ベータ版機能のサポート

このページでは、Cloud Composer でベータ版機能を有効にして使用する方法について説明します。

ベータ版機能は機能としては完全ですが、未解決の問題が含まれている場合があります。通常、ベータ版機能であることはその機能にアクセスしているインターフェースに示されます。たとえば、API エンドポイント URL のバージョンの部分に Beta が含まれたり、Google Cloud Platform Console では Beta 版機能の構成に使用するフィールドの横に Beta タグが付けられたりします。Cloud Composer のドキュメントには、その機能がベータ版であることも記載されます。

Cloud Composer が提供するベータ版機能は、サービスレベル契約(SLA)や非推奨ポリシーの対象ではありません。また、一部の変更により Cloud Composer の以前のリリースとの下位互換性がなくなる場合があります。ベータ版リリースは限られた本番環境のユースケースに適しています。

ベータ版機能

ベータ版に含まれている機能を確認するには、リリースノートをご覧ください。

Cloud Composer のベータ版機能を使用するには、次の表を参照してください。

インターフェース 方法
Cloud SDK gcloud beta composer
Cloud Composer API v1beta1 REST または RPC API
GCP Console ベータ版機能を有効にする

GCP Console でベータ版機能を有効にする

ベータ版機能を有効にするには、次の手順を行います。

  1. GCP Console で、プロジェクトの [環境] ページを開きます。

    [環境] ページを開く

  2. ページの右上にある [ベータ版の機能を有効にする] をオンにします。

プロジェクトの Cloud Composer 環境でベータ版機能を構成できるようになりました。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...