トピックとサブスクリプションの管理

このドキュメントでは、Pub/Sub のトピックとサブスクリプションを作成、削除、管理する方法について説明します。メッセージ データのパブリッシュとアクセスの詳細については、パブリッシャー ガイドサブスクライバーの概要をご覧ください。

トピックの管理

トピックの作成、削除、表示は、API、Google Cloud Console または gcloud コマンドライン ツールで行います。Pub/Sub API gcloud コマンドの完全なリストについては、gcloud pubsub リファレンスをご覧ください。

トピックの作成

トピックをパブリッシュまたはサブスクライブする前に、トピックを作成する必要があります。次の例で、トピックの作成方法を説明します。

gcloud

gcloud pubsub topics create TOPIC_ID

REST API

リクエスト:

リクエストは、Authorization ヘッダー内のアクセス トークンにより認証を受ける必要があります。現在のアプリケーションのデフォルト認証情報のアクセス トークンを取得する場合は、gcloud auth application-default print-access-token を使用します。

PUT https://pubsub.googleapis.com/v1/projects/myproject/topics/mytopic
Authorization: Bearer ACCESS_TOKEN
    

レスポンス:

200 OK
{
 "name": "projects/myproject/topics/mytopic"
}

C++

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C++ の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace pubsub = google::cloud::pubsub;
[](pubsub::TopicAdminClient client, std::string project_id,
   std::string topic_id) {
  auto topic = client.CreateTopic(pubsub::TopicMutationBuilder(
      pubsub::Topic(std::move(project_id), std::move(topic_id))));
  // Note that kAlreadyExists is a possible error when the library retries.
  if (topic.status().code() == google::cloud::StatusCode::kAlreadyExists) {
    std::cout << "The topic already exists\n";
    return;
  }
  if (!topic) throw std::runtime_error(topic.status().message());

  std::cout << "The topic was successfully created: " << topic->DebugString()
            << "\n";
}

C#

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.PubSub.V1;
using Grpc.Core;
using System;

public class CreateTopicSample
{
    public Topic CreateTopic(string projectId, string topicId)
    {
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();
        var topicName = TopicName.FromProjectTopic(projectId, topicId);
        Topic topic = null;

        try
        {
            topic = publisher.CreateTopic(topicName);
            Console.WriteLine($"Topic {topic.Name} created.");
        }
        catch (RpcException e) when (e.Status.StatusCode == StatusCode.AlreadyExists)
        {
            Console.WriteLine($"Topic {topicName} already exists.");
        }
        return topic;
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func create(w io.Writer, projectID, topicID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// topicID := "my-topic"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	t, err := client.CreateTopic(ctx, topicID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("CreateTopic: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Topic created: %v\n", t)
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.TopicAdminClient;
import com.google.pubsub.v1.Topic;
import com.google.pubsub.v1.TopicName;
import java.io.IOException;

public class CreateTopicExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String topicId = "your-topic-id";

    createTopicExample(projectId, topicId);
  }

  public static void createTopicExample(String projectId, String topicId) throws IOException {
    try (TopicAdminClient topicAdminClient = TopicAdminClient.create()) {
      TopicName topicName = TopicName.of(projectId, topicId);
      Topic topic = topicAdminClient.createTopic(topicName);
      System.out.println("Created topic: " + topic.getName());
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const topicName = 'YOUR_TOPIC_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function createTopic() {
  // Creates a new topic
  await pubSubClient.createTopic(topicName);
  console.log(`Topic ${topicName} created.`);
}

createTopic();

PHP

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Creates a Pub/Sub topic.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $topicName  The Pub/Sub topic name.
 */
function create_topic($projectId, $topicName)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $topic = $pubsub->createTopic($topicName);

    printf('Topic created: %s' . PHP_EOL, $topic->name());
}

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer)
# project_id = "your-project-id"
# topic_id = "your-topic-id"

publisher = pubsub_v1.PublisherClient()
topic_path = publisher.topic_path(project_id, topic_id)

topic = publisher.create_topic(request={"name": topic_path})

print("Topic created: {}".format(topic))

Ruby

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# project_id = "Your Google Cloud Project ID"
# topic_name = "Your Pubsub topic name"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new project: project_id

topic = pubsub.create_topic topic_name

puts "Topic #{topic.name} created."

トピックの削除

次の例では、トピックを削除します。

gcloud

gcloud pubsub topics delete TOPIC_ID

REST API

リクエスト:

リクエストは、Authorization ヘッダー内のアクセス トークンにより認証を受ける必要があります。現在のアプリケーションのデフォルト認証情報のアクセス トークンを取得する場合は、gcloud auth application-default print-access-token を使用します。

DELETE https://pubsub.googleapis.com/v1/projects/myproject/topics/mytopic
Authorization: Bearer ACCESS_TOKEN
    

レスポンス:

200 OK
{
 "name": "projects/myproject/topics/mytopic"
}

C++

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C++ の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace pubsub = google::cloud::pubsub;
[](pubsub::TopicAdminClient client, std::string const& project_id,
   std::string const& topic_id) {
  auto status = client.DeleteTopic(
      pubsub::Topic(std::move(project_id), std::move(topic_id)));
  // Note that kNotFound is a possible result when the library retries.
  if (status.code() == google::cloud::StatusCode::kNotFound) {
    std::cout << "The topic was not found\n";
    return;
  }
  if (!status.ok()) throw std::runtime_error(status.message());

  std::cout << "The topic was successfully deleted\n";
}

C#

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.PubSub.V1;

public class DeleteTopicSample
{
    public void DeleteTopic(string projectId, string topicId)
    {
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();
        TopicName topicName = TopicName.FromProjectTopic(projectId, topicId);
        publisher.DeleteTopic(topicName);
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func delete(w io.Writer, projectID, topicID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// topicID := "my-topic"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	t := client.Topic(topicID)
	if err := t.Delete(ctx); err != nil {
		return fmt.Errorf("Delete: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Deleted topic: %v\n", t)
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.api.gax.rpc.NotFoundException;
import com.google.cloud.pubsub.v1.TopicAdminClient;
import com.google.pubsub.v1.TopicName;
import java.io.IOException;

public class DeleteTopicExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String topicId = "your-topic-id";

    deleteTopicExample(projectId, topicId);
  }

  public static void deleteTopicExample(String projectId, String topicId) throws IOException {
    try (TopicAdminClient topicAdminClient = TopicAdminClient.create()) {
      TopicName topicName = TopicName.of(projectId, topicId);
      try {
        topicAdminClient.deleteTopic(topicName);
        System.out.println("Deleted topic.");
      } catch (NotFoundException e) {
        System.out.println(e.getMessage());
      }
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const topicName = 'YOUR_TOPIC_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function deleteTopic() {
  /**
   * TODO(developer): Uncomment the following line to run the sample.
   */
  // const topicName = 'my-topic';

  // Deletes the topic
  await pubSubClient.topic(topicName).delete();
  console.log(`Topic ${topicName} deleted.`);
}

deleteTopic().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Creates a Pub/Sub topic.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $topicName  The Pub/Sub topic name.
 */
function delete_topic($projectId, $topicName)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $topic = $pubsub->topic($topicName);
    $topic->delete();

    printf('Topic deleted: %s' . PHP_EOL, $topic->name());
}

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer)
# project_id = "your-project-id"
# topic_id = "your-topic-id"

publisher = pubsub_v1.PublisherClient()
topic_path = publisher.topic_path(project_id, topic_id)

publisher.delete_topic(request={"topic": topic_path})

print("Topic deleted: {}".format(topic_path))

Ruby

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# project_id = "Your Google Cloud Project ID"
# topic_name = "Your Pubsub topic name"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new project: project_id

topic = pubsub.topic topic_name
topic.delete

puts "Topic #{topic_name} deleted."

