 の場合、ポートは 4022 です。

Cloud Tools for Visual Studio は、リモート PowerShell 接続を使用して、リモートツールをインストールして起動することができます。まず、リモート PowerShell HTTPS ポート 5986 を有効にする必要があります。

デバッグが終了したら、ファイアウォール ルールを削除します。

  1. [ツール] > [Google Cloud Tools] > [Google Cloud Explorer を表示] を選択して Cloud Explorer を起動します。

  2. Compute Engine VM インスタンスを右クリックし、[ファイアウォール オプション] を選択します。

  3. [Allow Visual Studio Debugger connections to the instance] と [Allow Remote PowerShell HTTPs traffic to the instance] のファイアウォール ルールのチェックボックスをオフにします。

  4. [保存] をクリックし、ファイアウォール ルールを削除します。