Microsoft Windows DHCP データを収集する

このドキュメント:

  • デプロイ アーキテクチャとインストール手順について説明します。また、Chronicle Parser for Microsoft Windows DHCP イベントでサポートされるログを生成するために必要な構成についても説明します。Chronicle のデータ取り込みの概要については、Chronicle へのデータの取り込みをご覧ください。
  • パーサーが元のログのフィールドを Chronicle Unified Data Model フィールドにマッピングする方法に関する情報が含まれます。

このドキュメントの情報は、WINDOWS_DHCP 取り込みラベルを持つパーサーに適用されます。取り込みラベルは、未加工のログデータを構造化 UDM 形式に正規化するパーサーを識別します。

準備

この図は、Microsoft Windows DHCP イベントを収集して Chronicle に送信する、デプロイ アーキテクチャで推奨される基本コンポーネントを示しています。この情報と環境を比較して、これらのコンポーネントがインストールされていることを確認してください。お客様のデプロイはそれぞれ異なり、より複雑な場合があります。次のことが必要です。

  • DHCP サーバーのロールを持つ Microsoft Windows サーバー。
  • UTC タイムゾーンで構成されたすべてのシステム。
  • NXLog は、クラスタ化された Microsoft Windows サーバーにインストールされ、Operational、Admin、Filter Notifications チャネルのログを収集して転送します。
  • Chronicle のフォワーダーは、中央の Microsoft Windows または Linux サーバーにインストールされます。

    デプロイ アーキテクチャ

サポートされているデバイスとバージョンを確認する

Chronicle パーサーは、次の Microsoft Windows Server バージョンとプロトコルで生成されたログをサポートします。Microsoft Windows Server は、基盤、Essentials、Standard、Datacenter でリリースされています。各エディションによって生成されるログのイベント スキーマは違いません。

サーバーのバージョン サポートされているプロトコル
Microsoft Windows Server 2019 DHCPv4
Microsoft Windows Server 2016 DHCPv4
Microsoft Windows Server 2012 DHCPv4

Chronicle パーサーは NXLog Enterprise Edition または Community Edition で収集されたログをサポートします。

サポートされているログタイプを確認する

Chronicle パーサーは、Microsoft Windows DHCP サーバーによって生成された次のログタイプをサポートします。これらのログタイプの詳細については、Microsoft Windows DHCP Server のドキュメントをご覧ください。英語テキストで生成されたログをサポートし、英語以外の言語で生成されたログではサポートされていません。

データ形式 Description
監査ロギング CSV 起動とシャットダウン、リースのアクティビティが含まれます。
運用イベント Microsoft Windows のイベント形式 DHCP 構成のロギングを提供します。
管理イベント Microsoft Windows のイベント形式 DHCP サーバー管理イベントロギングを提供します。
通知イベントをフィルタする Microsoft Windows のイベント形式 DHCP サーバーのリンクレイヤベースのフィルタリング イベント ロギングを提供します。

Microsoft Windows DHCP サーバーを構成する

クラスタで Microsoft Windows DHCP サーバーを構成する手順:

  1. Microsoft Windows DHCP サーバーをインストールして構成する。詳しくは、Microsoft Windows のドキュメントをご覧ください。
  2. UTC タイムゾーンを使用してシステムを構成します。
  3. 各 Microsoft Windows DHCP サーバーに NXLog をインストールします。Microsoft Windows DHCP の NXLog の構成に関する情報など、NXLog のドキュメントに従います。
  4. NXLog インスタンスごとに構成ファイルを作成します。im_file モジュールと im_msvistalog モジュールを使用します。

    NXLog の構成例を次に示します。32 ビット NXLog エージェントを使用して 64 ビット Microsoft Windows からログを収集する場合は、こちらのガイダンスに従ってください。

    • <hostname><port> の値は、移行先の中央 Microsoft Windows サーバーに関する情報に置き換えます。詳しくは、om_tcp モジュールに関する NXLog のドキュメントをご覧ください。

    • <Input audit_logs_csv> セクションの [File] プロパティで、ログファイルのパスを DHCP 監査ログを含むファイルの場所に変更します。im_file 入力モジュールについては、NXLog のドキュメントをご覧ください。

    define ROOT C:\Program Files\nxlog
    define WINDHCP_OUTPUT_DESTINATION_ADDRESS <hostname>
    define WINDHCP_OUTPUT_DESTINATION_PORT <port>
    
    Moduledir   %ROOT%\modules
    CacheDir    %ROOT%\data
    Pidfile     %ROOT%\data\nxlog.pid
    SpoolDir    %ROOT%\data
    LogFile     %ROOT%\data\nxlog.log
    
    <Extension _json>
        Module  xm_json
    </Extension>
    
    <Input dhcp_server_eventlog>
       Module      im_msvistalog
       <QueryXML>
            <QueryList>
                <Query Id="0" Path="System">
                    <Select Path="System">*[System[Provider[@Name='Microsoft-Windows-DHCP-Server']]]</Select>
                </Query>
                <Query Id="0">
                    <Select Path="DhcpAdminEvents">*</Select>
                    <Select Path="Microsoft-Windows-Dhcp-Server/FilterNotifications">*</Select>
                    <Select Path="Microsoft-Windows-Dhcp-Server/Operational">*</Select>
                </Query>
           </QueryList>
        </QueryXML>
        Exec        $EventTime = integer($EventTime) / 1000;
        Exec        $EventReceivedTime = integer($EventReceivedTime) /     1000;
        Exec        to_json();
    </Input>
    
    <Input audit_logs_csv>
        Module      im_file
        File        "c:\dhcp\-*.log"
        SavePos     TRUE
        InputType   LineBased
        Exec        $Message = $raw_event;
    </Input>
    
    <Output out_chronicle_forwarder>
        Module      om_tcp
        Host        %WINDHCP_OUTPUT_DESTINATION_ADDRESS%
        Port        %WINDHCP_OUTPUT_DESTINATION_PORT%
    </Output>
    
    <Route dhcp_events_to_chronicle_forwarder>
        Path     dhcp_server_eventlog,audit_logs_csv => out_chronicle_forwarder
    </Route>
    
  5. NXLog サービスを起動します。

中央の Microsoft Windows または Linux サーバーを構成する

フォワーダーのインストールと構成については、Linux へのフォワーダーのインストールと構成または Microsoft Windows でのフォワーダーのインストールと構成をご覧ください。

  1. UTC タイムゾーンを使用してシステムを構成します。
  2. 中央の Microsoft Windows または Linux サーバーに Chronicle フォワーダーをインストールします。
  3. Chronicle にログを送信するように Chronicle フォワーダーを構成します。 フォワーダー構成の例を以下に示します。

      - syslog:
          common:
            enabled: true
            data_type: WINDOWS_DHCP
            batch_n_seconds: 10
            batch_n_bytes: 1048576
          tcp_address: 0.0.0.0:10518
          connection_timeout_sec: 60
    

