PHP ランタイムのカスタマイズ

カスタム ランタイムを使用すると、フレキシブル環境で動作する PHP アプリケーションに機能を追加できます。カスタム ランタイムを設定するには、app.yaml ファイルで次の行を編集します。

runtime: php

これを次のように変更します。

runtime: custom

また、app.yaml ファイルのあるディレクトリに Dockerfile を追加する必要があります。PHP コンテナの構築用として次のベースイメージが用意されています。

ベースイメージ ヘルスチェック
gcr.io/google-appengine/php あり

gen-config を使用すると、現在のランタイムの Dockerfile を自動的に生成できます。

gcloud beta app gen-config --custom

ヘルスチェック

デフォルトでは、フレキシブル環境で実行されているすべてのプログラムがヘルスチェック リクエストを受信します。ベースイメージがヘルスチェックをサポートしている場合、追加のコードを記述する必要はありません。それ以外の場合は、ヘルスチェックを無効にするか、ヘルスチェック リクエストを処理する独自のコードを記述する必要があります。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

PHP の App Engine フレキシブル環境に関するドキュメント