標準ログの書き込み

標準ライブラリに対する互換性を有する方法で Cloud Logging を使用する方法を示します。

このコードサンプルが含まれるドキュメント ページ

コンテキストで使用されているコードサンプルを見るには、次のドキュメントをご覧ください。

コードサンプル

Go

Logging 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Logging クライアント ライブラリをご覧ください。


// Sample stdlogging writes log.Logger logs to the Cloud Logging.
package main

import (
	"context"
	"log"

	"cloud.google.com/go/logging"
)

func main() {
	ctx := context.Background()

	// Sets your Google Cloud Platform project ID.
	projectID := "YOUR_PROJECT_ID"

	// Creates a client.
	client, err := logging.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create client: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	// Sets the name of the log to write to.
	logName := "my-log"

	logger := client.Logger(logName).StandardLogger(logging.Info)

	// Logs "hello world", log entry is visible at
	// Cloud Logs.
	logger.Println("hello world")
}

Python

Logging 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Logging クライアント ライブラリをご覧ください。

# Imports the Cloud Logging client library
import google.cloud.logging

# Instantiates a client
client = google.cloud.logging.Client()

# Retrieves a Cloud Logging handler based on the environment
# you're running in and integrates the handler with the
# Python logging module. By default this captures all logs
# at INFO level and higher
client.get_default_handler()
client.setup_logging()

# Imports Python standard library logging
import logging

# The data to log
text = "Hello, world!"

# Emits the data using the standard logging module
logging.warning(text)

print("Logged: {}".format(text))