フィールド マッピング リファレンス: デバイスログ フィールドから UDM フィールドへのマッピング

このセクションでは、パーサーが元のログフィールドを Unified Data Model(UDM)フィールドにマッピングする方法について説明します。

監査ログ

元のログフィールド UDM フィールド
ID security_result.rule_name を「EventID: %{EventID}」に設定

dhcp.type を EventID に従って設定:
EventID 10、11、20、21 の場合、値は ACK に設定されます。
EventID 12 の場合、値は RELEASE に設定されます。
EventID 13、14、15、22 の場合、値は NAK に設定されます。
EventID 16 の場合、23 の値は WIN_DELETED に設定されます。
EventID 17 の場合、18 の値は WIN_EXPIRED に設定されます。
日付 metadata.event_timestamp
時間 metadata.event_timestamp
Description metadata.description
IP アドレス principal.ip

syslog ヘッダーに IP アドレスが含まれる場合は、プリンシパルが「principal.ip」にマッピングされます。それ以外の場合で syslog ヘッダーにホスト名が含まれる場合、「principal.hostname」にマッピングされます。

ホスト名 network.dhcp.client_hostname
MAC アドレス event_type が NETWORK_DHCP の場合、network.dhcp.chaddr が設定されます。 それ以外の場合は、target.mac が設定されます。
ユーザー名 principal.user.userid
TransactionID network.dhcp.transaction_id
QResult 値は security_result.action にマッピングされます。
値が 0:NoQuarantine の場合、ALLOW に設定
値が 1:Quarantine の場合、QUARANTINE に設定
値が 2:Drop Packet の場合、BLOCK に設定
値が 3:Probation の場合は、ALLOW
値が 6:No Quarantine Information の場合、UNKNOWN_ACTION に設定
Dhcid network.dhcp.client_identifier

Operation、Admin、Filter Notification のイベントに共通のフィールド

元のログフィールド UDM フィールド
EventTime metadata.event_timestamp
チャネル Category フィールドが空でない場合は、metadata.product_event_type を「%{Category} [%{EventID}]」に設定

Category フィールドが空の場合、metadata.product_event_type を「%{Channel} [%{EventID}]」に設定
SourceName metadata.Vendor = 「Microsoft」
metadata.product_name =「Windows DHCP サーバー」
ホスト名 principal.hostname
EventID security_result.rule_name
重大度

security_result.severity

元の値は、UDM フィールド値を次のようにマッピングします。

  • 0(なし) - UNKNOWN_SEVERITY
  • 1(重大) - INFORMATIONAL
  • 2(エラー) - ERROR
  • 3(警告) - ERROR
  • 4(情報) - INFORMATIONAL
  • 5(詳細度) - INFORMATIONAL
UserID principal.user.windows_sid
ExecutionProcessID principal.process.pid
ProcessID principal.process.pid

運用イベント

元のログフィールド UDM フィールド
PhysicalAddress principal.mac
ClientName principal.user.userid
HWType dhcp.htype
OptionName dhcp.option.code
Message metadata.description
カテゴリ metadata.product_event_type
ReservationName target.resource.name
格納される値は、元のイベントの EventID によって異なります。
RelationshipName target.resource.name
格納される値は、元のイベントの EventID によって異なります。
IP_ScopeName target.resource.name
格納される値は、元のイベントの EventID によって異なります。
PolicyName target.resource.name
格納される値は、元のイベントの EventID によって異なります。
IP_Name target.resource.name
格納される値は、元のイベントの EventID によって異なります。
Server2Name target.hostname
サーバー 値に応じて、target.ip または target.hostname に格納されます。

通知イベントをフィルタする

元のログフィールド UDM フィールド
MACAddress principal.mac
Message metadata.description

管理イベント

元のログフィールド UDM フィールド
オペレーション security_result.description
FQDNName target.hostname
Message metadata.description
カテゴリ metadata.product_event_type
サーバー target.ip / target.hostname
RelationName target.resource.name. 格納される値は、元のイベントの EventID によって異なります。
PartnerServer target.hostname
IP_Name target.resource.name。格納される値は、元のイベントの EventID によって異なります。
IpAddress target.ip