トピックを削除しても、サブスクリプションは削除されません。サブスクライバーは、サブスクリプションのメッセージ バックログを使用できます。トピックが削除されると、そのサブスクリプションのトピック名は _deleted-topic_ になります。トピックを削除した直後に同名のトピックを新規作成しようとすると、エラーが発生します。

トピックの一覧表示

次の例では、トピックの一覧を取得します。

gcloud

gcloud pubsub topics list

REST API

リクエスト:

リクエストは、Authorization ヘッダー内のアクセス トークンにより認証を受ける必要があります。現在のアプリケーションのデフォルト認証情報のアクセス トークンを取得する場合は、gcloud auth application-default print-access-token を使用します。

GET https://pubsub.googleapis.com/v1/projects/myproject/topics
Authorization: Bearer ACCESS_TOKEN
    

レスポンス:

200 OK
{
  "topics": [
    {
      "name": "projects/myproject/topics/mytopic1"
    },
    {
      "name": "projects/myproject/topics/mytopic2"
    }
  ]
}

C++

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C++ の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace pubsub = google::cloud::pubsub;
[](pubsub::TopicAdminClient client, std::string const& project_id) {
  int count = 0;
  for (auto const& topic : client.ListTopics(project_id)) {
    if (!topic) throw std::runtime_error(topic.status().message());
    std::cout << "Topic Name: " << topic->name() << "\n";
    ++count;
  }
  if (count == 0) {
    std::cout << "No topics found in project " << project_id << "\n";
  }
}

C#

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Api.Gax.ResourceNames;
using Google.Cloud.PubSub.V1;
using System.Collections.Generic;

public class ListProjectTopicsSample
{
    public IEnumerable<Topic> ListProjectTopics(string projectId)
    {
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();
        ProjectName projectName = ProjectName.FromProject(projectId);
        IEnumerable<Topic> topics = publisher.ListTopics(projectName);
        return topics;
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
	"google.golang.org/api/iterator"
)

func list(projectID string) ([]*pubsub.Topic, error) {
	// projectID := "my-project-id"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	var topics []*pubsub.Topic

	it := client.Topics(ctx)
	for {
		topic, err := it.Next()
		if err == iterator.Done {
			break
		}
		if err != nil {
			return nil, fmt.Errorf("Next: %v", err)
		}
		topics = append(topics, topic)
	}

	return topics, nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.TopicAdminClient;
import com.google.pubsub.v1.ProjectName;
import com.google.pubsub.v1.Topic;
import java.io.IOException;

public class ListTopicsExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";

    listTopicsExample(projectId);
  }

  public static void listTopicsExample(String projectId) throws IOException {
    try (TopicAdminClient topicAdminClient = TopicAdminClient.create()) {
      ProjectName projectName = ProjectName.of(projectId);
      for (Topic topic : topicAdminClient.listTopics(projectName).iterateAll()) {
        System.out.println(topic.getName());
      }
      System.out.println("Listed all topics.");
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function listAllTopics() {
  // Lists all topics in the current project
  const [topics] = await pubSubClient.getTopics();
  console.log('Topics:');
  topics.forEach(topic => console.log(topic.name));
}

listAllTopics().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Lists all Pub/Sub topics.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 */
function list_topics($projectId)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    foreach ($pubsub->topics() as $topic) {
        printf('Topic: %s' . PHP_EOL, $topic->name());
    }
}

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer)
# project_id = "your-project-id"

publisher = pubsub_v1.PublisherClient()
project_path = f"projects/{project_id}"

for topic in publisher.list_topics(request={"project": project_path}):
    print(topic)

Ruby

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# project_id = "Your Google Cloud Project ID"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new project: project_id

topics = pubsub.topics

puts "Topics in project:"
topics.each do |topic|
  puts topic.name
end

デフォルトでは、クエリあたり最大で 100 件の結果が返されます。ページサイズ パラメータを使用すると、最大で 1,000 までの代替値を指定できます。

サブスクリプションの接続解除

サブスクリプションを作成するとき、サブスクリプションをトピックに接続すると、サブスクライバーはサブスクリプションからメッセージを受信できます。サブスクライバーがメッセージの受信止めるには、トピックからサブスクリプションを切断します。

サブスクリプションを接続解除するには、トピックに対する pubsub.topics.detachSubscription 権限が必要です。サブスクリプションの接続解除は、サブスクリプションに対する権限なしで行えます。これは、サブスクリプションとは別のプロジェクトにあるトピックを管理する場合に使用します。詳細については、Pub/Sub のアクセス制御をご覧ください。

Cloud Console、gcloud コマンドライン ツール、または Pub/Sub API を使用して、トピックからサブスクリプションを切断できます。

Console

サブスクリプションを切断する手順は、次のとおりです。

  1. Cloud Console で、[トピック] ページに移動します。

    [トピック] ページに移動

  2. トピック ID をクリックします。
  3. [サブスクリプション] タブで、切断するサブスクリプションのサブスクリプション ID をクリックします。
  4. [サブスクリプションの詳細] ページで [接続解除] をクリックします。
  5. 表示されたダイアログで、再度 [接続解除] をクリックします。

gcloud

サブスクリプションを接続解除するには、gcloud pubsub topics detach-subscription コマンドを使用します。

gcloud pubsub topics detach-subscription SUBSCRIPTION_ID

リクエストが成功すると、コマンドラインに確認メッセージが表示されます。

Detached subscription [SUBSCRIPTION_ID].

