Cloud Dataproc の Druid コンポーネント

は、

Cloud Dataproc クラスタを作成する際には、オプション コンポーネント機能を使用して、追加コンポーネントをインストールできます。このページでは、Druid コンポーネントについて説明します。

Apache Druid コンポーネントは、オープンソースの分散 OLAP データストアです。Druid コンポーネントにより、Druid サービスが Cloud Dataproc クラスタのマスター(コーディネーター、ブローカー、オーバーロード)ノードとワーカー(履歴、リアルタイム、MiddleManager )ノードにインストールされます。

コンポーネントをインストールする

このコンポーネントは、Cloud Dataproc クラスタを作成するときにインストールします。Cloud Dataproc バージョン 1.3 以降で作成されたクラスタには、コンポーネントを追加できます。Druid コンポーネントを使用するには、(下記の gcloud コマンドライン ツールの例に示されているように)Zookeeper コンポーネントのインストールが必要です。

Cloud Dataproc イメージの各リリースに含まれるコンポーネント バージョンについては、サポートされる Cloud Dataproc バージョンをご覧ください。

gcloud コマンド

Druid コンポーネントを組み込んで Cloud Dataproc クラスタを作成するには、--optional-components フラグを指定した gcloud dataproc beta clusters create cluster-name コマンドを使用します(イメージ バージョン 1.3 以降)。

gcloud beta dataproc clusters create cluster-name \
    --optional-components=DRUID,ZOOKEEPER \
    --image-version=1.3 \
  ... other flags

REST API

Cloud Dataproc API で Druid コンポーネントを指定するには、SoftwareConfig.Componentclusters.create リクエストの一部として使用します。

Console

現在のところ、Google Cloud Platform Console では Cloud Dataproc の Druid コンポーネントはサポートされていません。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Dataproc ドキュメント
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。