これは、Recommendations AI、Retail Search、新しい Retail コンソールに関するドキュメントです。制限付き一般提供フェーズで Retail Search を使用するには、Cloud 営業担当者にお問い合わせください

Recommendations AI のみを使用している場合は、Recommendations コンソールを引き続き使用し、Recommendations AI のドキュメントをご覧ください。

割り当てと上限

このページでは、Retail API の割り当てと上限について説明します。

デフォルトの割り当て

デフォルトでは、プロジェクトに次の Retail 割り当てがあります。

割り当て
1 分あたりのユーザー イベントの書き込み 60,000
1 分あたりのユーザー イベントのインポート 100
1 分あたりのユーザーあたりのユーザー イベントの書き込み 240
1 分あたりのユーザーイベントの読み取り 300
1 分あたりのプロダクトの書き込み数 12,000
1 分あたりのプロダクトのインポート 100
1 分あたりのプロダクトの読み取り数 300
1 分あたりの予測 60,000
1 分あたりの特定ユーザーの予測 60,000
1 分あたりの検索数 300
1 分あたりの読み取り完了数 300
合計ユーザー イベント数 40,000,000,000
商品の総数 40,000,000
合計タグ数
(一意のタグではなく、プロダクトごとのタグの総数)
100,000,000
保留中の Cloud Storage インポートの長時間実行オペレーション 300
保留中の BigQuery インポートの長時間実行オペレーション 100
保留中の Merchant Center インポートの長時間実行オペレーション 10
同時にアクティブなモデル数 10
合計モデル数(アクティブと一時停止) 20
合計プレースメント数 100

割り当ての確認

プロジェクトでの Retail リソースの現在の割り当てを確認するには、Google Cloud Console の [割り当て] ページに移動し、[サービス] プルダウン リストから [Retail] を選択します。

最新の割り当て使用量を確認するには、API ダッシュボードに移動し、Retail API を選択して、[割り当て] タブを開きます。

割り当てを増やす

Google Cloud の使用量が多くなるに伴い、割り当てが引き上げられることがあります。使用量の大幅な増加が見込まれる場合は、十分なサイズの割り当てを確保できるように、数日前にリクエストしてください。

  1. [割り当て] ページで、[サービス] プルダウン リストから [Retail] を選択します。

  2. 変更する割り当てを選択します。

  3. [割り当てを編集] をクリックします。

  4. 名前、メールアドレス、電話番号を入力して、[次へ] をクリックします。

  5. 割り当てリクエストを入力して、[リクエストを送信] をクリックします。

リクエストの送信後、48 時間以内に Retail チームから返信いたします。

上限

Retail API には次の上限が適用されます。

  • 1 分あたり最大 5 つのモデルのオペレーションを開始できます。対象となるモデルのオペレーションには、作成、削除、一時停止、再開が含まれます。

  • サイトでは 1 週間あたり訪問者 ID またはユーザー ID ごとに最大 250,000 のユーザー イベントの書き込みが可能です。

  • サイトでは 1 週間あたりプロダクト ID ごとに最大 10,000 のプロダクトの書き込みが可能です。