REST API

サブスクリプションの切断するには、次のようなリクエストを送信します。

POST https://pubsub.googleapis.com/v1/subscriptions/PROJECT_ID/subscriptions/SUBSCRIPTION_ID:detach
Authorization: Bearer $(gcloud auth application-default print-access-token)

リクエストが成功した場合のレスポンスは空の JSON オブジェクトです。

C++

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C++ の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace pubsub = google::cloud::pubsub;
[](pubsub::TopicAdminClient client, std::string project_id,
   std::string subscription_id) {
  auto response = client.DetachSubscription(pubsub::Subscription(
      std::move(project_id), std::move(subscription_id)));
  if (!response.ok()) return;  // TODO(#4792) - not implemented in emulator

  std::cout << "The subscription was successfully detached: "
            << response->DebugString() << "\n";
}

C#

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.PubSub.V1;
using System;

public class DetachSubscriptionSample
{
    public void DetachSubscription(string projectId, string subscriptionId)
    {
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();

        DetachSubscriptionRequest detachSubscriptionRequest = new DetachSubscriptionRequest
        {
            SubscriptionAsSubscriptionName = SubscriptionName.FromProjectSubscription(projectId, subscriptionId),
        };

        publisher.DetachSubscription(detachSubscriptionRequest);

        Console.WriteLine($"Subscription {subscriptionId} is detached.");
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func detachSubscription(w io.Writer, projectID, subName string) error {
	// projectID is the project which contains the topic you manage.
	// This might differ from the project which contains the subscription
	// you wish to detach, which can exist in any GCP project.
	// projectID := "my-project-id"
	// subName := "projects/some-project/subscriptions/my-sub"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	// Call DetachSubscription, which detaches a subscription from
	// a topic. This can only be done if you have the
	// `pubsub.topics.detachSubscription` role on the topic.
	_, err = client.DetachSubscription(ctx, subName)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("detach subscription failed: %v", err)
	}

	fmt.Fprintf(w, "Detached subscription %s", subName)
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.pubsub.v1.SubscriptionAdminClient;
import com.google.cloud.pubsub.v1.TopicAdminClient;
import com.google.pubsub.v1.DetachSubscriptionRequest;
import com.google.pubsub.v1.ProjectSubscriptionName;
import com.google.pubsub.v1.Subscription;
import java.io.IOException;

public class DetachSubscriptionExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    // Choose an existing subscription.
    String subscriptionId = "your-subscription-id";

    detachSubscriptionExample(projectId, subscriptionId);
  }

  public static void detachSubscriptionExample(String projectId, String subscriptionId)
      throws IOException {
    ProjectSubscriptionName subscriptionName =
        ProjectSubscriptionName.of(projectId, subscriptionId);

    try (TopicAdminClient topicAdminClient = TopicAdminClient.create()) {
      topicAdminClient.detachSubscription(
          DetachSubscriptionRequest.newBuilder()
              .setSubscription(subscriptionName.toString())
              .build());
    }

    try (SubscriptionAdminClient subscriptionAdminClient = SubscriptionAdminClient.create()) {
      Subscription subscription = subscriptionAdminClient.getSubscription(subscriptionName);
      if (subscription.getDetached()) {
        System.out.println("Subscription is detached.");
      } else {
        System.out.println("Subscription is NOT detached.");
      }
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
 */
// const subscriptionName = 'YOUR_EXISTING_SUBSCRIPTION_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function detachSubscription() {
  // Gets the status of the existing subscription
  const sub = pubSubClient.subscription(subscriptionName);
  const [detached] = await sub.detached();
  console.log(
    `Subscription ${subscriptionName} 'before' detached status: ${detached}`
  );

  await pubSubClient.detachSubscription(subscriptionName);
  console.log(`Subscription ${subscriptionName} detach request was sent.`);

  const [updatedDetached] = await sub.detached();
  console.log(
    `Subscription ${subscriptionName} 'after' detached status: ${updatedDetached}`
  );
}

detachSubscription();

PHP

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Detach a Pub/Sub subscription from a topic.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $subscriptionName  The Pub/Sub subscription name.
 */
function detach_subscription($projectId, $subscriptionName)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $subscription = $pubsub->subscription($subscriptionName);
    $subscription->detach();

    printf('Subscription detached: %s' . PHP_EOL, $subscription->name());
}

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.api_core.exceptions import GoogleAPICallError, RetryError
from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer): Choose an existing subscription.
# project_id = "your-project-id"
# subscription_id = "your-subscription-id"

publisher_client = pubsub_v1.PublisherClient()
subscriber_client = pubsub_v1.SubscriberClient()
subscription_path = subscriber_client.subscription_path(project_id, subscription_id)

try:
    publisher_client.detach_subscription(
        request={"subscription": subscription_path}
    )
except (GoogleAPICallError, RetryError, ValueError, Exception) as err:
    print(err)

subscription = subscriber_client.get_subscription(
    request={"subscription": subscription_path}
)
if subscription.detached:
    print("Subscription is detached.")
else:
    print("Subscription is NOT detached.")

Pub/Sub サービスがトピックからサブスクリプションを接続解除するまで数分かかる場合があります。

Pub/Sub サービスがトピックからサブスクリプションを接続解除すると、Pub/Sub サービスは、サブスクリプション用に保持するメッセージをすべて削除します。サブスクリプションからこれらのメッセージを取得することや、サブスクリプションをトピックに再接続することはできません。Cloud プロジェクトの割り当てを解放するには、サブスクリプションを削除します。

サブスクリプションとトピックが異なる Cloud プロジェクトにある場合、Pub/Sub サービスは両方のプロジェクトの監査ログにエントリを追加します。

サブスクリプションの管理

このセクションでは、push / pull サブスクリプションの管理方法を説明します。pull サブスクリプションと push サブスクリプションの概要と比較については、サブスクライバーの概要をご覧ください。

トピックにパブリッシュされたメッセージをサブスクライバーが受信するには、トピックに対してサブスクリプションが作成されている必要があります。

サブスクリプションの作成

Cloud Console、gcloud コマンドライン ツール、または Pub/Sub API を使用してサブスクリプションを作成できます。

Console

サブスクリプションの作成は、次の手順で行います。

  1. Cloud Console で [サブスクリプション] ページに移動します。

    [サブスクリプション] ページに移動

  2. [サブスクリプションを作成] をクリックします。
  3. [サブスクリプション ID] を入力します。
  4. プルダウン メニューからトピックを選択するか、作成します。サブスクリプションがトピックからメッセージを受信します。
  5. [作成] をクリックします。

