Java での依存関係の指定

Java 11 ランタイムで Java 互換ライブラリを使用して、Java で Cloud Functions を作成できます。Maven または Gradle を使用して、Java Cloud Functions の依存関係を管理できます。

依存関係の宣言と管理

依存関係の宣言と管理は、Maven または Gradle を使用して行うことができます。

  • Maven を使用して依存関係を管理するには、プロジェクトの pom.xml ファイル内にある <dependencies> セクションで依存関係を指定します。

  • Gradle を使用して依存関係を管理するには、プロジェクトの build.gradle ファイルで依存関係を指定します。

Java 用 Google Cloud クライアント ライブラリを使用する

Google Cloud サービスへの慣用的なアクセスには、Java 用 Google Cloud クライアント ライブラリを使用します。ライブラリを使用するには、ライブラリを依存関係として宣言します。

通常、関数に必要な特定のライブラリのみに依存関係を宣言します。例:

Maven

<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 http://maven.apache.org/xsd/maven-4.0.0.xsd">
  <modelVersion>4.0.0</modelVersion>

  <groupId>com.example.cloud.functions</groupId>
  <artifactId>functions-hello-world</artifactId>
  <version>1.0.0-SNAPSHOT</version>
  <properties>
    <maven.compiler.target>11</maven.compiler.target>
    <maven.compiler.source>11</maven.compiler.source>
  </properties>

  <dependencies>
    <!-- Required for Function primitives -->
    <dependency>
      <groupId>com.google.cloud.functions</groupId>
      <artifactId>functions-framework-api</artifactId>
      <version>1.0.4</version>
      <scope>provided</scope>
    </dependency>
  </dependencies>

  <build>
    <plugins>
      <plugin>
        <!--
          Google Cloud Functions Framework Maven plugin

          This plugin allows you to run Cloud Functions Java code
          locally. Use the following terminal command to run a
          given function locally:

          mvn function:run -Drun.functionTarget=your.package.yourFunction
        -->
        <groupId>com.google.cloud.functions</groupId>
        <artifactId>function-maven-plugin</artifactId>
        <version>0.10.0</version>
        <configuration>
          <functionTarget>functions.HelloWorld</functionTarget>
        </configuration>
      </plugin>
    </plugins>
  </build>
</project>

Gradle

この build.gradle ファイルには、関数をローカルで実行するためのカスタムタスクが含まれています。ローカルテストの詳細については、最初の関数: Java をご覧ください。

apply plugin: 'java'

repositories {
  jcenter()
  mavenCentral()
}
configurations {
    invoker
}

dependencies {
  // Every function needs this dependency to get the Functions Framework API.
  compileOnly 'com.google.cloud.functions:functions-framework-api:1.0.4'

  // To run function locally using Functions Framework's local invoker
  invoker 'com.google.cloud.functions.invoker:java-function-invoker:1.1.0'

  // These dependencies are only used by the tests.
  testImplementation 'com.google.cloud.functions:functions-framework-api:1.0.4'
  testImplementation 'junit:junit:4.13.2'
  testImplementation 'com.google.truth:truth:1.1.3'
  testImplementation 'org.mockito:mockito-core:4.1.0'

}

// Register a "runFunction" task to run the function locally
tasks.register("runFunction", JavaExec) {
  main = 'com.google.cloud.functions.invoker.runner.Invoker'
  classpath(configurations.invoker)
  inputs.files(configurations.runtimeClasspath, sourceSets.main.output)
  args(
    '--target', project.findProperty('run.functionTarget') ?: '',
    '--port', project.findProperty('run.port') ?: 8080
  )
  doFirst {
    args('--classpath', files(configurations.runtimeClasspath, sourceSets.main.output).asPath)
  }
}