顧客事例

Netmarble のチーム コラボレーション、ゲーム開発、顧客リーチを後押しする Google Cloud の AI 機能

GCP_Gaming_Netmarbles.jpg

※この投稿は米国時間 2019 年 9 月 5 日に Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。


Netmarble は、20 年足らずの間に急成長した、世界最大級のモバイル ゲーム会社の 1 つです。120 か国で 35 タイトル以上のゲームをリリースし、『Blade & Soul Revolution』や『Lineage 2 : Revolution』のほか、最近では『BTS World』という MMORPG ゲームをヒットさせています。


私たち Google Cloud が Netmarble と仕事をするようになったのは 2017 年で、当初は Google Cloud Platform(GCP)への移行を支援するためでした。その後、クラウドのツールやサービスを同社に提供し、多くのゲーム会社が直面するビジネス上の課題を解決することに協力しています。


現在は、Netmarble の AI への取り組みを全面的に管理する同社の AI センターで共同作業を行っています。AI をゲームのインフラストラクチャと運用に応用することにより、同社はチーム コラボレーションの活性化、円滑なゲーム開発、さまざまな地域へのリーチ拡大など多くのメリットを享受しています。


この投稿では、Netmarble と同社 AI センターのチームがどのようにして Cloud AI をビジネスのあらゆる側面に浸透させ、開発、ゲーム サービスおよび運用、マーケティング、プレーヤー エクスペリエンス全般を発展させているかを、3 つの取り組みを例に挙げて紹介します。


ゲーム サービス運用における ML : チャーン要因分析とチャーン予測、ゲーム内での異常行動の検出

大勢のオンラインおよびモバイル ユーザーを抱える Netmarble のようなゲーム会社は、プレーヤーを引きつけるだけでなく、維持していかなければなりません。そのため、プレーヤーがゲームをやめてしまう(チャーンと呼ばれます)の理由を知ることはきわめて重要です。


Netmarble はそこから一歩先に進み、やめそうな人、残りそうな人、働きかけが必要な人といった形でプレーヤーを分類したチャーン予測レポートを作成しています。このレポートを基に、Netmarble チームは毎日、それぞれのグループに対してどのようなアクションを実行するかを決めています。


Netmarble の上級副社長で AI センター長の Duke Kim 氏は、チャーン予測レポートを「以前なら得られなかったタイプの情報であり、とても貴重なリソース」としたうえで、次のように述べています。「私たちの次の目標は、特定のプレーヤーがどれくらいの確率でプレーをやめるのかといった難しい問いにも答えられるように、レポートの内容をより豊かにすることです。『やめる確率が高い』と分類されたユーザーを引き止める方策についても検討できるようにしたいと考えています。」


ユーザーを引き止める方法の 1 つは新しいコンテンツを絶えず追加することですが、QA チームが対応しなければならないバグが増えるなど、意図せぬ結果を招く可能性があります。そこで Netmarble では、自動テストに機械学習(ML)を活用し、正式リリース日のあとでも、すぐにバグを見つけられるようにしています。


ゲームが正式にリリースされると、多数の不正ユーザー(ハッカーやボットなど)を含む数百万ものユーザーがゲームにアクセスするようになります。そのため、Netmarble では Google Cloud の AI Platform を使用して、不正ユーザーの検出に用いる ML モデルを作成しています。ゲームにアクセスするユーザーの行動や利用パターンを学習することは、異常行動をすばやく検出、分析、集計してさらなる評価を行い、レポートの質を高めることにつがなります。


マーケティングにおける ML : 多市場プロモーションと広告詐欺対策

ゲームのマーケティングは、リード ジェネレーション、デジタル コミュニケーション、ゲーム ローンチ プロモーションなど考慮すべき要素がたくさんあり、複雑です。しかも、Netmarble は 1 つの市場だけでなく、欧米とアジアの両市場を相手に戦略を立て、広告詐欺と戦わなければなりません。


マーケティングに関する課題に対処するため、Netmarble は、サーバーレスで拡張性に優れ、コスト効果も高いクラウド データ ウェアハウスの BigQuery を使用して、ROAS(広告費用対効果)予測システムを構築しました。このツールは、さまざまな地域で投入したマーケティング費用の回収時期を予測するのに役立ちます。同社の LTV(顧客生涯価値)予測ソリューションは、マーケターが必要とするコホート別にユーザーの価値を評価できます。


また、さまざまな広告詐欺の手口に対処するべく、検出および仲介プロセスの一部に機械学習と一般ルールベースの両方を取り入れて異種トラフィックを分類する広告詐欺検出システムを使用しています。このようにして Netmarble は新しい媒体やチャネルをテストし、無効なクリックとコンバージョンを防いでいます。


「適切なオーディエンスに効果的にリーチし、その人たちが私たちのゲームと最高のタッチポイントを持つことを確認するには、よく練られたマーケティング手順を用意する必要があります。Google Cloud の AI Platform は、このような要件に最適な社内ソリューションを、コスト効率のよい形で迅速に構築するのに必要なアジリティと技術力を提供してくれます。」(Kim 氏)


ゲーム開発における ML : AI エージェント、バランス チェック、アニメーション

Netmarble が開発するゲームのタイプがこの 19 年で進化したのと軌を一にして、同社のゲーム開発に対するアプローチも発展してきています。


現在、Netmarble の開発チームが重点を置いているのは、個々のプレーヤーに最良のゲーム エクスペリエンスを提供する AI エージェントの開発です。同社では、近くリリースするこのエージェントを通じて、ゲームのレベルやタスク、チャレンジをプレーヤーのスキルに合わせて調整し、それによってエクスペリエンスをカスタマイズしようとしており、究極的には定着率を上げることを目指しています。AI エージェントは、パーソナライズされたユーザー エクスペリエンスをプレーヤーに提供するとともに、プレーヤーがそのゲームをどう感じているかをチェックします。また、インターネットが突然ダウンするといった問題が生じたときでも、プレーヤーに代わってゲームをプレーすることができます。


Netmarble は、音声やアニメーションにも AI を活用しようとしています。ゲーム内のカット シーンのほか、ノンプレーヤー キャラクター(NPC)の表情も AI で描こうとしているのです。ML のスクリプトがマウスの動きに合わせて NPC の音声を呼び出します。


「AI がゲームにもたらす機能なんて今まで想像すらできませんでした。私たちはまだ AI のメリットのほんの一部をゲームに生かしているだけです。1 年後、5 年後、10 年後に何が生まれるのかを考えるとわくわくします。うれしいのは、Google の Cloud AI テクノロジーをゲームに取り込むのが簡単なことです。通常は 1 か月ほどで取り込めます。Google が共同作業のパートナーでいてくれるので、私たちには最新の AI をすばやく取り入れて前進できる自信があります。」(Kim 氏)


この 3 年間で Netmarble やその AI センターのチームと緊密な関係を築けたことは、私たち Google Cloud にとってすばらしいことでした。これからも、Netmarble がビジネス ゴールと顧客にリーチし続けられるよう支援していきたいと考えています。


Google Cloud 上でのゲーム開発について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。また、Deployed AI のユース ケースについては、こちらの最新ブログをご覧ください。


- By Sunil Rayan, Google Cloud for Games Managing Director and Duke Donghyun Kim, SVP, Head of Netmarble AI Revolution Center