Google Cloud SDK インストーラの使用

Cloud SDK には、サポートされている各プラットフォーム用のインストーラが用意されています。対話型または非対話型でデプロイできます。

対話型インストール

インストーラを使用すると、Cloud SDK の最新バージョンのダウンロード、インストール、設定を対話モードで簡単に行うことができます。インストーラを実行すると、Cloud SDK のコンポーネントがダウンロードされて、ローカル システムにインストールされます。また、Cloud SDK コンポーネントを PATH に追加する、シェルでのコマンド補完を有効にするなどの追加の設定も行われます。

Linux
  1. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    curl https://sdk.cloud.google.com | bash
  2. シェルを再起動します。
    exec -l $SHELL
  3. gcloud init を実行して gcloud 環境を初期化します。
    gcloud init
macOS
  1. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    curl https://sdk.cloud.google.com | bash
  2. シェルを再起動します。
    exec -l $SHELL
  3. gcloud init を実行して gcloud 環境を初期化します。
    gcloud init
Windows
  1. Cloud SDK のインストーラをダウンロードします。インストーラには Google Inc. による署名が付いています。

  2. インストーラを起動して、画面の指示に沿って操作します。

    Cloud SDK には、リリース バージョン Python 2.7.9 以降の Python 2 が必要です。インストーラにより、必要な Python バージョンを含むすべての必須依存関係がデフォルトでインストールされます。Python 2.x.y がすでにインストールされており、既存のインストール環境を使用する場合は、Bundled Python をインストールするためのオプションをオフにできます。

  3. インストールが完了したら、次のオプションを受け入れます。

    • Cloud SDK シェルを起動する
    • gcloud init を実行する

  4. これにより、ターミナル ウィンドウが開いて gcloud init コマンドが実行されます。

  5. デフォルトのインストールには、gcloud コマンドでアプリケーションをデプロイする場合に必要な App Engine 拡張機能は含まれていません。これらのコンポーネントは、Cloud SDK コンポーネント マネージャを使用してインストールできます。

注: Windows Server を実行している Google Compute Engine インスタンスでは、Internet Explorer でセキュリティ強化の構成が設定されます。この構成が設定されていると、上記のインストーラを実行できません。先にセキュリティ強化の構成を無効にして、Internet Explorer を再起動してから、インストーラを実行してください。Windows Server インスタンスでセキュリティ強化の構成を無効にする方法については、Windows のヘルプとサポートを開いて「IE ESC」を検索してください。

また、.zip ファイルをダウンロードして最新バージョンをインストールすることもできます。

  1. google-cloud-sdk.zip をダウンロードしてその内容を抽出します(ダウンロードしたファイルを右クリックして [すべて展開] を選択します)。

  2. google-cloud-sdk\install.bat スクリプトを起動して、インストールの指示に沿って操作します。

  3. インストールが完了したら、コマンド プロンプト(cmd.exe)を再起動します。

  4. gcloud init を実行します。

    C:\> gcloud init

非対話型(サイレント)デプロイ

インストーラを非対話モードで使用して、Cloud SDK を自動でインストールすることもできます。対話型インストールのインストール手順に従いますが、次の追加フラグを使用してプロンプトが表示されないようにしてください。

Linux の場合:

  • --disable-prompts - プロンプトを無効にします。

  • --install-dir=DIRECTORY - インストールのルート ディレクトリを DIRECTORY に設定します。Cloud SDK は DIRECTORY/google-cloud-sdk にインストールされます。デフォルトは $HOME です。

Windows の場合:

  • /S - サイレント インストールを行います。インストーラのページは表示されません。インストール設定を変更するにはフラグを使用します。
  • /D - デフォルトのインストール ディレクトリを設定します。コマンドラインの最後のパラメータとして、パスにスペースが含まれていても引用符を使わずに指定する必要があります。サポートされているのは絶対パスのみです(例: /D=C:\CloudSDK)。
  • /allusers - すべてのユーザー用にインストールします。
  • /singleuser - 現在のユーザー用にインストールします(デフォルト)。
  • /noreporting - 使用状況レポートを無効にします(デフォルトでは使用状況レポートが送信されます)。
  • /nostartmenu - [スタート] メニューのショートカットを作成しません(デフォルトでは作成されます)。
  • /nodesktop - デスクトップのショートカットを作成しません(デフォルトでは作成されます)。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud SDK のドキュメント