ダッシュボード管理ツール(v4beta1)

Cloud Talent Solution では、CTS ダッシュボードにデータを可視化できるようになりました。この情報を使用して、API 構成をモニタリングできます。また、Cloud Talent Solution がウェブサイトの求職者に対する動作にどのように影響するかについても説明します。

ダッシュボードでは、2 つの主要セクションに情報が表示されます。

  1. 検索データ
  2. クライアント イベント データ

検索データ

[検索データ] セクションには、サービスを介して送信された検索クエリの集計情報が表示されます。このセクションを使用して、上位のクエリテキスト場所フィルタを追跡できます。検索データの [Data validation] グラフには、データに関する問題がハイライト表示され問題を検出して修正できます。検証グラフには、ユーザー ID、セッション ID、クエリテキストなどの重要な情報の欠落といった、問題のある検索クエリに関してアクションにつながる情報と指標が表示されます。求人検索のパフォーマンスの観点から、高品質な検索リクエストを確保することが重要です。

クライアント イベント データ

[クライアント イベント データ] セクションには、CTS にクライアント イベントとして送信されたユーザーの行動情報が表示されます。このセクションを使用して、1 日あたりのクライアント イベントのカウント、および毎日の応募率表示率に関する実用的な情報を確認できます。

クライアント イベントの [データ検証] テーブルには、問題のあるイベントデータの指標が表示されます。クライアント イベント データはモデルのトレーニングに使用されるため、サービスから CTS に返送されたデータが想定どおりであることを確認する必要があります。このテーブルに表示される指標を使用して、構成を評価できます。

  1. 複数のインプレッション: Cloud Talent Solution はIMPRESSION イベントを使用してアクションを確立します。基本的なアクションは、API が検索リクエストに応じて求職者に求人情報のリストを返したことです。Cloud Talent Solution は、検索 API リクエストごとに 1 つの IMPRESSION イベントが存在することを前提としています。1 つのリクエストに対して複数のインプレッション イベントが送信されている場合は、構成が正しくない可能性があります。

  2. インプレッションなし: IMPRESSION イベントはモデルのトレーニングに不可欠であり、イベントの欠落はモデルの学習に影響を与える可能性があります。

  3. eventId の再利用: EventId 値は、このフィールドに割り当てる一意の ID です。再利用はしないでください。EventId の値は、Cloud Talent Solution の呼び出しに使用する Google Cloud Platform プロジェクトに固有であることが必要です。

  4. 無効な jobId: relatedJobNames は、イベントのコンテキスト内にある求人情報をモデルに通知するために使用されます。たとえば、IMPRESSION イベントには、求職者に表示された Google 指定の求人 ID が含まれている必要があります。Cloud Talent Solution は、Google システムによって生成されていない ID を受け入れることができません。

管理ツールを追加

データのモニタリングとトラブルシューティングの方法について詳しくは、Cloud Talent Solution の管理ツールのページをご覧ください。