App Engine リソースの閲覧

このドキュメントでは、Cloud Explorer を使用して App Engine リソースを閲覧する方法について説明します。

App Engine アプリの管理

Cloud Tools for Visual Studio を使用すると、Cloud Explorer を使用して Visual Studio から直接 App Engine アプリを管理できます。

Google Cloud Explorer

Cloud Explorer で App Engine ノードを選択すると、プロジェクトで実行されているすべてのサービスが一覧表示されます。各サービスを展開して、そのサービスにデプロイされているすべてのバージョン、トラフィック割り当て、そのステータスを表示できます。

Visual Studio からサービスまたはバージョンを右クリックして、一般的なオペレーションを直接実行できます。

サービス オペレーション

Cloud Explorer で App Engine サービスを右クリックすると、次のオプションを含むメニューが表示されます。

  • Open on Cloud Platform Console: 選択したサービスをウェブブラウザの GCP Console で開きます。

  • Properties: 選択したサービスのプロパティ ウィンドウを表示します。

  • Open Running Service: ウェブブラウザを開き、実行中のアプリを読み込みます。

  • Split Traffic: サービス上で実行されているさまざまなバージョンのトラフィック割り当てを管理します。このコマンドは、選択したサービスに複数のバージョンがある場合にのみ有効になります。

  • Filtering options: 表示しているバージョンをフィルタリングします。

    • Show Only Flexible Versions: App Engine フレキシブル環境で動作しているバージョンを表示します。

    • Show Only .NET Runtimes: aspnetcore App Engine フレキシブル環境ランタイムでコードを実行しているバージョンを表示します。

    • Show Only Versions with Traffic: トラフィックが割り当てられたバージョンを表示します。

バージョン オペレーション

Cloud Explorer でアプリのバージョンを右クリックすると、次のオプションを含むメニューが表示されます。

  • Open on Cloud Platform Console: 選択したバージョンをウェブブラウザの GCP Console で開きます。

  • Properties: 選択したバージョンのプロパティ ウィンドウを表示します。

  • Open Running Version: ウェブブラウザを開き、実行中のアプリの選択したバージョンを読み込みます。

  • Migrate all traffic: 選択したバージョンがすべてのトラフィックを受信していることを確認します。

  • Start/Stop Version: アプリのバージョンを開始または停止します。

  • Delete Version: アプリのバージョンが停止している場合は削除できます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Tools for Visual Studio