一致の可能性

結果は、一致の可能性で分類されます。Cloud Data Loss Prevention(DLP)では、バケット化された可能性の値を使用します。この値は、データの一部が特定の infoType に一致する可能性を表します。

リクエストで、取得するスキャン結果の最小の可能性レベルを設定します。次の表は、一致する可能性が低いと考えられる順に、可能性の値を一覧にしたものです。

ENUM 説明
LIKELIHOOD_UNSPECIFIED デフォルト値。POSSIBLE と同じです。
VERY_UNLIKELY データが特定の InfoType に一致する可能性が非常に低いことを表します。
UNLIKELY データが特定の InfoType に一致する可能性が低いことを表します。
POSSIBLE データが特定の InfoType に一致する可能性があることを表します。
LIKELY データが特定の InfoType に一致する可能性が高いことを表します。
VERY_LIKELY データが特定の InfoType に一致する可能性が非常に高いことを表します。

設定した可能性は、レスポンスで返される一致要素の数に影響します。たとえば、可能性が POSSIBLE に設定されたリクエストの場合、POSSIBLELIKELYVERY_LIKELY に一致する結果が生成されます。可能性が VERY_LIKELY に設定されたリクエストは、最小数の結果が生成されます。このレスポンスには、リクエストがスキャンしている InfoType にほぼ一致する結果のみが含まれます。