Google Cloud Console を使用したクイックスタート

このページでは、Google Cloud Console を使用して Pub/Sub の基本的なタスクを行う方法を説明します。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Cloud Console プロジェクトを設定する

    プロジェクトの設定

    クリックして、以下を行います。

    • プロジェクトを作成または選択します。
    • プロジェクトに対して Pub/Sub API を有効にします。

    これらのリソースは、いつでも Cloud Console で表示、管理できます。

  3. Cloud SDK をインストールし、初期化します

トピックの作成

  1. Cloud Console の Pub/Sub トピックページに移動します。

    Pub/Sub トピックページに移動

  2. [トピックを作成] をクリックします。

    コンソールの [トピックの作成] ダイアログのスクリーンショット

  3. [トピック ID] フィールドに、一意のトピック名を入力します(例: MyTopic)。

  4. [保存] をクリックします。

これで Pub/Sub トピックの作成は完了です。

サブスクリプションの追加

作成したトピックにサブスクリプションを追加します。

  1. 作成したトピックのメニューを表示し、[新しい登録] をクリックします。

    トピックの行に [新しい登録] ボタンを表示したコンソール ダイアログのスクリーンショット

  2. サブスクリプションの名前(MySub など)を入力します。

    新しいサブスクリプションのダイアログと [登録名] フィールドへのサブスクリプション名の入力を表示します。

  3. 配信タイプは [pull] のままにしておきます。

  4. [作成] をクリックします。

トピックへのメッセージのパブリッシュ

トピックにメッセージをパブリッシュするには、次のようにします。

  1. 作成したトピックのオーバーフロー メニューで [メッセージをパブリッシュ] をクリックします。
  2. [メッセージ] フィールドに「Hello World」と入力します。
  3. [公開] をクリックします。

サブスクリプションからのメッセージの pull

パブリッシュしたメッセージを受信するには、サブスクリプションで pull オペレーションを行う必要があります。これを行う方法の 1 つとして、gcloud コマンドライン ツールを使用する方法があります。始める前にの手順に沿ってインストールした Cloud SDK を使用できます。また、Cloud Shell で次の gcloud コマンドを使用することもできます。

    gcloud pubsub subscriptions pull --auto-ack MySub

送信したメッセージが、コマンド出力の DATA フィールドに表示されます。

いかがでしたか

Pub/Sub のサポートページにその他の参考資料やリンクがありますので、こちらもご利用ください。

クリーンアップ

このクイックスタートで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順に従います。

  1. Cloud Console の Pub/Sub トピックページに移動します。

    Pub/Sub トピックページに移動

  2. 作成したトピックの横にあるチェックボックスをオンにします。

  3. [削除] をクリックして、トピックを永続的に削除します。

  4. 各サブスクリプションを表示し、そのごみ箱アイコンをクリックして、残りのサブスクリプションを削除します。

次のステップ

Pub/Sub クライアント ライブラリで、選択した言語で Pub/Sub の使用を開始します。

このページで取り上げたコンセプトの詳細については、パブリッシャー ガイドサブスクライバー ガイドをご覧ください。

Pub/Sub の詳細については、Pub/Sub とはをご覧ください。