分類の取得

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

既存の分類を取得します。

コードサンプル

Go

このサンプルを試す前に、クライアント ライブラリを使用した Data Catalog のクイックスタートにある Go の設定手順を行ってください。詳細については、Data Catalog Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	datacatalog "cloud.google.com/go/datacatalog/apiv1beta1"
	"cloud.google.com/go/datacatalog/apiv1beta1/datacatalogpb"
)

// getTaxonomy prints information about a given taxonomy.
func getTaxonomy(w io.Writer, taxonomyID string) error {
	// taxonomyID := "projects/myproject/locations/us/taxonomies/1234"
	ctx := context.Background()
	policyClient, err := datacatalog.NewPolicyTagManagerClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("datacatalog.NewPolicyTagManagerClient: %v", err)
	}
	defer policyClient.Close()

	req := &datacatalogpb.GetTaxonomyRequest{
		Name: taxonomyID,
	}
	resp, err := policyClient.GetTaxonomy(ctx, req)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("GetTaxonomy: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Taxonomy %s has Display Name %s and Description: %s\n", resp.Name, resp.DisplayName, resp.Description)
	return nil
}

Node.js

このサンプルを試す前に、クライアント ライブラリを使用した Data Catalog のクイックスタートにある Node.js の設定手順を行ってください。詳細については、Data Catalog Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Import the Google Cloud client library.
const {PolicyTagManagerClient} = require('@google-cloud/datacatalog').v1;
const policyTagManager = new PolicyTagManagerClient();

async function getTaxonomy() {
  /**
   * TODO(developer): Uncomment the following line before running the sample.
   */
  // const projectId = 'my_project'; // Google Cloud Platform project
  // const location = 'us';
  // const taxonomy = 'my_existing_taxonomy';
  // const taxonomyName = `projects/${projectId}/locations/${location}/taxonomies/${taxonomy}`;

  const request = {
    name: taxonomyName,
  };

  try {
    const [taxonomy] = await policyTagManager.getTaxonomy(request);
    console.log(`Retrieved taxonomy: ${taxonomy.name}`);
  } catch (e) {
    console.error(e);
    process.exitCode = 1;
  }
}

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。