SSD ストレージか HDD ストレージかの選択

Cloud SQL インスタンスを作成するときは、データの保存先をソリッド ステート ドライブ(SSD)とハードディスク ドライブ(HDD)のどちらにするかを選択します。

  • SSD ストレージは、ほとんどのユースケースで最も効率的でコスト効果の高い選択肢です。
  • HDD ストレージは、大規模なデータセット(10 TB 超)で、レイテンシがあまり重要でない場合やアクセス頻度が低い場合に適切であることがあります。

どちらのタイプのストレージを選択した場合でも、多数の物理ドライブにわたって分散してレプリケーションされたファイル システムにデータが保存されます。

このページのガイドラインは、SSD か HDD かの選択に役立ちます。

判断に迷った場合は SSD ストレージを選択する

Cloud SQL インスタンスで SSD ストレージを使用するのが最適である理由を以下に示します。

  • SSD は HDD に比べて、動作が速いだけでなく、パフォーマンスの予測可能性にも優れています。
  • HDD のスループットには SSD のスループットより大きな制限があります。
  • HDD での個々の行の読み取りは低速です。ディスクのシーク時間のために、HDD ストレージでは SSD ストレージの読み取り行数(1 秒あたり)の 5% しかサポートされていません。ただし、大きな複数行のスキャンでは、それほどの低下はありません。
  • 大量のデータを保存しない限り、HDD によるコスト削減はごくわずかです。10 TB 以上のデータを保存する場合は、HDD ストレージの使用を検討してください。

HDD ストレージのユースケース

HDD ストレージは、以下の条件を満たしているユースケースに適しています。

  • 10 TB 以上のデータを保存する予定である。
  • ユーザー向けやレイテンシの影響を受けやすいアプリケーションを支援するデータを使用しない。
  • ワークロードは次のいずれかのカテゴリに分類されます。

    • バッチ ワークロード。スキャンと書き込みが行われます。また、少数の行の読み込みがまれにランダムに行われます。
    • データ アーカイブ。大量のデータの書き込みが行われます。そのデータの読み取りはほとんど行われません。

たとえば、多数のリモート センシング装置の詳細な履歴データを保存し、そのデータを使用して日次レポートを生成する予定がある場合には、パフォーマンスが低下しても HDD ストレージのコスト削減が優先されることがあります。それに対して、そのデータを使用してリアルタイム ダッシュボードを表示する場合は、読み取りが頻繁に行われるため、読み取り速度が非常に遅い HDD ストレージの使用は適切とはいえません

SSD ストレージと HDD ストレージの切り替え

Cloud SQL インスタンスを作成した後は、そのインスタンスでの SSD ストレージまたは HDD ストレージの選択は変更できません。Google Cloud Console を使用して、インスタンスで使用しているストレージのタイプは変更できません。

既存の HDD インスタンスを SSD に(またはその逆に)変更する必要がある場合には、既存のインスタンスからデータをエクスポートし、新規インスタンスにデータをインポートします。インスタンス全体の移行には時間がかかります。

次のステップ

SSD または HDD ストレージを持つインスタンスを作成する。