フィールド マッピング リファレンス: イベント ID から UDM イベントタイプへ

このセクションでは、パーサーがイベント ID を UDM event_types にマッピングする方法について説明します。

予定 ID イベント テキスト UDM イベントタイプ コメント
0 ログが開始されました。 GENERIC_EVENT
1 ログが停止しました。 GENERIC_EVENT
2 ディスク容量が不足しているため、ログは一時的に一時停止されました。 GENERIC_EVENT
10 新しい IP アドレスがクライアントにリースされました。 NETWORK_DHCP
11 リースがクライアントによって更新されました。 NETWORK_DHCP
12 クライアントがリースを解放しました。 NETWORK_DHCP
13 ネットワークで使用されている IP アドレスが見つかりました。 NETWORK_DHCP
14 スコープのアドレスプールがなくなったため、リース リクエストを満たすことができませんでした。 NETWORK_DHCP
15 リースが拒否されました。 NETWORK_DHCP
16 リースが削除されました。 NETWORK_DHCP
17 リースは期限切れとなり、期限切れのリースの DNS レコードは削除されません。 NETWORK_DHCP
18 リースが期限切れになり、DNS レコードが削除されました。 NETWORK_DHCP
20 BOOTP アドレスがクライアントにリースされました。 NETWORK_DHCP
21 動的な BOOTP アドレスがクライアントにリースされました。 NETWORK_DHCP
22 BOOTP のスコープのアドレスプールを使い果たしたため、BOOTP リクエストを満たすことができませんでした。 NETWORK_DHCP
23 BOOTP IP アドレスは、使用されていないことを確認し、削除されました。 NETWORK_DHCP
24 IP アドレスのクリーンアップ オペレーションが開始されました。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
25 IP アドレスのクリーンアップに関する統計情報。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
30 指定された DNS サーバーに対する DNS 更新リクエスト。 GENERIC_EVENT
31 DNS の更新に失敗しました。 GENERIC_EVENT UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
32 DNS を更新しました。 GENERIC_EVENT
33 NAP ポリシーにより、パケットがドロップされました。 GENERIC_EVENT UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
34 DNS 更新リクエストが失敗しました。DNS 更新リクエスト キューの上限を超えました。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
35 DNS 更新リクエストが失敗しました。 GENERIC_EVENT UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
36 サーバーがフェイルオーバー スタンバイの役割であるか、クライアント ID のハッシュが一致しないため、パケットがドロップされました。 GENERIC_EVENT
50 到達できないドメイン SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
51 承認に成功する場合 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
53 キャッシュされた承認 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
54 承認に失敗する場合 GENERIC_EVENT UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
55 承認(サービス) SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
56 承認に失敗しました。サービスを停止しました GENERIC_EVENT UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
57 ドメインでサーバーが見つかりました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
58 サーバーでドメインが見つかりませんでした SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
59 ネットワーク不具合 GENERIC_EVENT UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
60 DS が有効化された DC がありません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
61 DS ドメインに属するサーバーが見つかりました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
62 別のサーバーが見つかりました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
63 不正な検出を再開しています SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
64 DHCP 対応インターフェースがありません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
70 スコープ: IPv4 用の %1 は %2 によって設定されます。 SETTING_CREATION
71 スコープ: IPv4 の %1 は %2 によって変更される SETTING_MODIFICATION
72 スコープ: IPv4 の %1 は %2 によって削除済み SETTING_DELETION
73 スコープ: IPv4 の %1 を%2 によって有効化 SETTING_MODIFICATION
74 スコープ: IPv4 の %1 を%2 によって無効化 SETTING_MODIFICATION
75 スコープ: IPv4 の %1 がリース期間で更新: %3 で %2 秒。 以前に構成されたリース期間の長さ:%4 秒 SETTING_MODIFICATION
76 スコープ: IPv4 用 %1 がオプション設定:%3 で %2  SETTING_MODIFICATION
77 スコープ: DNS の動的更新に対して %2 の IPv4 に対して %1 が有効になっている SETTING_MODIFICATION
78 スコープ: DNS 動的更新では %2 で IPv4 の %1 が無効になっている SETTING_MODIFICATION
79 スコープ: IPv4 の %1 は %2 で DNS 設定によって更新 DHCP クライアントからの要求に応じて DNS A レコードと PTR レコードを動的に更新 SETTING_MODIFICATION
80 スコープ: IPv4 の %1 は %2 で DNS 設定によって更新 DNS A レコードと PTR レコードを常に動的に更新 SETTING_MODIFICATION
81 スコープ: リースが削除されると DNS A と PTR レコードが破棄されるように、%2 により IPv4 に対して %1 の DNS 設定を有効にする SETTING_MODIFICATION
82 スコープ: リースが削除されたときに DNS A レコードと PTR レコードを破棄するには、%2 で IPv4 に対する IPv4 の %1 を無効にする SETTING_MODIFICATION
83 スコープ: DNS4 の設定に対して %2 の IPv4 に対して %1 が有効 更新をリクエストしない DHCP クライアントの DNS A レコードと PTR レコードを動的に更新する SETTING_MODIFICATION
84 スコープ: 更新をリクエストしない DHCP クライアントの DNS A レコードと PTR レコードを動的に更新するために、DNS 設定に対して %2 で IPv4 の %1 を無効にする SETTING_MODIFICATION
85 スコープ %1 でのポリシーベースの割り当ては無効になりました SETTING_MODIFICATION
86 スコープ %1 でポリシーベースの割り当てが有効になりました SETTING_MODIFICATION
87 スコープで名前保護設定が有効: IPv4 の %2 で %1 SETTING_MODIFICATION
88 スコープで名前保護の設定が無効: %2 による IPv4 の %1 SETTING_MODIFICATION
89 スコープ: IPv4 の %1 はサポート タイプで更新: %3 による %2 SETTING_MODIFICATION
90 スコープで NAP の適用が有効になっています(%2 による IPv4 の %1) SETTING_MODIFICATION
91 スコープで NAP の適用が無効: IPv4 に対して %2 に対して %1 SETTING_MODIFICATION
92 スコープ NAP プロファイル:IPv4 の %1 と構成。NAP プロファイルは %3 で %2 SETTING_CREATION
93 スコープの NAP プロファイル: IPv4 の %1 が次の NAP プロファイルで更新: %3 で %2以前に構成した NAP プロファイル: %4 SETTING_MODIFICATION
94 次の NAP プロファイル: %1 がスコープ %2 で削除(%4 を使用) SETTING_DELETION
95 スコープ: マルチキャスト IPv4 の %1 は %2 によって設定 SETTING_CREATION
96 スコープ: マルチキャスト IPv4 の %1 は %2 によって削除 SETTING_DELETION
97 スコープ: IPv4 用 %1 をスーパースコープで追加: %3 で %2 SETTING_CREATION
98 スーパースコープ: IPv4 の%1 に対して %2 を構成 SETTING_CREATION
99 スーパースコープ: %2 による IPv4 用の %1 SETTING_DELETION
100 スコープ: SuperScope 内の %1: IPv4 用の %2 は %3 により有効化 SETTING_MODIFICATION
101 スコープ: SuperScope 内の %1: IPv4 用の %2 は %3 により無効化 SETTING_MODIFICATION
102 スコープ: IPv4 の %1 をスーパースコープで削除: %3 で %2スコープはスーパースコープの外部にあります。 SETTING_DELETION
103 スコープ: IPv4 用の %1 はスーパースコープで削除: %2 と %3 によって完全に削除 SETTING_DELETION
104 遅延時間: セカンダリ サーバーから送信された オファー メッセージの %1 ミリ秒が、スコープ %4 の IPv4 に対する %2 で更新されました。以前に構成した遅延時間: %3 ミリ秒 SETTING_MODIFICATION
105 IPv4 のサーバーレベル オプション %1 が %2 によって更新されました SETTING_MODIFICATION
106 予約: IPv4 用の %1 は、%3 によってスコープ %2 に設定されています SETTING_CREATION
107 予約: IPv4 用の %1 が %3 によってスコープ %2 で削除されました SETTING_DELETION
108 予約: スコープ内の IPv4 に対する %1: %2 は、%3 による DNS 動的更新に対して有効になっています SETTING_MODIFICATION
109 予約: スコープ内の IPv4 に対する %1: %2 は %3 によって DNS 動的更新が無効 SETTING_MODIFICATION
110 予約: スコープ内の IPv4 用 %1: %2: %3 による DNS 設定による更新: DHCP クライアントからの要求に応じて DNS A および PTR レコードを動的に更新 SETTING_MODIFICATION
111 予約: スコープ内の IPv4 に対する %1: %2 は %3 によって DNS 設定によって更新: 常に DNS A および PTR レコードを更新 SETTING_MODIFICATION
112 予約: スコープ内の IPv4 用の %1: %2 は %3 による DNS 設定に対して有効: リースが削除されたときに DNS A および PTR レコードを破棄 SETTING_MODIFICATION
