ダイレクト ピアリング

ダイレクト ピアリングにより、お客様のビジネス ネットワークと Google のエッジ ネットワークとの間に直接的なピアリング接続を確立でき、高スループットのクラウド トラフィックを送受信できます。この機能は、世界 33 か国に展開する 100 以上のロケーションで利用可能です。Google のエッジ ロケーションについて詳しくは、Google のピアリング サイトをご覧ください。

ただし、ダイレクト ピアリングは Google Cloud Platform の外部に存在します。GCP へのアクセス方法としては、Cloud Interconnect - Dedicated または Cloud Interconnect - Partner が推奨されます。

次のセクションを参照して、これらのソリューションのどれが適しているかを判断してください。

選び方

次の表は、ダイレクト ピアリングと Cloud Interconnect の違いを示したものです。

ダイレクト ピアリング Cloud Interconnect
GCP によって使用できますが、必須ではありません GCP が必要
お客様のオンプレミス ネットワークから、G Suite や Google Cloud Platform プロダクトのフルパッケージを含む Google サービスに直接アクセスできます。 お客様のオンプレミス ネットワークから、G Suite にはアクセスできませんが、他のすべての Google Cloud Platform プロダクトおよびサービスにアクセスできます。オンプレミス ホストからの限定公開の Google アクセスを使用して、サポートされている API やサービスにアクセスすることもできます。
セットアップ費や維持費はかかりません 維持費(料金)がかかります
同じ大陸のロケーションや有効なプロジェクト内の GCP リソースからのお客様のオンプレミス ネットワークへのインターネット下り料金を割引(詳細) 相互接続を介して送信されるトラフィックの標準下り料金が適用されます(料金)
Google のエッジ ネットワークに接続 Google のエッジ ネットワークに接続
GCP オブジェクトを使用しないため、構成は GCP プロジェクトからは見えません 相互接続、相互接続のアタッチメント(VLAN)、Cloud Router などの GCP オブジェクトを使用
宛先 IP アドレス範囲をお客様のオンプレミス ネットワークに変更する必要がある場合は、Google への連絡が必要です。 プロジェクト内でお客様のルーターが Cloud Router と共有するルートを調整することで、宛先 IP アドレス範囲をお客様のオンプレミス ネットワークに簡単に変更できます。
お客様のオンプレミス ネットワークへのルートは、GCP プロジェクトのどの VPC ネットワークにも表示されません。 お客様のオンプレミス ネットワークへのルートは、プロジェクト内の Cloud Router によって学習され、VPC ネットワーク内のカスタム動的ルートとして適用されます。

仕組み

Google とのダイレクト ピアリングでは、Google とお客様のオンプレミス ネットワーク間の BGP ルートを交換します。ダイレクト ピアリングが確立すると、お客様のオンプレミス ネットワークから、Google Cloud Platform プロダクトのフルパッケージを含む Google サービスに、直接アクセスできます。

Cloud Interconnect では GCP が必要で、オンプレミス ネットワークを特定の Virtual Private Cloud ネットワークに接続します。VPC ネットワーク構成の一部として、VPC ネットワーク内のルートでは、どの宛先が相互接続を介して送信されるかが明確に表示されます。ネクストホップは、相互接続のアタッチメント(VLAN)のルートを管理する Cloud Router の BGP セッションの BGP ピアです。オンプレミス ルーターからルートをアドバタイズすることで、これらの宛先を自分で簡単に変更できます。

それに対して、ダイレクト ピアリングを GCP で使用した場合、VPC ネットワークでカスタムルートは作成されません。VPC ネットワークのリソースから送信されたトラフィックは、ネクストホップがデフォルトのインターネット ゲートウェイ(デフォルト ルートなど)または Cloud VPN トンネルのいずれかであるルートを経由して出ます。トラフィックの宛先がお客様のオンプレミスの IP 範囲と一致する場合は、以下の説明にあるように、下り料金の割引対象となることがあります。

ネクストホップが Cloud VPN トンネルであるルートを使用して、ダイレクト ピアリングを介してトラフィックを送信するには、お客様のオンプレミス ネットワークの VPN ゲートウェイの IP アドレスが構成済みの宛先範囲内にある必要があります。

Google とのピアリングの対象

ピアリングのページに記載された Google のピアリングの技術要件を満たしている Google Cloud Platform をご利用のすべてのお客様が、ダイレクト ピアリング サービスの対象となります。Google では、インターネット エクスチェンジ(IXP)と PeeringDB エントリに記載されているプライベート施設でピアリングを行います。

スタートガイド

ピアリング接続の新規確立をご希望の場合は、Google のピアリング チームまでご連絡ください。お客様が記載された技術要件を満たしている場合は、Google の担当者より詳細をご連絡し、申請プロセスをご案内いたします。

料金

Google とのダイレクト ピアリング接続の確立に料金はかかりません。ポートまたはフラクショナル ポートあたりの費用、時間単位での課金もありません。

GCP プロジェクトは、ピアリングされたネットワークに送信されたトラフィックの下りデータ料金の割引対象です。GCP のセールスチームに連絡し、ピアリングされたネットワークの IP 範囲へのダイレクト ピアリングの下り料金の割引を受けるようにプロジェクトを有効にするよう要求する必要があります。

ダイレクト ピアリング接続による下り料金の割引は、次の条件下で受けられます。

  • トラフィックの送信元 GCP リソースの大陸のロケーションが、ピアリングされたネットワークの大陸のロケーションと同じであり、かつ
  • 下りトラフィックの宛先が、ピアリングされたネットワークの IP 範囲内にあり、かつ
  • プロジェクトが、ピアリングされたネットワークの IP 範囲のダイレクト ピアリングの下り料金に関して有効である必要があります。

たとえば、お客様のオンプレミス ネットワークが 203.0.113.0/24 の範囲を使用し、北米にあるとします。有効化されたプロジェクトから、北米の任意のゾーンの任意の VM から 203.0.113.0/24 へ送信された下りトラフィックは、次の表に示されているダイレクト ピアリングの下り料金で課金されます。

大陸のロケーション ダイレクト ピアリングの下り料金
NA $0.04/GB
EU $0.05/GB
APAC $0.06/GB

お客様のオンプレミス ネットワーク以外の宛先への下りトラフィックを含む、他のすべてのトラフィックは、Google Cloud Platform の標準料金で課金されます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...