app.yaml によるアプリの構成

App Engine の Ruby アプリを構成するには、app.yaml ファイルを使用します。このファイルには、CPU、メモリ、ネットワーク リソース、ディスク リソース、スケーリングや、環境変数を含む一般的な設定が含まれています。

app.yaml ファイルの概要

バージョンや URL など、Ruby アプリのすべてのランタイム構成を app.yaml ファイルに指定します。このファイルは、特定のサービス バージョンのデプロイ記述子として機能します。追加サービス用に app.yaml ファイルを作成してデプロイするには、その前に、default サービス用の app.yaml ファイルを作成する必要があります。

app.yaml ファイルには一意の名前を指定できます。ただし、その場合はデプロイ コマンドでもそのファイル名を指定する必要があります。たとえば、app.yaml ファイルに service-name-app.yaml または app.flexible.yaml という名前を指定した場合は、次のいずれかを使用してアプリをデプロイする必要があります。

gcloud app deploy service-name-app.yaml
gcloud app deploy app.flexible.yaml
アプリで複数のサービスと app.yaml ファイルを構造化する方法については、ウェブサービスの構造化をご覧ください。 アプリのサービスの複雑さによっては、対応する app.yaml ファイルでいくつかの要素を定義するだけで済みます。次の例では、Ruby アプリをフレキシブル環境に配置する場合に必要となる内容について示します。

runtime: ruby
env: flex
entrypoint: bundle exec ruby app.rb

# This sample incurs costs to run on the App Engine flexible environment.
# The settings below are to reduce costs during testing and are not appropriate
# for production use. For more information, see:
# https://cloud.google.com/appengine/docs/flexible/ruby/configuring-your-app-with-app-yaml
manual_scaling:
  instances: 1
resources:
  cpu: 1
  memory_gb: 0.5
  disk_size_gb: 10

すべての構成要素

この構成ファイルでサポートされるすべての要素の一覧については、app.yaml リファレンスをご覧ください。