113 予約: スコープ内の IPv4 の %1: %2 は %3 による DNS 設定に対して無効: リースが削除されたときに DNS A および PTR レコードを破棄するため SETTING_MODIFICATION
114 予約: スコープ内の IPv4 の %1: %2 は %3 による DNS 設定に対して有効化: 更新をリクエストしない DHCP クライアントの DNS A レコードと PTR レコードを動的に更新 SETTING_MODIFICATION
115 予約: スコープ内の IPv4 の %1: %2 は %3 による DNS 設定に対して無効: 更新をリクエストしない DHCP クライアントの DNS A レコードと PTR レコードを動的に更新 SETTING_MODIFICATION
116 予約: スコープ内の IPv4 の %1: オプション設定: %2 が %3 で更新 SETTING_MODIFICATION
117 ポリシーベースの割り当ては、サーバーレベルで無効になりました SETTING_MODIFICATION
118 サーバーベースのポリシーベースの割り当てが有効になりました SETTING_MODIFICATION
119 スコープ内で IPv4 の Address Pool 内に追加された IP アドレス範囲 %1 の除外を :%3 で %2 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
120 スコープの IPv4 のアドレスプールにある除外 IP アドレス範囲 %1 を削除しました: %3 で %2 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
121 リンクレイヤ ベースのフィルタリングは、%1 による IPv4 の許可リストで有効になっています SETTING_MODIFICATION
122 リンクレイヤ ベースのフィルタリングは、%1 の IPv4 の許可リストで無効になっています SETTING_MODIFICATION
123 物理アドレスでフィルタ: %1、ハードウェア タイプ: %2 により %3 を IPv4 許可リストに追加 SETTING_CREATION
124 物理アドレスでフィルタ: %1、ハードウェア タイプ: %2 で IPv4 拒否リストから %3 を削除 SETTING_DELETION
125 リンクレイヤ ベースのフィルタリングは、%1 による IPv4 の拒否リストで有効になっています SETTING_MODIFICATION
126 リンクレイヤ ベースのフィルタリングは、%1 の IPv4 の拒否リストで無効になっています SETTING_MODIFICATION
127 物理アドレスでフィルタ: %1、ハードウェア タイプ: %2 で IPv4 拒否リストから %3 を削除 SETTING_CREATION
128 物理アドレスでフィルタ: %1、ハードウェア タイプ: %2 で IPv4 拒否リストから %3 を削除 SETTING_DELETION
129 スコープ: IPv6 の %1 を %2 で構成 SETTING_CREATION
130 スコープ: IPv6 の %1 は %2 により削除 SETTING_DELETION
131 スコープ: IPv6 の %1 は %2 により有効化 SETTING_MODIFICATION
132 スコープ: IPv6 の %1 は %2 により無効化 SETTING_MODIFICATION
133 スコープ: IPv6 の %1 は、優先リース期間で更新: %3 で %2 以前に構成したリースの優先ライフタイム:%4 SETTING_MODIFICATION
134 スコープ: IPv6 用の %1 はリース期間内で更新、有効期間: %3 により %2 以前に構成したリースの有効期間:%4 SETTING_MODIFICATION
135 スコープ: IPv6 の %1 がオプション設定:%3 による %2 で更新 SETTING_MODIFICATION
136 スコープ: DNS 動的更新で %2 による IPv6 の %1 が有効化 SETTING_MODIFICATION
137 スコープ: IPv6 による DNS 動的更新では %2 による %1 が無効化 SETTING_MODIFICATION
138 スコープ: IPv6 の %1 は %2 による DNS 設定で更新: DHCP クライアントからのリクエストに応じて DNS AAAA および PTR レコードを動的に更新 SETTING_MODIFICATION
139 範囲: IPv6 用の %1 は、%2 による DNS 設定で更新:常に DNS AAAA レコードと PTR レコードを動的に更新 SETTING_MODIFICATION
140 スコープ: IPv6 の %1 は %2 による DNS 設定で有効化:リースが削除されたときに DNS AAAA レコード および PTR レコードを破棄 SETTING_MODIFICATION
141 スコープ: %2 で IPv6 に対する %1 の DNS 設定を無効:リースが削除されたときに DNS AAAA レコードと PTR レコードを破棄します。 SETTING_MODIFICATION
142 スコープで名前保護の設定が有効になっています: %2 による IPv6 の %1 SETTING_MODIFICATION
143 Name Protection 設定が無効: %2 による IPv6 の %1 SETTING_MODIFICATION
145 予約: IPv6 の %1 は、%3 によりスコープ内で %2 に設定 SETTING_CREATION
147 予約: IPv6 の %1 は、%3 によりスコープ内で %2 を削除 SETTING_DELETION
148 予約: スコープ内の IPv6 の %1: %2 は、%3 による DNS 動的更新に対して有効 SETTING_MODIFICATION
149 予約: スコープ内の IPv6 の %1: %2 は、%3 による DNS 動的更新のために無効 SETTING_MODIFICATION
150 予約: スコープ内の IPv6 の %1: %2 は %3 による DNS 設定で更新: DHCP クライアントからリクエストされた際に DNS AAAA レコードおよび PTR レコードを動的に更新します。 SETTING_MODIFICATION
151 予約: スコープ内の IPv6 の %1: %2 は %3 による DNS 設定で更新: 常に DNS AAAA レコードと PTR レコードを動的に更新 SETTING_MODIFICATION
152 予約: スコープ内の IPv6 の %1: %2 は %3 による DNS 設定に対して有効: リースが削除されたときに DNS AAAA レコードと PTR レコードを破棄 SETTING_MODIFICATION
153 予約: スコープ内の IPv6 の %1: %2 は %3 による DNS 設定に対して無効: リースが削除されたときに DNS AAAA レコードと PTR レコードを破棄 SETTING_MODIFICATION
154 予約: スコープ内の IPv6 の %1: オプション設定で %2 が更新: %4 により %3 が更新 SETTING_MODIFICATION
155 スコープ内で IPv6 の Address Pool 内に追加された IP アドレス範囲 %1 の追加 :%3 で %2 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
156 スコープ内で IPv6 の Address Pool 内に追加された IP アドレス範囲 %1 の削除 :%3 で %2 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
157 スコープ: IPv6 の %1 は %2 によって変更される SETTING_MODIFICATION
158 スコープ %1 の DHCPv6 ステートレス クライアントインベントリが有効になっています SETTING_MODIFICATION
159 DHCPv6 ステートレス クライアント インベントリがスコープ %1 で無効になっています SETTING_MODIFICATION
160 サーバーで DHCPv6 ステートレス クライアント インベントリが有効化 SETTING_MODIFICATION
161 サーバーで DHCPv6 ステートレス クライアントの一覧表を無効化 SETTING_MODIFICATION
162 スコープ %1 の DHCPv6 ステートレス クライアント インベントリのパージ時間間隔が %2 時間に設定されています SETTING_MODIFICATION
163 サーバーの DHCPv6 ステートレス クライアント インベントリのパージ時間間隔が %1 時間に設定されました SETTING_MODIFICATION
164 スコープ: DNS4 の IPv4 設定 %1 は %2 で有効: DNS PTR レコードの動的更新を無効にする SETTING_MODIFICATION
165 スコープ: %2 で IPv4 に対する %1 の DNS 設定を無効:DNS PTR レコードの動的更新を無効にする SETTING_MODIFICATION
166 IPv6 のサーバーレベル オプション %1 が %2 で更新されました。 SETTING_MODIFICATION
167 IPv4 のサーバーレベル オプション %1 が %2 によって削除されました SETTING_DELETION
168 オプション設定: %2 が IPv4 スコープから削除されました: %3 により %1 SETTING_DELETION
169 オプション設定: %3 の IPv4 スコープ %1 は予約から削除されています: %4 で %2 SETTING_DELETION
170 IPv6 のサーバーレベル オプション %1 は %2 で削除されました SETTING_DELETION
171 オプション設定: %2 が IPv6 スコープから削除されました: %3 により %1 SETTING_DELETION
172 オプション設定: 予約から %3 を削除しました。IPv6 スコープの %1: %4 により %2 SETTING_DELETION
1000 DHCP サービスが不明なオプション %1 を受信しました。長さは %2 です。未加工のオプション データは次のとおりです。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1001 DHCP サービスが Service Controller に登録できませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1002 DHCP サービスがグローバル パラメータを初期化できませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1003 DHCP サービスがレジストリ パラメータを初期化できませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1004 DHCP サービスがデータベースの初期化に失敗しました。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1005 DHCP サービスが Winsock の起動を初期化できませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1006 DHCP サービスが RPC サーバーとして開始できませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1007 DHCP サービスで Winsock のデータを初期化できませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1008 DHCP サービスが停止しています。エラーは次のとおりです: %1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1009 保留中のクライアント レコードのクリーンアップ中に DHCP サービスで次のエラーが発生しました: %1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1010 データベースをクリーンアップ中に DHCP サービスで次のエラーが発生しました: %1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1011 DHCP サービスが、アドレス %1 に対してクライアント NACK(否定応答メッセージ)を発行しました(%2)。