新しいノートブック インスタンスを作成する

は、

Cloud ML Notebooks(JupyterLab)インスタンスは、最新の機械学習およびデータ サイエンス ライブラリがプリインストールされたディープ ラーニング仮想マシン インスタンスです。ハードウェア アクセラレーション用に Nvidia GPU を含めることもできます。

始める前に

Google Cloud Platform(GCP)プロジェクトを作成して Compute Engine API を有効にするには、始める前にの手順を実行します。

デフォルトのオプションで新しいノートブックを作成する

デフォルトのオプションで Cloud ML Notebooks インスタンスを作成するには、次の手順を行います。

  1. Cloud Console に移動します。

  2. [+新しいインスタンス] を選択し、次にフレームワーク(TensorFlow など)とインスタンス タイプを選択します。インスタンス タイプの選択時に [Standard] か [With GPU] のどちらを選択すべきかわからない場合は、[Standard] を選択します。標準のインスタンスには後で GPU を追加できます。インスタンスに GPU を追加する方法については、ノートブックのハードウェア アクセラレータを管理するをご覧ください。

    Cloud ML Notebooks により新しいインスタンスが作成される

  3. [Install NVIDIA GPU driver automatically on first startup] のオプションを選択して(これは法的要件です)、[Continue] を選択します。

    NVIDIA GPU ドライバのインストールを確認する

  4. Cloud ML Notebooks により、選択したオプションに基づいて、デフォルトの名前(tensorflow-1550869641175 など)で新しいインスタンスが作成されます。

    ノートブックの一覧

新しいノートブックを作成し、インスタンスのオプションを指定する

デフォルトのインスタンス タイプ以外のオプションでインスタンスを作成する場合は、新しいインスタンスを作成して任意のオプションを指定できます。

Cloud ML Notebooks インスタンスを作成してインスタンスのオプションを指定するには、次の手順を行います。

  1. Cloud Console に移動します。

  2. [+新しいインスタンス] を選択し、次に [その他の設定項目] を選択します。

    Cloud ML Notebooks により、選択したオプションで新しいインスタンスが作成される

  3. [新しいノートブック インスタンス] ページで、新しいインスタンスについて次の情報を入力します。

    • [Instance name] - 新しいインスタンスの名前を入力します。
    • [Region] - 新しいインスタンスのリージョンを選択します。最適なネットワーク パフォーマンスを得るために、地理的に最も近いリージョンを選択してください。
    • [Zone] - 選択したリージョン内のゾーンを選択します。
    • [ML framework] - 新しい Cloud ML Notebooks インスタンスに使用する機械学習フレームワークを選択します。
    • [Machine type] - 新しいインスタンスの CPU 数と RAM 容量を選択します。Cloud ML Notebooks により、選択した各マシンタイプの毎月の費用見積もりが提示されます。
    • [GPU] - 新しいインスタンスの [GPU type] と [Number of GPUs] を選択します。GPU の種類については、Compute Engine の GPU をご覧ください。

      [Install NVIDIA GPU driver automatically on first startup] のオプションを選択します(これは法的要件です)。

      インスタンスの GPU のタイプと GPU の数は、作成後に変更できます。詳細については、ノートブックのハードウェア アクセラレータを管理するをご覧ください。

    • [Boot disk] - 新しいインスタンスの [Boot disk type] と [Boot disk size in GB] を選択します。

    インスタンスのオプションを指定する

  4. [CREATE] をクリックします。

  5. Cloud ML Notebooks により、選択したオプションと指定した名前で新しいインスタンスが作成されます。

    ノートブックの一覧

ノートブックを開く

ノートブック インスタンスを作成した後は、GCP プロジェクトに対する編集者権限を持っていれば誰でも、そのノートブックにアクセスできます。

ノートブックを開くには:

  1. Cloud Console に移動します。

  2. [ノートブック インスタンス] を選択します。

  3. 開きたいノートブックの [JupyterLab を開く] を選択します。

    ノートブックの一覧

  4. Cloud ML Notebooks により、ノートブック インスタンスの URL に自動的に移動します。たとえば、https://18390f97483e752e-dot-datalab-vm-us-west1.googleusercontent.com/lab? です。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Machine Learning Engine(Cloud ML Engine)