[トピック] セクションからサブスクリプションを作成することもできます。このショートカットは、トピックとサブスクリプションの関連付けに使用できます。

  1. Cloud Console で、[トピック] ページに移動します。

    [トピック] ページに移動

  2. サブスクリプションを作成するトピックの横の をクリックします。
  3. コンテキスト メニューから [サブスクリプションを作成] を選択します。

    「サブスクリプションの作成」オプションがハイライト表示されたコンテキスト メニュー。

  4. プルダウン メニューからトピックを選択するか、作成します。サブスクリプションがトピックからメッセージを受信します。
  5. [サブスクリプション ID] を入力します。
  6. [作成] をクリックします。

gcloud

サブスクリプションを作成するには、gcloud pubsub subscriptions create コマンドを実行します。

gcloud pubsub subscriptions create SUBSCRIPTION_ID \
    --topic=TOPIC_ID \
    [--ack-deadline=ACK_DEADLINE] \
    [--message-retention-duration=MESSAGE_RETENTION_DURATION] \
    [--expiration-period=EXPIRATION_PERIOD] \
    [--push-endpoint=PUSH_ENDPOINT] \
    [--dead-letter-topic=DEAD_LETTER_TOPIC_ID \
    --max-delivery-attempts=MAX_DELIVERY_ATTEMPTS] \
    [--min-retry-delay=MIN_RETRY_DELAY] \
    [--max-retry-delay=MAX_RETRY_DELAY]

REST API

リクエスト:

リクエストは、Authorization ヘッダー内のアクセス トークンで認証を受ける必要があります。現在のアプリケーションのデフォルト認証情報のアクセス トークンを取得するには、gcloud auth application-default print-access-token を実行します。

PUT https://pubsub.googleapis.com/v1/projects/myproject/subscriptions/mysubscription
Authorization: Bearer ACCESS_TOKEN

リクエスト本文に次のフィールドを指定します。

{
  "topic": "projects/someproject/topics/sometopic"
  // Only needed if you are using push delivery
  "pushConfig": {
    "pushEndpoint": "https://myproject.appspot.com/myhandler"
  }
}

レスポンス:

200 OK
{
  "name": "projects/myproject/subscriptions/mysubscription",
  "topic": "projects/someproject/topics/sometopic",
  "pushConfig": {
    "pushEndpoint": "https://myproject.appspot.com/myhandler"
  },
  "ackDeadlineSeconds": 10
}

C++

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C++ の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace pubsub = google::cloud::pubsub;
[](pubsub::SubscriptionAdminClient client, std::string const& project_id,
   std::string const& topic_id, std::string const& subscription_id) {
  auto sub = client.CreateSubscription(
      pubsub::Topic(project_id, std::move(topic_id)),
      pubsub::Subscription(project_id, std::move(subscription_id)));
  if (sub.status().code() == google::cloud::StatusCode::kAlreadyExists) {
    std::cout << "The subscription already exists\n";
    return;
  }
  if (!sub) throw std::runtime_error(sub.status().message());

  std::cout << "The subscription was successfully created: "
            << sub->DebugString() << "\n";
}

C#

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.PubSub.V1;
using Grpc.Core;

public class CreateSubscriptionSample
{
    public Subscription CreateSubscription(string projectId, string topicId, string subscriptionId)
    {
        SubscriberServiceApiClient subscriber = SubscriberServiceApiClient.Create();
        TopicName topicName = TopicName.FromProjectTopic(projectId, topicId);

        SubscriptionName subscriptionName = SubscriptionName.FromProjectSubscription(projectId, subscriptionId);
        Subscription subscription = null;

        try
        {
            subscription = subscriber.CreateSubscription(subscriptionName, topicName, pushConfig: null, ackDeadlineSeconds: 60);
        }
        catch (RpcException e) when (e.Status.StatusCode == StatusCode.AlreadyExists)
        {
            // Already exists.  That's fine.
        }
        return subscription;
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"time"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func create(w io.Writer, projectID, subID string, topic *pubsub.Topic) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// subID := "my-sub"
	// topic of type https://godoc.org/cloud.google.com/go/pubsub#Topic
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	sub, err := client.CreateSubscription(ctx, subID, pubsub.SubscriptionConfig{
		Topic:       topic,
		AckDeadline: 20 * time.Second,
	})
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("CreateSubscription: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Created subscription: %v\n", sub)
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.SubscriptionAdminClient;
import com.google.pubsub.v1.ProjectSubscriptionName;
import com.google.pubsub.v1.PushConfig;
import com.google.pubsub.v1.Subscription;
import com.google.pubsub.v1.TopicName;
import java.io.IOException;

public class CreatePullSubscriptionExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String subscriptionId = "your-subscription-id";
    String topicId = "your-topic-id";

    createPullSubscriptionExample(projectId, subscriptionId, topicId);
  }

  public static void createPullSubscriptionExample(
      String projectId, String subscriptionId, String topicId) throws IOException {
    try (SubscriptionAdminClient subscriptionAdminClient = SubscriptionAdminClient.create()) {
      TopicName topicName = TopicName.of(projectId, topicId);
      ProjectSubscriptionName subscriptionName =
          ProjectSubscriptionName.of(projectId, subscriptionId);
      // Create a pull subscription with default acknowledgement deadline of 10 seconds.
      // Messages not successfully acknowledged within 10 seconds will get resent by the server.
      Subscription subscription =
          subscriptionAdminClient.createSubscription(
              subscriptionName, topicName, PushConfig.getDefaultInstance(), 10);
      System.out.println("Created pull subscription: " + subscription.getName());
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
 */
// const topicName = 'YOUR_TOPIC_NAME';
// const subscriptionName = 'YOUR_SUBSCRIPTION_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function createSubscription() {
  // Creates a new subscription
  await pubSubClient.topic(topicName).createSubscription(subscriptionName);
  console.log(`Subscription ${subscriptionName} created.`);
}

createSubscription().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Creates a Pub/Sub subscription.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $topicName  The Pub/Sub topic name.
 * @param string $subscriptionName  The Pub/Sub subscription name.
 */
function create_subscription($projectId, $topicName, $subscriptionName)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $topic = $pubsub->topic($topicName);
    $subscription = $topic->subscription($subscriptionName);
    $subscription->create();

    printf('Subscription created: %s' . PHP_EOL, $subscription->name());
}

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer)
# project_id = "your-project-id"
# topic_id = "your-topic-id"
# subscription_id = "your-subscription-id"

publisher = pubsub_v1.PublisherClient()
subscriber = pubsub_v1.SubscriberClient()
topic_path = publisher.topic_path(project_id, topic_id)
subscription_path = subscriber.subscription_path(project_id, subscription_id)

# Wrap the subscriber in a 'with' block to automatically call close() to
# close the underlying gRPC channel when done.
with subscriber:
    subscription = subscriber.create_subscription(
        request={"name": subscription_path, "topic": topic_path}
    )

print("Subscription created: {}".format(subscription))

Ruby

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# project_id        = "Your Google Cloud Project ID"
# topic_name        = "Your Pubsub topic name"
# subscription_name = "Your Pubsub subscription name"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new project: project_id

topic        = pubsub.topic topic_name
subscription = topic.subscribe subscription_name

puts "Pull subscription #{subscription_name} created."