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1012 DHCP クライアント %2 がアドレス %1 を拒否しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1013 DHCP クライアント %2 がアドレス %1 を解放しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1016 データベースをバックアップするときに DHCP サービスで次のエラーが発生しました: %1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1017 レジストリ構成をバックアップする際に DHCP サービスで次のエラーが発生しました。%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1018 DHCP サービスがデータベースを復元できませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1019 DHCP サービスが DHCP レジストリ構成を復元できませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1020 スコープ %1 は使用率が %2% で、残りの IP アドレスは %3 のみです SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1021 DHCP サービスが JET データベース ライブラリを正常に読み込めませんでした SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1022 DHCP サービスがデータベースを使用できませんでした。このサービスが NT 3.51 以前からのアップグレード後に初めて起動された場合は、DHCP データベースでユーティリティ upg351db.exe を実行して、新しい JET データベース形式に変換する必要があります。データベースをアップグレードした後、DHCP サービスを再起動 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1023 既存のデータベースを Windows 2000 形式に変換する必要があるため、DHCP サービスは終了します。jetconv プロセスを介して変換が開始されます。jetconv プロセスを再起動または停止しないでください。データベースのサイズに応じて、変換には最大 10 分かかります。[OK] をクリックして、DHCP を今すぐ終了します。これは、データベースの変換を成功させるために必要です。注: 変換が完了すると、DHCP サービスが自動的に再起動されます。変換ステータスを確認するには、jetconv プロセスのアプリケーション イベントログを調べます SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1024 DHCP サービスが初期化され、準備完了です SERVICE_START
1025 DHCP サービスが、レジストリから BOOTP ファイル テーブルを読み取ることができませんでした。DHCP サービスは、ブートファイル名を指定する BOOTP リクエストに応答できません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1026 DHCP サービスがレジストリからグローバル BOOTP ファイル名を読み取ることができませんでした SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1027 監査ログファイルを追加できません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1028 DHCP サービスが監査ログを初期化できませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1029 DHCP サービスが新しい IP アドレスに対して ping を実行できませんでした。アドレスはクライアントにリースされました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1030 監査ログ ファイルをバックアップできませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1031 インストールされたサーバーのコールアウト .dll ファイルにより例外が発生しました。例外: %1。サーバーはこの例外を無視しました。これ以降の例外はすべて無視されます。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1032 インストールされたサーバーのコールアウト .dll ファイルにより例外が発生しました。例外: %1。サーバーはこの例外を無視し、.dll ファイルを読み込めませんでした SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1033 DHCP サービスが 1 つ以上のコールアウト DLL を正常に読み込みました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1034 DHCP サービスが 1 つ以上のコールアウト DLL を読み込めませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1035 DHCP サービスは、このコンピュータで DHCP ユーザー ローカル グループを作成または検索できませんでした。エラーコードはデータにあります SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1036 DHCP サーバーが、DHCP 管理者のローカル グループを作成または検索できませんでした。エラーコードはデータにあります SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1037 DHCP サービスがデータベースのクリーンアップを開始しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1038 DHCP サービスは、ユニキャスト IP アドレスのためにデータベースをクリーンアップしました。%1 リースが復旧し、%2 レコードがデータベースから削除されました。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1039 DHCP サービスがマルチキャスト IP アドレスのためにデータベースをクリーンアップしました。%1 リースが期限切れになり(削除対象としてマークされています)、%2 レコードがデータベースから削除されました。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1040 DHCP サービスがデータベースを正常に復元しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1041 アクティブなネットワーク インターフェースに静的に構成された IPv4 アドレスがないか、アクティブなインターフェースがないため、DHCP サービスは DHCPv4 クライアントに対応しません。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1042 このマシンで実行されている DHCP/BIN サービスがネットワーク上のサーバーを検出しました。サーバーがどのドメインにも属していない場合、ドメインは空として表示されます。サーバーの IP アドレスがかっこで囲まれて一覧表示されます。%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1043 ローカルマシンの DHCP/BINL サービスが、起動を許可したと判断しました。現在はクライアントにサービスを提供 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1044 Windows 管理ドメイン %2 に属するローカルマシンの DHCP/BINL サービスが、起動を許可していると判断しました。現在はクライアントにサービスを提供 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1045 ローカルマシン上の DHCP/BINL サービスが、起動する権限がないと判断しました。クライアントへのサービスが停止しました。これが考えられる原因は次のとおりです。このマシンがワークグループに属していて、同じネットワークにサービスを提供する別の DHCP サーバー(Windows 管理ドメインに属する)を検出しました。予期しないネットワーク エラーが発生しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1046 Windows 管理ドメイン %2 に属するローカルマシンの DHCP/BINL サービスは、起動する権限がないと判断しました。クライアントへのサービスが停止しました。考えられる原因は次のとおりです。このマシンはディレクトリ サービス エンタープライズの一部であり、同じドメインで承認されていません。(詳細については、DHCP サービス管理ツールのヘルプをご覧ください)。このマシンはディレクトリ サービス エンタープライズにアクセスできず、ローカルマシンが認証されていないディレクトリ サービス企業に属するネットワーク上の別の DHCP サービスを検出しました。予期しないネットワーク エラーが発生しました。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1047 ローカルマシンの DHCP/BINL サービスが、起動を許可したと判断しました。現在、クライアントにサービスを提供しています。DHCP/BINL サービスは、マシンが最近アップグレードされたと判断しました。マシンがディレクトリ サービス エンタープライズに属している場合、クライアントへのサービスを開始するには、DHCP サービスをディレクトリ サービスで承認する必要があります。(サーバーの承認については、DHCP Service Management のヘルプをご覧ください)。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1048 Windows ドメイン %2 に属するローカルマシンの DHCP/BINL サービスが、起動を許可していると判断しました。現在ではクライアントでサービスを提供しています。 パソコンが最近アップグレードされたことが確認されました。また、ドメイン用のディレクトリ サービス企業が存在しないか、そのディレクトリ サービスでコンピュータが承認されていないことが判明しています。ディレクトリ サービス エンタープライズに属するすべての DHCP サービスは、サービス クライアントに対してディレクトリ サービス内で承認される必要があります。(ディレクトリ サービスで DHCP サービスを承認するには、DHCP サービス管理ツールのヘルプをご覧ください)。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1049 ローカルマシンの DHCP/BINL サービスで、ローカルマシンのドメインを検索しようとしているときにエラーが発生しました。エラー: %3 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1050 ローカルマシンの DHCP/BINL サービスでネットワーク エラーが発生しました。エラーは次のとおりです:%3 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1051 DHCP/BINL サービスは、Windows ドメイン %2 で、このネットワーク上のクライアントに対するサービスへのアクセスを許可されていないと判断しました。ディレクトリ サービス エンタープライズに属するすべての DHCP サービスは、サービス クライアントに対してディレクトリ サービス内で承認される必要があります。(ディレクトリ サービスで DHCP サーバーを承認するには、DHCP サービス管理ツールのヘルプをご覧ください)。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1052 このワークグループ サーバーの DHCP/BINL サービスは、ドメイン %2 に属する IP アドレス %1 の別のサーバーを検出しました。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1053 DHCP/BINL サービスが、ドメイン %2 に属する IP アドレス %1 のこのネットワーク上の別のサーバーを検出しました。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1054 このコンピュータの DHCP/BINL サービスはシャットダウンされています。理由については、前のイベントログ メッセージをご覧ください SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1055 DHCP サービスは、DNS 登録に必要な認証情報 %1 を偽装できませんでした。ローカル システムの認証情報が使用されています SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1056 DHCP サービスは、DC 上で実行されていることを検出し、DHCP サービスによって開始された動的 DNS 登録で使用するための認証情報が構成されていません。これは、推奨されるセキュリティ構成ではありません。動的 DNS 登録の認証情報は、コマンドライン「netsh dhcp server set dnscredentials」を使用するか、DHCP 管理ツールを使用して構成できます SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1057 DHCP サービスが、一時データベースを ESE 形式 %1 に変換できませんでした。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1058 DHCP サービスが構成パラメータを初期化できませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1059 DHCP サービスが認証用のディレクトリ サーバーを認識できませんでした SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
