Assured Workloads スタートガイド

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このトピックでは、Assured Workloads を設定して最初のリソースをデプロイする方法について説明します。

概要

Assured Workloads ワークロードを使用するには、Assured Workloads 環境をデプロイする前に、フォルダを作成して登録する必要があります。選択したコンプライアンス体制に応じて、環境内で暗号鍵とリソースを作成する必要があります。

環境と最初のワークロードを設定するには、次の手順を行います。

  1. 組織をまだ設定していない場合は、次のように設定します。

    1. Cloud Identity を設定してドメインを確認します。

    2. Assured Workloads を使用する前に、組織を作成してください。

  2. コンプライアンス レジームを選択します。

  3. Assured Workloads 環境用のフォルダを作成します

  4. 次のように、Assured Workloads 環境に、コンプライアンス レジームをサポートするフォルダを作成します。

  5. 顧客管理の暗号鍵(CMEK)を作成して取得します

  6. Assured Workloads 環境にリソースをデプロイします。Assured Workloads はさまざまなリソースをサポートしています。次に例を示します。

次のステップ