次のサンプルでは、push 配信でサブスクリプションを作成する方法を示します。デフォルトでは、サブスクリプションは pull 配信を使用します。

C++

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C++ の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace pubsub = google::cloud::pubsub;
[](pubsub::SubscriptionAdminClient client, std::string const& project_id,
   std::string const& topic_id, std::string const& subscription_id,
   std::string const& endpoint) {
  auto sub = client.CreateSubscription(
      pubsub::Topic(project_id, std::move(topic_id)),
      pubsub::Subscription(project_id, std::move(subscription_id)),
      pubsub::SubscriptionMutationBuilder{}.set_push_config(
          pubsub::PushConfigBuilder{}.set_push_endpoint(endpoint)));
  if (sub.status().code() == google::cloud::StatusCode::kAlreadyExists) {
    std::cout << "The subscription already exists\n";
    return;
  }
  if (!sub) throw std::runtime_error(sub.status().message());

  std::cout << "The subscription was successfully created: "
            << sub->DebugString() << "\n";
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"time"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func createWithEndpoint(w io.Writer, projectID, subID string, topic *pubsub.Topic, endpoint string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// subID := "my-sub"
	// topic of type https://godoc.org/cloud.google.com/go/pubsub#Topic
	// endpoint := "https://my-test-project.appspot.com/push"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	sub, err := client.CreateSubscription(ctx, subID, pubsub.SubscriptionConfig{
		Topic:       topic,
		AckDeadline: 10 * time.Second,
		PushConfig:  pubsub.PushConfig{Endpoint: endpoint},
	})
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("CreateSubscription: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Created subscription: %v\n", sub)
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.SubscriptionAdminClient;
import com.google.pubsub.v1.ProjectSubscriptionName;
import com.google.pubsub.v1.PushConfig;
import com.google.pubsub.v1.Subscription;
import com.google.pubsub.v1.TopicName;
import java.io.IOException;

public class CreatePushSubscriptionExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String subscriptionId = "your-subscription-id";
    String topicId = "your-topic-id";
    String pushEndpoint = "https://my-test-project.appspot.com/push";

    createPushSubscriptionExample(projectId, subscriptionId, topicId, pushEndpoint);
  }

  public static void createPushSubscriptionExample(
      String projectId, String subscriptionId, String topicId, String pushEndpoint)
      throws IOException {
    try (SubscriptionAdminClient subscriptionAdminClient = SubscriptionAdminClient.create()) {
      TopicName topicName = TopicName.of(projectId, topicId);
      ProjectSubscriptionName subscriptionName =
          ProjectSubscriptionName.of(projectId, subscriptionId);
      PushConfig pushConfig = PushConfig.newBuilder().setPushEndpoint(pushEndpoint).build();

      // Create a push subscription with default acknowledgement deadline of 10 seconds.
      // Messages not successfully acknowledged within 10 seconds will get resent by the server.
      Subscription subscription =
          subscriptionAdminClient.createSubscription(subscriptionName, topicName, pushConfig, 10);
      System.out.println("Created push subscription: " + subscription.getName());
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
 */
// const topicName = 'YOUR_TOPIC_NAME';
// const subscriptionName = 'YOUR_SUBSCRIPTION_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function createPushSubscription() {
  const options = {
    pushConfig: {
      // Set to an HTTPS endpoint of your choice. If necessary, register
      // (authorize) the domain on which the server is hosted.
      pushEndpoint: `https://${pubSubClient.projectId}.appspot.com/push`,
    },
  };

  await pubSubClient
    .topic(topicName)
    .createSubscription(subscriptionName, options);
  console.log(`Subscription ${subscriptionName} created.`);
}

createPushSubscription().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Creates a Pub/Sub push subscription.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $topicName  The Pub/Sub topic name.
 * @param string $subscriptionName  The Pub/Sub subscription name.
 * @param string $endpoint  The endpoint for the push subscription.
 */
function create_push_subscription($projectId, $topicName, $subscriptionName, $endpoint)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $topic = $pubsub->topic($topicName);
    $subscription = $topic->subscription($subscriptionName);
    $subscription->create([
        'pushConfig' => ['pushEndpoint' => $endpoint]
    ]);

    printf('Subscription created: %s' . PHP_EOL, $subscription->name());
}

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer)
# project_id = "your-project-id"
# topic_id = "your-topic-id"
# subscription_id = "your-subscription-id"
# endpoint = "https://my-test-project.appspot.com/push"

publisher = pubsub_v1.PublisherClient()
subscriber = pubsub_v1.SubscriberClient()
topic_path = publisher.topic_path(project_id, topic_id)
subscription_path = subscriber.subscription_path(project_id, subscription_id)

push_config = pubsub_v1.types.PushConfig(push_endpoint=endpoint)

# Wrap the subscriber in a 'with' block to automatically call close() to
# close the underlying gRPC channel when done.
with subscriber:
    subscription = subscriber.create_subscription(
        request={
            "name": subscription_path,
            "topic": topic_path,
            "push_config": push_config,
        }
    )

print("Push subscription created: {}".format(subscription))
print("Endpoint for subscription is: {}".format(endpoint))

Ruby

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# project_id        = "Your Google Cloud Project ID"
# topic_name        = "Your Pubsub topic name"
# subscription_name = "Your Pubsub subscription name"
# endpoint          = "Endpoint where your app receives messages"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new project: project_id

topic        = pubsub.topic topic_name
subscription = topic.subscribe subscription_name,
                               endpoint: endpoint

puts "Push subscription #{subscription_name} created."

サブスクリプション プロパティの使用

サブスクリプション プロパティは、サブスクリプションを作成または更新するときに設定できます。 gcloud コマンドライン ツールを使用したサブスクリプション プロパティの設定の詳細については、gcloud pubsub subscriptions create または gcloud pubsub subscriptions update オプション フラグをご覧ください。

サブスクリプションには次のプロパティがあります。

特性 説明 デフォルト
配信方法

pull 配信または push 配信でメッセージを受信できます。pull 配信では、サブスクライバー アプリケーションが Pub/Sub サーバーに対してリクエストを開始し、メッセージを取得します。push 配信では、Pub/Sub がサブスクライバー アプリケーションに対してリクエストを開始し、メッセージを配信します。

指定しなければ、Pub/Sub サブスクリプションは pull 配信を使用します。

確認応答期限

期限切れになる前にコードからメッセージに対して確認応答が行われなかった場合は、メッセージが再送信されます。

デフォルトの確認応答期限は 10 秒です。最大値は 10 分です。

メッセージ保持期間

メッセージの保持期間により、Pub/Sub がパブリッシュ後にメッセージを保持する期間が指定されます。メッセージの保持期間が経過すると、確認応答状態にかかわらず、Pub/Sub によりメッセージが破棄される可能性があります。

