Apache Maven および App Engine プラグインを使用する

Apache Maven は Java のビルド自動化ツールです。このツールを使って App Engine へのデプロイ用 WAR ファイルをビルドできます。App Engine チームは、開発時間を短縮する目的でプラグインと Maven アーキタイプの両方を提供しています。

Maven を設定する

フレキシブル環境で Maven を使用するには:

  1. 次のコマンドを実行して、Maven がインストールされているかどうか、およびどのバージョンがインストールされているかを確認します。

    mvn -v
    

    このコマンドを実行すると、Apache Maven 3.3.9 で始まる長い文字列が情報として表示されます。

  2. 適切なバージョンの Maven がインストールされていない場合は、次の手順に従ってインストールします。

    1. Maven 3.3.9 以降をダウンロードします。
    2. Maven 3.3.9 以降をインストールします。

GCP プロジェクトの設定と検証

次の手順に沿って操作して GCP プロジェクトをセットアップし、Cloud SDK をインストールする必要があります。

  1. Google Cloud Platform Console を使用して、GCP プロジェクトを作成して設定します。

    App Engine に移動

    1. GCP プロジェクトを選択するか、新規作成します。
    2. 表示される指示に沿って、App Engine アプリケーションが存在すること、および課金が有効になっていることを確認します。
      1. プロジェクト用の App Engine アプリケーションを作成する必要がある場合は、App Engine アプリケーションを配置するリージョンを選択するように指示されます。
      2. プロジェクトの課金を有効にする必要がある場合は、新しい課金アカウントを作成するか、既存のアカウントを選択するように指示されます。
    3. プロジェクトで App Engine アプリケーションが作成され、課金が有効になったら、ダッシュボードが開きます。
  2. Google Cloud SDK をインストールして初期化します。

    gcloud ツールがすでにインストールされている環境で、初期化時に指定した ID とは異なる GCP プロジェクト ID を使用する場合は、Cloud SDK 構成の管理をご覧ください。

  3. 次のコマンドを実行して、Cloud SDK app-engine-java コンポーネントをインストールします。

    gcloud components install app-engine-java
    

オプションのサンプル アプリ

サンプルの Java アプリを利用するには、この GitHub プロジェクトを使用できます。

App Engine Maven プラグインと Jetty Maven プラグインを追加する

アプリケーションを開発し、デプロイするには、Google App Engine Maven プラグインを使用します。WAR ファイルを作成せずにアプリケーションを速やかにテストするには、Jetty Maven プラグインを使用します。

既存の Maven プロジェクトでこれらのプラグインを使用するには、プロジェクトの pom.xml ファイル内の plugins セクションに以下を追加します。

<plugins>
   <plugin>
     <groupId>com.google.cloud.tools</groupId>
     <artifactId>appengine-maven-plugin</artifactId>
     <version>2.0.0</version>
   </plugin>
   <plugin>
     <groupId>org.eclipse.jetty</groupId>
     <artifactId>jetty-maven-plugin</artifactId>
     <version>9.3.7.v20160115</version>
   </plugin>
</plugins>

Maven を使用してプロジェクトをコンパイルおよびビルドする

Java App Engine ウェブ アプリケーションをその pom.xml ファイルとともに Maven を使用してビルドするには:

  1. プロジェクトのメイン ディレクトリ(guestbook/ など)に移動します。

  2. Maven を起動します。

    mvn package
    
  3. プロジェクトがビルドされるのを待ちます。プロジェクトが正常に終了すると、以下のようなメッセージが表示されます。

    BUILD SUCCESS
     Total time: 10.724s
     Finished at: 2016-07-29T12:13:36-07:00
     Final Memory: 24M/213M
    
  4. 必要に応じて、次のセクションで説明しているように、Jetty ウェブ開発サーバーを使用して、ローカルでアプリケーションを実行し、テストします。

アプリを実行してテストする

開発フェーズでは、Jetty Maven プラグインを起動することによって、開発サーバーでいつでもアプリを実行してテストできます。

開発サーバーでアプリを実行するには:

  1. アプリをまだビルドしていない場合は、次のコマンドを実行してビルドします。

    mvn package
    
  2. プロジェクトのトップレベルのディレクトリ(myapp など)に移動し、Maven を起動してアプリを実行します。

    mvn jetty:run
    
  3. サーバーが起動するまで待ってから、ブラウザに http://localhost:8080/ と入力してアプリにアクセスします。

  4. Ctrl+C キーを押して、アプリと開発サーバーをシャットダウンします。

アプリをデプロイする

プロジェクトの pom.xml ファイルに App Engine Maven プラグインを追加したら、アプリケーションをデプロイできます。

mvn appengine:deploy

App Engine Maven プラグインの appengine:deploy ゴールと他のすべてのゴールには、使用可能なパラメータが関連付けられています。完全なリストについては、App Engine Maven プラグインのゴールとパラメータをご覧ください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine フレキシブル環境に関するドキュメント