1060 DHCP サービスは、監査ログに指定されたパスにアクセスできませんでした SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1061 DHCP サービスが、データベースのバックアップに指定されたパスにアクセスできませんでした SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1062 DHCP サービスがデータベースに指定されたパスにアクセスできませんでした SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1063 スコープまたはスーパースコープ「%1」に、リース可能な IP アドレスがありません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1064 スコープまたはスーパースコープ「%1」の BOOTP クライアントで利用できる IP アドレスはありません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1065 クラスやオプション定義の削除により、構成で一部の ph 立したエントリが削除されました。サーバーの構成を再度確認してください。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1144 このパソコンには、動的に割り当てられる IP アドレスが少なくとも 1 つ存在します。信頼性の高い DHCP サーバー オペレーションのためには、静的 IP アドレスのみを使用してください。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1338 クライアントへの送信遅延に関する保留中の DHCPOFFER メッセージの数が、サーバーの 1,000 件の保留中のメッセージを超えています。DHCP サーバーは、DHCPOFFER メッセージ レスポンスをサーバー構成に従って遅延させる必要がある、後続の DHCPDISCOVER メッセージをすべて破棄します。DHCP サーバーは、DHCPOFFER メッセージ レスポンスを遅延させる必要のない DHCPDISCOVER メッセージの処理を続行します。DHCP サーバーは、クライアントへの遅延送信のための保留中の DHCPOFFER メッセージの数がサーバーの容量を下回ると、すべての DHCPDISCOVER メッセージの処理を再開します SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1339 クライアントへの送信を遅らせるために保留中の DHCPOFFER メッセージの数が、サーバーの容量 1,000 を下回っています。DHCP サーバーはすべての DHCPDISCOVER メッセージの処理を再開します。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1340 DHCPv4 クライアント IP アドレス %1、FQDN %2、DHCID %3 の DNS 登録が拒否されました。同じ FQDN を持つ既存のクライアントがすでに DNS に登録されているためです。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1341 スコープ %2 のポリシー %1 の IP アドレス範囲でリース可能な IP アドレスがありません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1342 スコープ %1 の IP アドレス範囲が IP アドレス範囲外です SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1343 スコープ %1 ポリシー %2 の IP アドレス範囲のうち完全な部分が %3 パーセントで、%4 個の IP アドレスしか使用できません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1344 DNS IP アドレス %1 は、有効な DNS サーバー アドレスではありません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1376 スコープ %1 の IP アドレス範囲のうち完全な部分が %2 パーセントで、%3 個の IP アドレスしか使用できません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
1377 SuperScope の %1 は、%3 IP アドレスのうち %2 パーセントしか残っていません。 このスーパースコープの後続のスコープは %4 です SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10000 アドレスがリンクに適切でなかったか、DHCPv6 更新リクエストのクライアント アドレス %1 がゼロなので、DHCPv6 の確認は拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10001 アクティブなリースがない IPv6 アドレス %1 の更新、再バインド、または確認 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10002 DHCPv6 サービスが不明なオプション %1 を受信しました。長さは %2 です。未加工のオプション データは次のとおりです。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10003 接頭辞 %1 のネットワークを提供するスコープでリース可能な IPv6 アドレスはありません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10004 DHCPv6 クライアント %2 がアドレス %1 を拒否しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10005 プレフィックス %1 のネットワークを提供する DHCPv6 スコープは %2 パーセントで、残っているIP アドレスはわずか %3 です SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10006 DHCPV6 クライアント %1 が DHCPV6 データベースから削除されました。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10007 30 秒を超えてキューにあった DHCPV6 メッセージは、古すぎるためドロップされました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10008 無効な DHCPV6 メッセージがドロップされました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10009 このサーバー向けの DHCPV6 メッセージはドロップされました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10010 DHCV6 メッセージは、ユニキャスト アドレスで受信され、サーバーでユニキャスト サポートが無効になっているため、ドロップされました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10011 DHCPV6 監査ログファイルを追加できません。エラーコードは %1 を返しています SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
10012 サーバーがメッセージを処理する権限を持たないため、DHCPV6 メッセージがドロップされました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10013 DHCPv6 サービスが監査ログを初期化できませんでした。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
10014 DHCPv6 監査ログファイルをバックアップできませんでした。エラーコード %1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
10015 DHCPv6 サービスが監査ログに指定されたパスにアクセスできませんでした SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10016 DHCPv6 サービスが Winsock の起動を初期化できませんでした。次のエラーが発生しました %1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
10017 DHCPv6 サービスは、DC で稼働していることを検出し、DHCPv6 サービスによって開始された動的 DNS 登録で使用するための認証情報が構成されていません。推奨されているセキュリティ構成ではありません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10018 DHCPv6 サーバーがインターフェース リストの変更の通知を受信できませんでした。一部のインターフェースは DHCPv6 サービスで有効にならない SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
10019 DHCPv6 サービスが、構成パラメータを初期化できませんでした。次のエラーが発生しました: %1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
10020 このパソコンには少なくとも 1 つの IPv6 アドレスが割り当てられています。DHCPv6 サーバーを高い信頼性で利用するには、静的 IPv6 アドレスのみを使用してください。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10021 DHCPv6 サービスでデータベースの初期化に失敗しました。次のエラーが発生しました:%1 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
10022 DHCPv6 サービスが初期化され、使用できる状態になっています SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10023 DHCPv6 サーバーは、別のアプリケーションで使用されているため、UDP ポート番号 %1 にバインドできません。このポートを DHCPv6 サーバーで使用できるようにして、クライアントへのサービス提供を開始する必要があります SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
10024 ERROR_LAST_DHCPV6_SERVER_ERROR GENERIC_EVENT UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
