Cloud Dataproc 永続ソリッド ステート ドライブ(PD-SSD)ブートディスク

この機能を使用すると、Persistent Disk ソリッド ステート ドライブ(PD-SSD)をクラスタのマスター、プライマリ、セカンダリ(プリエンプティブ)ワーカーノードのブートディスクとして選択できます。

PD-SSD の使用

gcloud コマンド

クラスタを作成し、そのクラスタのマスターノード、プライマリ ワーカーノード、セカンダリ(プリエンプティブル)ワーカーノードのブートディスクとして PD-SSD を選択するには、‑‑master-boot-disk-type‑‑worker-boot-disk-type--preemptible-worker-boot-disk-type フラグを指定した gcloud dataproc clusters create コマンドを使用します。

各フラグのデフォルト値は「pd-standard」で、これにより PD-Standard(ハードディスク ドライブ)がブートディスクとして選択されます。PD-SSD をブートディスクとして選択するには、「pd-ssd」の値を ‑‑master-boot-disk-type‑‑worker-boot-disk-type、または --preemptible-worker-boot-disk-type フラグに渡します。これらのフラグを個別に、または組み合わせて使用することにより、マスター、プライマリ、セカンダリ ワーカーノードのブートディスクとして PD-SSD を選択できます。

gcloud dataproc clusters create cluster-name \
    ‑‑master-boot-disk-type=pd-ssd \
    ‑‑worker-boot-disk-type=pd-ssd \
    --preemptible-worker-boot-disk-type=pd-ssd \
    other args ...

REST API

クラスタを作成し、そのクラスタのマスターノード、プライマリ ワーカーノード、セカンダリ(プリエンプティブル)ワーカーノードのブートディスクとして PD-SSD を選択するには、cluster.create API リクエストで、masterConfigworkerConfigsecondaryWorkerConfig InstanceGroupConfig オブジェクトの bootDiskType フィールドを「pd-ssd」に設定します。指定しない場合、デフォルトの bootDiskType は「pd-standard」となり、これにより、PD-Standard(ハードディスク ドライブ)がブートディスクとして選択されます。マスター、プライマリ、セカンダリ(プリエンプティブ)ワーカーノードのうち、任意のものについて、ブートディスク タイプとして pd-ssd を選択することで、それぞれの構成を独立して設定できます。

Console

Google Cloud Platform Console の Cloud Dataproc の [クラスタの作成] ページでクラスタを作成し、そのクラスタのマスター、プライマリ ワーカーノードのブートディスクとして PD-SSD を選択できます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Dataproc ドキュメント
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。