メッセージ保持期間の間の確認済みメッセージの保持については、メッセージの再生と破棄をご覧ください。

デフォルトのメッセージ保持期間は 7 日間です。最小で 10 分、最大で 7 日間になります。
デッドレター トピック

サブスクライバーがメッセージを確認応答できない場合、Pub/Sub はメッセージをデッドレター トピックに転送できます。詳しくは、デッドレター トピックへの転送をご覧ください。

デッドレター トピックを使用すると、メッセージの順序指定を有効にできません。

デッドレター トピックを設定する場合は、配信の最大試行回数も指定できます。デフォルトの配信試行回数は 5 で、5~100 の間で指定できます。

配信エラートピックを設定し、そのトピックがサブスクリプションとは異なるプロジェクトにある場合は、配信エラートピックとともにプロジェクト ID も指定する必要があります。

有効期限

サブスクライバーのアクティビティ(オープン接続、有効な pull、push の成功など)がないサブスクリプションの有効期限が切れます。Pub/Sub がサブスクライバーのアクティビティを検出すると、サブスクリプション削除クロックが再起動されます。

デフォルトの有効期限は 31 日間です。最小は 1 日間です。

サブスクリプションの有効期限が切れないようにするには、有効期限を never に設定します。

再試行ポリシー

確認応答期限が切れた場合、またはサブスクライバーが否定応答をした場合、Pub/Sub は指数バックオフを使用してメッセージを再度送信できます。

再試行ポリシーが設定されていない場合、確認応答期限が切れるか、サブスクライバーが否定応答をするとすぐに、Pub/Sub はメッセージを再送信します。

バックオフ期間の最大値が設定されている場合、デフォルトのバックオフ期間の最小値は 10 秒です。バックオフ期間の最小値が設定されている場合、デフォルトのバックオフ期間の最大値は 600 秒です。

指定できるバックオフ期間の最長値は 600 秒です。

メッセージの順序指定

パブリッシャーが順序指定キーを使用してメッセージを送信し、メッセージの順序指定が設定されている場合、Pub/Sub はメッセージを順に配信します。

設定されていない場合は、Pub/Sub は順序指定キーが設定されたメッセージを含めて、メッセージを順に配信しません。

フィルタ

フィルタは、フィルタリング式を 1 つ含む文字列です。サブスクリプションにフィルタがある場合、サブスクリプションはフィルタに一致するメッセージのみを配信します。メッセージは、属性でフィルタできます。

指定がない場合は、サブスクリプションはメッセージをフィルタせず、サブスクライバーはすべてのメッセージを受け取ります。

再試行ポリシーの使用

サブスクリプションに再試行ポリシーがある場合、Pub/Sub はベスト エフォート方式でメッセージを再送信します。バックオフ期間の最小値より前にメッセージを受信する場合があります。

メッセージがバッチ内にあり、サブスクリプションに再試行ポリシーがある場合、次のいずれかが発生すると、Pub/Sub はバッチを再送信します。

  • サブスクライバーにより、バッチ内のすべてのメッセージに対して否定応答が送信される。
  • 確認応答期限が切れている。

配信方法の変更

Cloud Console、gcloud コマンドライン ツール、または Pub/Sub API を使用して、push サブスクリプションと pull サブスクリプションを切り替えることができます。

Console

push サブスクリプションを変更するには、次の手順を実行します。

  1. Cloud Console で [サブスクリプション] ページに移動します。

    [サブスクリプション] ページに移動

  2. 更新するサブスクリプションの横の をクリックします。

    編集オプションがハイライト表示されたコンテキスト メニュー。

  3. [配信タイプ] で [Pull] または [Push] を選択します。
  4. [更新] をクリックします。

gcloud

push エンドポイント URL を変更するには、modify-push-config コマンドを実行します。

gcloud pubsub subscriptions modify-push-config SUBSCRIPTION_ID \
    --push-endpoint=PUSH_ENDPOINT

サブスクリプションが pull 配信をすでに使用している場合、push エンドポイントを設定すると配信方式がプッシュ push 配信に切り替わります。

push エンドポイントを空の文字列に変更すると、push 配信から pull 配信に切り替えることができます。

C++

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C++ の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace pubsub = google::cloud::pubsub;
[](pubsub::SubscriptionAdminClient client, std::string const& project_id,
   std::string const& subscription_id, std::string const& endpoint) {
  auto status = client.ModifyPushSubscription(
      pubsub::Subscription(project_id, std::move(subscription_id)),
      pubsub::PushConfigBuilder{}.set_push_endpoint(endpoint));
  if (!status.ok()) throw std::runtime_error(status.message());

  std::cout << "The subscription push configuration was successfully"
            << " modified\n";
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func updateEndpoint(w io.Writer, projectID, subID string, endpoint string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// subID := "my-sub"
	// endpoint := "https://my-test-project.appspot.com/push"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	subConfig, err := client.Subscription(subID).Update(ctx, pubsub.SubscriptionConfigToUpdate{
		PushConfig: &pubsub.PushConfig{Endpoint: endpoint},
	})
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("Update: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Updated subscription config: %v\n", subConfig)
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.SubscriptionAdminClient;
import com.google.pubsub.v1.ProjectSubscriptionName;
import com.google.pubsub.v1.PushConfig;
import com.google.pubsub.v1.Subscription;
import java.io.IOException;

public class UpdatePushConfigurationExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String subscriptionId = "your-subscription-id";
    String pushEndpoint = "https://my-test-project.appspot.com/push";

    updatePushConfigurationExample(projectId, subscriptionId, pushEndpoint);
  }

  public static void updatePushConfigurationExample(
      String projectId, String subscriptionId, String pushEndpoint) throws IOException {
    try (SubscriptionAdminClient subscriptionAdminClient = SubscriptionAdminClient.create()) {
      ProjectSubscriptionName subscriptionName =
          ProjectSubscriptionName.of(projectId, subscriptionId);
      PushConfig pushConfig = PushConfig.newBuilder().setPushEndpoint(pushEndpoint).build();
      subscriptionAdminClient.modifyPushConfig(subscriptionName, pushConfig);
      Subscription subscription = subscriptionAdminClient.getSubscription(subscriptionName);
      System.out.println(
          "Updated push endpoint to: " + subscription.getPushConfig().getPushEndpoint());
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment these variables before running the sample.
 */
// const topicName = 'YOUR_TOPIC_NAME';
// const subscriptionName = 'YOUR_SUBSCRIPTION_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function modifyPushConfig() {
  const options = {
    // Set to an HTTPS endpoint of your choice. If necessary, register
    // (authorize) the domain on which the server is hosted.
    pushEndpoint: `https://${pubSubClient.projectId}.appspot.com/push`,
  };

  await pubSubClient
    .topic(topicName)
    .subscription(subscriptionName)
    .modifyPushConfig(options);
  console.log(`Modified push config for subscription ${subscriptionName}.`);
}

modifyPushConfig().catch(console.error);