10025 DHCPv6 クライアント IPv6 アドレス %1、FQDN %2、DHCID %3 の DNS 登録が拒否されました。同じ FQDN を持つ既存のクライアントがすでに DNS に登録されているためです。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20090 DHCP サーバーは、別のアプリケーションで使用されているため、UDP ポート番号 %1 にバインドできません。このポートを DHCP サーバーで使用できるようにして、クライアントへのサービスを開始する必要があります SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20096 拒否サービスが、エントリ %3 に一致するため、DHCP サービスはハードウェア アドレス %1、ハードウェア タイプ %4、FQDN/Hostname %2 のマシンで拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20097 ハードウェア アドレス %1、ハードウェア タイプ %3、FQDN/Hostname %2 のマシンが許可リストのどのエントリとも一致しないため、DHCP サービスが拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20098 許可リストが空で、ハードウェア アドレスが許可リストにあるクライアントに DHCP サービスを提供するように構成されているため、DHCP クライアントが提供されません。 GENERIC_EVENT
20099 拒否アドレスがエントリ %3 と一致するため、DHCP サービスはハードウェア アドレス %1、ハードウェア タイプ%4、指定されていない FQDN/Hostname %2 のマシンで拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20100 ハードウェア アドレス %1、ハードウェア タイプ %3、FQDN/Hostname %2 のマシンが許可リストのどのエントリとも一致しないため、DHCP サービスが拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20162 除去担当者がステートレスなエントリの削除を開始しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20220 サーバーのポリシー %2 は %1 です SETTING_CREATION
20221 スコープ %3 のポリシー %2 は %1 です SETTING_CREATION
20222 サーバー ポリシー %3 の条件が %1 に設定されています。条件は論理演算子 %2 でグループ化されます。 SETTING_MODIFICATION
20223 スコープ %4 ポリシー %3 の条件が %1 に設定されています。条件は論理演算子 %2 でグループ化されます。 SETTING_MODIFICATION
20224 新しいサーバー全体の IPv4 ポリシー %1 が作成されました。ポリシーの処理順序は %2 です SETTING_CREATION
20225 新しいスコープ ポリシー %1 をスコープ %3 に作成しました。ポリシーの処理順序は %2 です SETTING_CREATION
20226 ポリシー %1 がサーバーから削除されました SETTING_DELETION
20227 ポリシー %1 がスコープ %2 から削除されました SETTING_DELETION
20228 範囲 %3 のポリシー %2 に %1 からの IP アドレス範囲が設定されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20229 %1 から IP アドレス範囲がスコープ %3 のポリシー %2 から削除されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20230 サーバー ポリシー %3 のオプション %1 に値 %2 が設定されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20231 範囲 %4 ポリシー %3 のオプション %1 に値 %2 が設定されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20232 サーバー ポリシー %3 のオプション %1 から値 %2 が削除されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20233 スコープ %4 ポリシー %3 のオプション %1 から値 %2 が削除されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20234 サーバー ポリシー %2 の名前が %1 に変更されました SETTING_MODIFICATION
20235 スコープ %3 ポリシー %2 の名前が %1 に変更されました SETTING_MODIFICATION
20236 サーバー ポリシー %2 が %1 に設定されています SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20237 スコープ %3 ポリシー %2 を %1 に設定しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20238 サーバー ポリシー %3 の処理順序を %2 から %1 に変更しました SETTING_MODIFICATION
20239 スコープ %4 のポリシー %3 の処理順序を %2 から %1 に変更しました SETTING_MODIFICATION
20240 次の構成パラメータでサーバー %1 と %2 の間にフェイルオーバー関係が作成されました: 名前: %3、モード: 負荷分散、最大クライアント リードタイム: %4 秒、このサーバーの負荷分散率: %5、自動状態の切り替え間隔: %6 秒 SETTING_CREATION
20241 次の構成パラメータでサーバー %1 と %2 にフェイルオーバー関係が作成されました: 名前: %3、モード: ホット スタンバイ、最大クライアントリード時間: %4 秒、スタンバイ サーバーでアドレスの割合を予約: %5、自動状態の切り替え間隔: %6 秒、スタンバイ サーバー: %7 SETTING_CREATION
20242 %2 と %3 の間のフェイルオーバー関係 %1 が削除されました SETTING_DELETION
20243 スコープ %1 がサーバー %3 のフェイルオーバー関係 %2 に追加されました SETTING_MODIFICATION
20244 スコープ %1 は、サーバー %3 のフェイルオーバー関係 %2 から削除されています SETTING_MODIFICATION
20245 フェイルオーバー関係 %1 のサーバー %2 のフェイルオーバー構成パラメータ MCLT が %3 秒から %4 秒に変更されました SETTING_MODIFICATION
20246 フェイルオーバー構成 %1 のサーバー %2 の間隔が %3 秒から %4 秒に変更されました SETTING_MODIFICATION
20247 フェイルオーバー構成パラメータで、サーバー %2 のフェイルオーバー関係 %1 の予約アドレスの割合が %3 から %4 に変更されました SETTING_MODIFICATION
20248 このサーバーで、フェイルオーバー関係 %1 のサーバー %2 のフェイルオーバー構成パラメータの負荷分散率が %3 から %4 に変更されました SETTING_MODIFICATION
20249 フェイルオーバー関係 %1 のサーバー %2 のフェイルオーバー構成パラメータ モードをホット スタンバイから負荷分散に変更しました SETTING_MODIFICATION
20250 フェイルオーバー関係 %1 のサーバー %2 のフェイルオーバー構成パラメータ モードを負荷分散からホット スタンバイに変更しました SETTING_MODIFICATION
20251 サーバーのフェイルオーバー状態: フェイルオーバー関係の %1: %2 が %3 から %4 に変更されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20252 サーバーのフェイルオーバー状態: フェイルオーバー関係の %1: %2 が %3 から %4 に変更されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20253 サーバーが、パートナー サーバー %1 とフェイルオーバー関係 %2 との同期が同期されていないことを検出しました。時刻が %3 秒ずれています。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20254 サーバーが、関係パートナー %2 のフェイルオーバー パートナー サーバー %1 と接続を確立しています SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20255 サーバーが関係 %2 のフェイルオーバー パートナー サーバー %1 と接続していません SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20256 メッセージ ダイジェストが比較できなかったため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からフェイルオーバー プロトコル メッセージ BINDING-UPDATE が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20257 メッセージ ダイジェストが構成されていないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ BINDING-UPDATE が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20258 メッセージ ダイジェストが存在しないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ BINDING-UPDATE は拒否されます SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20259 サーバーのフェイルオーバー状態: フェイルオーバー関係 %1: %2 が %3 に変更されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20260 サーバーのフェイルオーバー状態: フェイルオーバー関係の %1: %2 が次のように変更されました: %3 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20261 メッセージ ダイジェストが比較できなかったため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からフェイルオーバー プロトコル メッセージ BINDING-ACK が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20262 メッセージ ダイジェストが構成されていないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からフェイルオーバー プロトコル メッセージ BINDING-ACK が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20263 メッセージ ダイジェストが存在しないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ BINDING-ACK は拒否されます SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20264 メッセージ ダイジェストが比較できなかったため、フェイルオーバー関係 %2 のフェイルオーバー プロトコル メッセージ CONNECT がサーバー %1 から拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20265 メッセージ ダイジェストが構成されていないため、フェイルオーバー関係 %2 のフェイルオーバー プロトコル メッセージ CONNECT がサーバー %1 から拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20266 メッセージ ダイジェストが存在しないため、フェイルオーバー関係 %2 のフェイルオーバー プロトコル メッセージ CONNECT がサーバー %1 から拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20267 メッセージ ダイジェストが比較できなかったため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からフェイルオーバー