Google Cloud Platform

Cloud OnAir 番組レポート :Google Cloud Next '18 より、インフラ関連製品のアップデートをまとめて解説

Cloud OnAir は、Google Cloud の製品をわかりやすく解説し、最新の情報などをいち早く皆様にお伝えする Online 番組です。

今回は、「Google Cloud Next '18 振り返り。 インフラストラクチャはこう変わる!」がテーマです。Google Cloud Next '18 で発表されたさまざまな製品やサービスの中で、特に、コンピュート、ストレージ、ネットワークに絞って解説します。

コンピュート関連

  • ハードウェア : 大規模コンピューティングのニーズに応えるため、ハードウェアのアップデートが行われました。ハイスペックな CPU、メモリ、GPU がメニューに加わりました。
  • App Engine : 第 2 世代のランタイムとなり、サポート言語の選択肢も増えました。
  • GKE On-Prem : オンプレミスコンテナを Google Kubernetes Engine(GKE) のようにオーケストレーションするツールです。複数環境の Kubernetes クラスターを 1 つの画面で確認できます。現在はアルファ版です。
  • マネージド Istio : マイクロサービスの運用を安定的かつセキュアに行うことを支援します。サービス間のトラフィックの管理やロードバランシング、暗号化や認証、モニタリングなどを実現します。Stackdriver Service Monitoring と連携することも可能となります。
  • GKE Network Endpoint Group : コンテナネイティブのロードバランスを実現し、通信経路の最適化をサポートします(英語資料)。

ストレージ関連

  • Cloud SQL : フルマネージドのデータベースサービスで、PostgreSQL と MySQL を利用することができます。このたび、プライベート IP での接続に対応し、VPC 接続下での利用も可能となります。パブリックIPよりもレイテンシーが小さいというメリットがあります。
  • Cloud Spanner : マネージドなスケーラブル DB サービスです。リレーショナル データベースと非リレーショナル データベースの特徴を兼ね備え、水平スケーリングを実現します。Import/Export 機能が充実し、DMLにも対応しました。
  • Cloud Memorystore for Redis : Google が管理する、スケーラブルで安全かつ可用性の高いインフラストラクチャ上に構築されたフルマネージドのインメモリ データストアです。このたび、ベータから GA になりました。

ネットワーク

  • Cloud Load Balancing : QUICをサポート。軽量で高速な通信を実現します。設定も簡単です(関連記事)。
  • Cloud NAT : フルマネージドの Cloud NAT サービスです。インターネットから内部リソースに対してのアクセスを効率よく制限することができます(関連記事)。

アーキテクチャを選択する

システムの目的や運用要件の違いによって、様々なアーキテクチャが存在します。GCP では、コンピュート関連のサービスだけでも、Google Compute Engine、Google Kubernetes Engine、App Engine という選択肢がありますし、ストレージにも、Cloud SQL、Cloud Spanner、Cloud Memorystore があります。それぞれに適した用途があり、機能面や非機能面での特徴も異なります。このため、どういう製品やサービスを選に、目的にあったアーキテクチャを採択するかは常に課題です。番組中盤では、このアーキテクチャの選択について具体例を上げて解説します。

onair17

番組で説明した資料はこちらで公開しています。

cloud-onair-google-cloud-next-18-20181025-1-638.jpg

Cloud OnAir では、各回 Google Cloud のエンジニアがトピックを設け、Google Cloud の最新情報を解説しています。過去の番組、説明資料、さらには視聴者からの質問と回答はこちらよりご覧いただけます。 最新の情報を得るためにもまずはご登録をお願いします。