C# ASP.NET 用の Cloud Trace の設定

Cloud Trace for ASP.NET Framework アプリケーションを有効にするには、C# 用の Google.Cloud.Diagnostics.AspNet クライアント ライブラリを使用します。

このページには、Google Cloud で Trace を有効にして構成する方法に関する一般的な情報を記載しています。Google.Cloud.Diagnostics.AspNet クライアント ライブラリを構成して使用する方法については、Google.Cloud.Diagnostics.AspNet リファレンス ドキュメントをご覧ください。

プラットフォームの構成

Cloud Trace は Google Cloud と他のプラットフォームで使用できます。

Google Cloud での実行

アプリケーションが Google Cloud で実行されている場合、認証情報をサービス アカウントの形式でクライアント ライブラリに提供する必要はありません。ただし、Google Cloud Platform で Cloud Trace API のアクセス スコープが有効になっている必要があります。

サポートされている Google Cloud 環境の一覧については、環境サポートをご覧ください。

次の構成では、デフォルトのアクセス スコープ設定により Cloud Trace API が有効化されます。

  • App Engine フレキシブル環境
  • Google Kubernetes Engine(GKE)

  • Compute Engine

  • Cloud Run

カスタム アクセス スコープを使用する場合は、Cloud Trace API のアクセス スコープを有効にする必要があります。

  • Google Cloud Console を使用して環境のアクセス スコープを構成する方法については、Google Cloud プロジェクトの構成をご覧ください。

  • gcloud ユーザーの場合は、--scopes フラグを使用してアクセス スコープを指定し、trace.append Cloud Trace API アクセス スコープを含めます。たとえば、Cloud Trace API のみを有効にして GKE クラスタを作成するには、次のようにします。

    gcloud container clusters create example-cluster-name --scopes=https://www.googleapis.com/auth/trace.append

ローカルやその他の場所での実行

アプリケーションが Google Cloud の外部で実行されている場合は、認証情報をサービス アカウントの形式でクライアント ライブラリに提供する必要があります。サービス アカウントには Cloud Trace エージェント ロールが含まれている必要があります。手順については、サービス アカウントの作成をご覧ください。

Google Cloud クライアント ライブラリは、アプリケーションのデフォルト認証情報(ADC)を使用してアプリケーションの認証情報を検索します。GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数を設定することにより、これらの認証情報を指定します。

Linux / macOS

    export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=path-to-your-service-accounts-private-key

Windows

    set GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=path-to-your-service-accounts-private-key

PowerShell:

    $env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="path-to-your-service-accounts-private-key"

トレースの表示

デプロイ後は、Cloud Console Trace Viewer でトレースを表示できます。

Trace Viewer のページに移動

トラブルシューティング

Cloud Trace に関する問題のトラブルシューティングについては、トラブルシューティング ページをご覧ください。

リソース