プロトコル メッセージ CONNECTACK が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20268 メッセージ ダイジェストが構成されていないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ CONNECTACK は拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20269 メッセージ ダイジェストが存在しないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ CONNECTACK は拒否されます SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20270 メッセージ ダイジェストが比較できなかったため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ UPDREQALL が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20271 メッセージ ダイジェストが構成されていないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ UPDREQALL が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20272 メッセージ ダイジェストが存在しないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ UPDREQALL は拒否されます SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20273 メッセージ ダイジェストが比較できなかったため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ UPDDONE が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20274 メッセージ ダイジェストが構成されていないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ UPDDONE が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20275 メッセージ ダイジェストが存在しないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ UPDDONE が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20276 メッセージ ダイジェストが比較できなかったため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ UPDREQ が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20277 メッセージ ダイジェストが構成されていないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ UPDREQ が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20278 メッセージ ダイジェストが存在しないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ UPDREQ は拒否されます SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20279 メッセージ ダイジェストが比較できなかったため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ STATE は拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20280 メッセージ ダイジェストが構成されていないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ STATE が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20281 メッセージ ダイジェストが存在しないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ STATE は拒否されます SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20282 メッセージ ダイジェストが比較できなかったため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ Contact が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20283 メッセージ ダイジェストが構成されていないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ Contact が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20284 メッセージ ダイジェストがないため、フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 からのフェイルオーバー プロトコル メッセージ Contact が拒否されました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20285 フェイルオーバー キー認証に無効な暗号アルゴリズム %1 がレジストリキー HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DHCPServer\Parameters\Failover で指定されました。オペレーションが停止します SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20286 IP アドレス %1 の BINDING UPDATE メッセージは、内部 BINDING UPDATE キューがいっぱいであるため、フェイルオーバー関係 %3 のパートナー サーバー %2 に複製できませんでした SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20287 スコープ/スーパースコープ %2 の IP アドレス範囲が使用可能な IP アドレスからないため、%1 からの DHCP クライアント リクエストがドロップされました。ポリシーの IP アドレス範囲が使用可能な IP アドレス範囲から外れていることが原因として考えられます。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20288 この DHCP サーバー %1 は、フェイルオーバー関係 %2 の PARTNER Down 状態に移行し、MCLT 期間 %3 秒の期限が切れています。サーバーは、フェイルオーバー関係の一部であるすべてのスコープについて、パートナー サーバー %4 の空き IP アドレスプールを引き継ぎます。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20289 トランザクション ID %1 の IP アドレス(バインディング ステータス %2: パートナー サーバー %3: フェイルオーバー関係 %4: %5)に対する BINDING-UPDATE メッセージが送信されました。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20290 トランザクション ID %1 の IP アドレス %1 がバインディング アドレス %2 のパートナー サーバー %3 から受信されました: BINDING-UPDATE メッセージを受信しました。フェイルオーバー関連 %4: フェイルオーバー関連: %5 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20291 トランザクション ID %1 の IP アドレス %2 で BINDING-ACK メッセージが送信されました。拒否理由:(%3): パートナー サーバーから: %4: フェイルオーバー関連: %5 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20292 トランザクション ID %1 の IP アドレス %2: BINDING-ACK メッセージが受信されました。拒否理由:(%3): パートナー サーバーから: %4: フェイルオーバー関連: %5 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20311 フェイルオーバー関係 %2 のサーバー %1 の共有シークレットを変更しました SETTING_MODIFICATION
20312 サーバー %1 とのフェイルオーバー関係 %2 のメッセージ認証が有効になりました SETTING_MODIFICATION
20313 サーバー %1 とのフェイルオーバー関係 %2 のメッセージ認証が無効になりました SETTING_MODIFICATION
20315 スコープ %3 のポリシー %2 の DNSSuffix が %1 に設定されました SETTING_MODIFICATION
20316 サーバー ポリシー %2 の DNSSuffix が %1 に設定されました SETTING_MODIFICATION
20317 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED
20318 IPv4 アドレス %1 と FQDN %2 の転送レコード登録がエラー %3 で失敗しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20319 IPv4 アドレス %1 と FQDN %2 の転送レコード登録がエラー %3(%4)で失敗しました。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20320 IPv4 アドレス %1 と FQDN %2 の PTR レコードの登録がエラー %3 で失敗しました。このレコードの逆引き参照ゾーンが DNS サーバーに存在しないことが原因である可能性があります。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20321 IPv4 アドレス %1 と FQDN %2 の PTR レコードの登録がエラー %3 で失敗しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20322 IPv4 アドレス %1 と FQDN %2 の PTR レコードの登録がエラー %3(%4)で失敗しました。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20323 IPv6 アドレス %1 と FQDN %2 の転送レコード登録がエラー %3 で失敗しました。このレコードのフォワード ルックアップ ゾーンが DNS サーバー上に存在しないことが原因である可能性があります SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20324 IPv6 アドレス %1 と FQDN %2 の転送レコード登録がエラー %3 で失敗しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20325 IPv6 アドレス %1 と FQDN %2 の転送レコード登録がエラー %3(%4)で失敗しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20326 IPv6 アドレス %1 と FQDN %2 の PTR レコードの登録がエラー %3 で失敗しました。このレコードの逆引き参照ゾーンが DNS サーバーに存在しないことが原因である可能性があります。 SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20327 IPv6 アドレス %1 と FQDN %2 の PTR レコードの登録がエラー %3 で失敗しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。
20328 IPv6 アドレス %1 と FQDN %2 の PTR レコードの登録がエラー %3(%4)で失敗しました SYSTEM_AUDIT_LOG_UNCATEGORIZED UDM フィールドが is_alert に true に設定されています。