割り当てと上限

このドキュメントでは、Storage Transfer Service の使用に関する現在の API 制限と使用量割り当てについて説明します。これらの制限や使用量割り当てに変更があった場合、このページにも変更が反映されます。

これらの割り当ては Storage Transfer Service の各プロジェクトと各ユーザーに適用され、特定のデベロッパー プロジェクトで使用されるすべてのアプリケーションと API バージョンで共有されます。

同時に実行できる transferOperations の上限

次の表は、同時に実行できる transferOperations の上限を示します。

実行中の transferOperations の最大数 適用先
200 プロジェクト

読み取りの割り当て

Storage Transfer Service では、次のデータ読み取りリクエストに対して割り当てが指定されています。

次の表に、上記の API リクエストに対して指定されている割り当てを示します。

最大リクエスト数 期間 適用先
500 100 秒 ユーザー
2500 100 秒 プロジェクト

作成の割り当て

次の表に、transferJobs create リクエストに対する割り当てを示します。

最大リクエスト数 期間 適用先
1000 1 日 ユーザー
100 100 秒 ユーザー
1000 100 秒 プロジェクト

パッチの割り当て

次の表に、transferJobs patch リクエストに対する割り当てを示します。

最大リクエスト数 期間 適用先
100 100 秒 ユーザー
1000 100 秒 プロジェクト

書き込みの割り当て

Storage Transfer Service では、次のデータ書き込み transferOperations リクエストに対して割り当てが指定されています。

  • pause
  • resume
  • cancel

次の表に、上記のリクエストに対して指定されている割り当てを示します。

最大リクエスト数 期間 適用先
100 100 秒 ユーザー
1500 100 秒 プロジェクト

割り当ての調整

割り当てを調整する方法については、割り当ての管理をご覧ください。