ロケーション

Google Cloud Platform のロケーションを表すリソース。

JSON 表現

{
  "name": string,
  "locationId": string,
  "displayName": string,
  "labels": {
    string: string,
    ...
  },
  "metadata": {
    "@type": string,
    field1: ...,
    ...
  }
}
項目
name

string

ロケーションに対応するリソース名。実装ごとに異なる場合があります。例: "projects/example-project/locations/us-east1"

locationId

string

このロケーションの正規 ID。例: "us-east1"

displayName

string

このロケーションのわかりやすい名前。通常は、近くの都市名です。たとえば、「東京」などです。

labels

map (key: string, value: string)

サービス間にまたがり有効なロケーションに対応する属性。例:


{"cloud.googleapis.com/region": "us-east1"}

metadata

object

サービス固有のメタデータ。たとえば、特定のロケーションで使用可能な容量などです。

任意の型のフィールドを含むオブジェクト。タイプを識別する URI を含む追加フィールド "@type"。例: { "id": 1234, "@type": "types.example.com/standard/id" }

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud KMS ドキュメント