既知の問題

この記事では、Identity-Aware Proxy(IAP)の既知の問題について説明します。

Safari と Brave からの外部 ID によるユーザーのログイン

最近のブラウザの変更により、一部のユーザーが Safari と Brave で Google 以外の ID を使用してログインできなくなっています。Google ではこの問題を認識しており、修正作業を行っています。

この問題には次のように対処してください。

  • Safari: サイト越えトラッキングを防ぐを無効にするようユーザーに指示します。この設定は [環境設定] > [プライバシー] セクションにあります。

  • Brave: すべての Cookie を有効にするようユーザーに指示します。この設定は、[設定] > [Shields] > [Cookies] にあります。