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer)
# project_id = "your-project-id"
# topic_id = "your-topic-id"
# subscription_id = "your-subscription-id"
# endpoint = "https://my-test-project.appspot.com/push"

subscriber = pubsub_v1.SubscriberClient()
subscription_path = subscriber.subscription_path(project_id, subscription_id)

push_config = pubsub_v1.types.PushConfig(push_endpoint=endpoint)

subscription = pubsub_v1.types.Subscription(
    name=subscription_path, topic=topic_id, push_config=push_config
)

update_mask = {"paths": {"push_config"}}

# Wrap the subscriber in a 'with' block to automatically call close() to
# close the underlying gRPC channel when done.
with subscriber:
    result = subscriber.update_subscription(
        request={"subscription": subscription, "update_mask": update_mask}
    )

print("Subscription updated: {}".format(subscription_path))
print("New endpoint for subscription is: {}".format(result.push_config))

Ruby

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# project_id        = "Your Google Cloud Project ID"
# subscription_name = "Your Pubsub subscription name"
# new_endpoint      = "Endpoint where your app receives messages""
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new project: project_id

subscription          = pubsub.subscription subscription_name
subscription.endpoint = new_endpoint

puts "Push endpoint updated."

サブスクリプションの一覧表示

Cloud Console、gcloud コマンドライン ツール、または Pub/Sub API を使用して、Google Cloud プロジェクトのサブスクリプションを一覧表示できます。

Console

プロジェクトのサブスクリプションを表示するには、[サブスクリプション] ページに移動します。

[サブスクリプション] ページに移動

gcloud

Google Cloud プロジェクトのサブスクリプションを一覧表示するには、gcloud pubsub subscriptions list コマンドを実行します。

gcloud pubsub subscriptions list [--project=PROJECT_ID]

C++

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C++ の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace pubsub = google::cloud::pubsub;
[](pubsub::SubscriptionAdminClient client, std::string const& project_id) {
  int count = 0;
  for (auto const& subscription : client.ListSubscriptions(project_id)) {
    if (!subscription)
      throw std::runtime_error(subscription.status().message());
    std::cout << "Subscription Name: " << subscription->name() << "\n";
    ++count;
  }
  if (count == 0) {
    std::cout << "No subscriptions found in project " << project_id << "\n";
  }
}

C#

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Api.Gax.ResourceNames;
using Google.Cloud.PubSub.V1;
using System.Collections.Generic;

public class ListSubscriptionsSample
{
    public IEnumerable<Subscription> ListSubscriptions(string projectId)
    {
        SubscriberServiceApiClient subscriber = SubscriberServiceApiClient.Create();
        ProjectName projectName = ProjectName.FromProject(projectId);
        var subscriptions = subscriber.ListSubscriptions(projectName);
        return subscriptions;
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
	"google.golang.org/api/iterator"
)

func list(projectID string) ([]*pubsub.Subscription, error) {
	// projectID := "my-project-id"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	var subs []*pubsub.Subscription
	it := client.Subscriptions(ctx)
	for {
		s, err := it.Next()
		if err == iterator.Done {
			break
		}
		if err != nil {
			return nil, fmt.Errorf("Next: %v", err)
		}
		subs = append(subs, s)
	}
	return subs, nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.SubscriptionAdminClient;
import com.google.pubsub.v1.ProjectName;
import com.google.pubsub.v1.Subscription;
import java.io.IOException;

public class ListSubscriptionsInProjectExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";

    listSubscriptionInProjectExample(projectId);
  }

  public static void listSubscriptionInProjectExample(String projectId) throws IOException {
    try (SubscriptionAdminClient subscriptionAdminClient = SubscriptionAdminClient.create()) {
      ProjectName projectName = ProjectName.of(projectId);
      for (Subscription subscription :
          subscriptionAdminClient.listSubscriptions(projectName).iterateAll()) {
        System.out.println(subscription.getName());
      }
      System.out.println("Listed all the subscriptions in the project.");
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function listSubscriptions() {
  // Lists all subscriptions in the current project
  const [subscriptions] = await pubSubClient.getSubscriptions();
  console.log('Subscriptions:');
  subscriptions.forEach(subscription => console.log(subscription.name));
}

listSubscriptions().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Lists all Pub/Sub subscriptions.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 */
function list_subscriptions($projectId)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    foreach ($pubsub->subscriptions() as $subscription) {
        printf('Subscription: %s' . PHP_EOL, $subscription->name());
    }
}

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer)
# project_id = "your-project-id"

subscriber = pubsub_v1.SubscriberClient()
project_path = f"projects/{project_id}"

# Wrap the subscriber in a 'with' block to automatically call close() to
# close the underlying gRPC channel when done.
with subscriber:
    for subscription in subscriber.list_subscriptions(
        request={"project": project_path}
    ):
        print(subscription.name)

Ruby

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# project_id = Your Google Cloud Project ID
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new project: project_id

subscriptions = pubsub.list_subscriptions

puts "Subscriptions:"
subscriptions.each do |subscription|
  puts subscription.name
end

Cloud Console、gcloud コマンドライン ツール、または Pub/Sub API を使用して、トピックにサブスクリプションを一覧表示できます。

Console

  1. Cloud Console で、[トピック] ページに移動します。

    [トピック] ページに移動

  2. トピック ID を選択して、[トピックの詳細] ページを開きます。ページの [サブスクリプション] セクションには、トピックのサブスクリプションの一覧が表示されます。

gcloud

Google Cloud プロジェクトのサブスクリプションを一覧表示するには、gcloud pubsub topics list-subscriptions コマンドを実行します。

gcloud pubsub topics list-subscriptions TOPIC_ID

C++

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C++ の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace pubsub = google::cloud::pubsub;
[](pubsub::TopicAdminClient client, std::string project_id,
   std::string topic_id) {
  auto const topic =
      pubsub::Topic(std::move(project_id), std::move(topic_id));
  std::cout << "Subscription list for topic " << topic << ":\n";
  for (auto const& name : client.ListTopicSubscriptions(topic)) {
    if (!name) throw std::runtime_error(name.status().message());
    std::cout << "  " << *name << "\n";
  }
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
	"google.golang.org/api/iterator"
)

func listSubscriptions(projectID, topicID string) ([]*pubsub.Subscription, error) {
	// projectID := "my-project-id"
	// topicName := "projects/sample-248520/topics/ocr-go-test-topic"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	var subs []*pubsub.Subscription

	it := client.Topic(topicID).Subscriptions(ctx)
	for {
		sub, err := it.Next()
		if err == iterator.Done {
			break
		}
		if err != nil {
			return nil, fmt.Errorf("Next: %v", err)
		}
		subs = append(subs, sub)
	}
	return subs, nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.TopicAdminClient;
import com.google.pubsub.v1.TopicName;
import java.io.IOException;

public class ListSubscriptionsInTopicExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String topicId = "your-topic-id";

    listSubscriptionInTopicExample(projectId, topicId);
  }

  public static void listSubscriptionInTopicExample(String projectId, String topicId)
      throws IOException {
    try (TopicAdminClient topicAdminClient = TopicAdminClient.create()) {
      TopicName topicName = TopicName.of(projectId, topicId);
      for (String subscription : topicAdminClient.listTopicSubscriptions(topicName).iterateAll()) {
        System.out.println(subscription);
      }
      System.out.println("Listed all the subscriptions in the topic.");
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const topicName = 'YOUR_TOPIC_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function listTopicSubscriptions() {
  // Lists all subscriptions for the topic
  const [subscriptions] = await pubSubClient
    .topic(topicName)
    .getSubscriptions();

  console.log(`Subscriptions for ${topicName}:`);
  subscriptions.forEach(subscription => console.log(subscription.name));
}

listTopicSubscriptions().catch(console.error);

