割り当てと上限

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Error Reporting の使用には、以下の上限が適用されます。

API アクティビティの上限

割り当て名 上限
1 日あたりのエラー イベント データのリクエスト 3,000
1 ユーザー、1 分あたりのエラー イベント データのリクエスト 60
1 日あたりのエラー グループ メタデータのリクエスト 3,000
1 ユーザー、1 分あたりのエラー グループ メタデータのリクエスト 60
1 日あたりのエラーレポート 170,000
1 分あたりのエラーレポート 6,000

現在の API のアクティビティと割り当ては、API ダッシュボードでも確認できます。API をクリックして [割り当て] を選択すると、上限が表示されます。

Error Reporting API の割り当て変更のリクエスト

Google Cloud コンソールを使用して、Error Reporting API の上限の引き上げまたは引き下げをリクエストできます。

  1. [割り当て] ページで、チェックボックスを使用して Error Reporting API を選択し、[割り当てを編集] をクリックします。

    エラー Edit is not allowed for this quota が発生した場合は、サポートに連絡して割り当ての変更をリクエストします。また、チェックボックスをクリックするために、Cloud プロジェクトで課金を有効にする必要があります。

  2. [割り当ての変更] パネルで、サービスを選択してビューを展開し、[新しい上限] フィールドと [リクエストの説明] フィールドに情報を入力します。[次へ] をクリックします。

  3. [連絡先の詳細] パネルでフォームに入力します。

  4. [リクエストを送信] をクリックします。

詳細については、割り当ての操作をご覧ください。

デプロイの上限

デプロイとエラーグループのペアの上限は 10,000 個です。デプロイは、serviceversion の組み合わせごとに 1 つとカウントされます。この上限に達すると、Error Reporting は、最も古い(または最初に修正された)デプロイと、それに関連するエラーデータを破棄します。

データの保持期間

Error Reporting 内の情報は 30 日間保持されます。