Admin API の試用

Admin API を試すには、OAuth 2.0 PlaygroundAPIs Explorer の 2 つの方法があります。

OAuth 2.0 Playground

OAuth 2.0 Playground では、認証フローのプレビュー、アクセス トークンの取得、HTTP リクエストの送信ができます。OAuth 2.0 Playground を使用するには:

  1. OAuth 2.0 Playground を開きます。
  2. ステップ 1 では、https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform スコープが事前に選択されています。[Authorize APIs] をクリックすると、認証フローが開始します。
  3. [Allow] をクリックして「暗黙的な認証フロー」に従い、Google OAuth 2.0 Playground による GCP サービスへのアクセスを承認します。
  4. ステップ 2 で [Exchange authorization code for tokens] をクリックして、アクセス トークンを受信します。

  5. ステップ 3 で、[Request URI] には URI の例が事前に入力されています。

    https://appengine.googleapis.com/v1/apps/{appsId}/services/default
    

    {appsId} を Google Cloud Platform プロジェクトの ID に置き換えて [Send the request] をクリックすると、プロジェクトの default サービスの詳細が表示されます。

    この URI フィールドを使用して、プロジェクトで指定したリソースに対して HTTP リクエストを送信できます。リクエスト URI でのリソースの指定について詳しくは、Admin API の REST をご覧ください。

    ヒント: [List possible operations] をクリックし、[Google App Engine Admin API] セクションにスクロールすると、HTTP リクエストの一覧を確認できます。オペレーションを選択すると、[Request URI] にテンプレートの URI が入力されます。これには、リクエストを送信する前にリソースの ID を指定する必要があります。

API Explorer

APIs Explorer を使用すると、Admin API のすべてのメソッド、フィールド、説明の一覧を表示できます。一覧の項目をクリックすると URI が生成され、指定したリソースに HTTP リクエストが送信されます。

APIs Explorer を使用するには:

  1. APIs Explorer を開きます。
  2. 試したいメソッドを選択します。
  3. プロジェクト内、およびサポートされているフィールド内のリソースの ID を指定します。
  4. [Execute] をクリックしてプロジェクトに HTTP リクエストを送信すると、生成されたリクエスト URI と HTTP レスポンスが表示されます。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...