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer)
# project_id = "your-project-id"
# topic_id = "your-topic-id"

publisher = pubsub_v1.PublisherClient()
topic_path = publisher.topic_path(project_id, topic_id)

response = publisher.list_topic_subscriptions(request={"topic": topic_path})
for subscription in response:
    print(subscription)

Ruby

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# project_id = "Your Google Cloud Project ID"
# topic_name = "Your Pubsub topic name"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new project: project_id

topic         = pubsub.topic topic_name
subscriptions = topic.subscriptions

puts "Subscriptions in topic #{topic.name}:"
subscriptions.each do |subscription|
  puts subscription.name
end

サブスクリプションを削除する

Cloud Console、gcloud コマンドライン ツール、または Pub/Sub API を使用してサブスクリプションを削除できます。

Console

  1. Cloud Console で [サブスクリプション] ページに移動します。

    [サブスクリプション] ページに移動

  2. 削除する定期購入を選択します。
  3. [削除] をクリックします。

gcloud

サブスクリプションを削除するには、gcloud pubsub subscriptions delete コマンドを実行します。

gcloud pubsub subscriptions delete SUBSCRIPTION_ID

C++

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C++ の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace pubsub = google::cloud::pubsub;
[](pubsub::SubscriptionAdminClient client, std::string const& project_id,
   std::string const& subscription_id) {
  auto status = client.DeleteSubscription(pubsub::Subscription(
      std::move(project_id), std::move(subscription_id)));
  // Note that kNotFound is a possible result when the library retries.
  if (status.code() == google::cloud::StatusCode::kNotFound) {
    std::cout << "The subscription was not found\n";
    return;
  }
  if (!status.ok()) throw std::runtime_error(status.message());

  std::cout << "The subscription was successfully deleted\n";
}

C#

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.PubSub.V1;

public class DeleteSubscriptionSample
{
    public void DeleteSubscription(string projectId, string subscriptionId)
    {
        SubscriberServiceApiClient subscriber = SubscriberServiceApiClient.Create();
        SubscriptionName subscriptionName = SubscriptionName.FromProjectSubscription(projectId, subscriptionId);
        subscriber.DeleteSubscription(subscriptionName);
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func delete(w io.Writer, projectID, subID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// subID := "my-sub"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	sub := client.Subscription(subID)
	if err := sub.Delete(ctx); err != nil {
		return fmt.Errorf("Delete: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Subscription %q deleted.", subID)
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.api.gax.rpc.NotFoundException;
import com.google.cloud.pubsub.v1.SubscriptionAdminClient;
import com.google.pubsub.v1.ProjectSubscriptionName;
import java.io.IOException;

public class DeleteSubscriptionExample {

  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String subscriptionId = "your-subscription-id";

    deleteSubscriptionExample(projectId, subscriptionId);
  }

  public static void deleteSubscriptionExample(String projectId, String subscriptionId)
      throws IOException {
    try (SubscriptionAdminClient subscriptionAdminClient = SubscriptionAdminClient.create()) {
      ProjectSubscriptionName subscriptionName =
          ProjectSubscriptionName.of(projectId, subscriptionId);
      try {
        subscriptionAdminClient.deleteSubscription(subscriptionName);
        System.out.println("Deleted subscription.");
      } catch (NotFoundException e) {
        System.out.println(e.getMessage());
      }
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const subscriptionName = 'YOUR_SUBSCRIPTION_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function deleteSubscription() {
  // Deletes the subscription
  await pubSubClient.subscription(subscriptionName).delete();
  console.log(`Subscription ${subscriptionName} deleted.`);
}

deleteSubscription().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Creates a Pub/Sub subscription.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $subscriptionName  The Pub/Sub subscription name.
 */
function delete_subscription($projectId, $subscriptionName)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $subscription = $pubsub->subscription($subscriptionName);
    $subscription->delete();

    printf('Subscription deleted: %s' . PHP_EOL, $subscription->name());
}

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer)
# project_id = "your-project-id"
# subscription_id = "your-subscription-id"

subscriber = pubsub_v1.SubscriberClient()
subscription_path = subscriber.subscription_path(project_id, subscription_id)

# Wrap the subscriber in a 'with' block to automatically call close() to
# close the underlying gRPC channel when done.
with subscriber:
    subscriber.delete_subscription(request={"subscription": subscription_path})

print("Subscription deleted: {}".format(subscription_path))

Ruby

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# project_id        = "Your Google Cloud Project ID"
# subscription_name = "Your Pubsub subscription name"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new project: project_id

subscription = pubsub.subscription subscription_name
subscription.delete

puts "Subscription #{subscription_name} deleted."

リソース名

Pub/Sub リソース名は、サブスクリプションやトピックなどの Pub/Sub のリソースを一意に識別します。リソース名は次の形式になっている必要があります。

projects/project-identifier/collection/relative-name

project-identifier は、Google Cloud Console から取得可能なプロジェクト ID にする必要があります。たとえば、projects/myproject/topics/mytopic です。

collection には subscriptionstopics を指定します。

relative-name は次の要件を満たす必要があります。

  • 文字列 goog で始めないこと。
  • 文字から始まること。
  • 3~255 文字の長さであること。
  • 次の文字だけが含まれていること。

    • 文字: [A-Za-z]
    • 数字: [0-9]
    • ダッシュ: -
    • アンダースコア: _
    • ピリオド: .
    • チルダ: ~
    • プラス記号: +
    • パーセント記号: %

      上記のリストの特殊文字は、URL エンコードのないリソース名で使用できます。ただし、URL で使用されている場合、その他すべての特殊文字が適切にエンコード / デコードされることを確認する必要があります。たとえば、mi-tópico は無効な relative-name ですが、mi-t%C3%B3pico は有効です。

      これは、REST 呼び出しでは特に重要な点です。