メソッド: projects.repos.testIamPermissions

指定されたリソースに対して呼び出し元が持っている権限を返します。リソースが存在しない場合、NOT_FOUND エラーではなく、空の権限セットが返されます。

HTTP リクエスト

POST https://sourcerepo.googleapis.com/v1/{resource=projects/*/repos/**}:testIamPermissions

この URL は Google API HTTP アノテーション構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
resource

string

必須: ポリシー詳細リクエストの対象となるリソース。このフィールドに適切な値については、オペレーション ドキュメントをご覧ください。

リクエストの本文

リクエストの本文には、次の構造を使用したデータが含まれます。

JSON 表現

{
  "permissions": [
    string
  ]
}
フィールド
permissions[]

string

resource に対して確認する権限のセット。ワイルドカード付きの権限(「*」や「storage.*」など)は使用できません。詳しくは、IAM の概要をご覧ください。

レスポンスの本文

成功すると、レスポンスの本文に次の構造のデータが含まれます。

TestIamPermissions メソッドに対するレスポンス メッセージ。

JSON 表現

{
  "permissions": [
    string
  ]
}
フィールド
permissions[]

string

呼び出し元に許可されている TestPermissionsRequest.permissions のサブセット。

承認スコープ

次の OAuth スコープが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform

詳しくは、Auth ガイドをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Source Repositories