バージョニングと用語

Apigee ハイブリッドは、マルチクラウド環境間での API の管理を可能にする、ランタイム プレーン、管理プレーンと、一連の GCP サービスで構成されたプラットフォームです。

バージョニング

Apigee ハイブリッドのコンポーネントのリリース ステージを、次の表に示します。

プラットフォーム コンポーネント ハイブリッド サービス 解放
管理プレーン
Analytics / UAP GA
Apigee API GA
Apigee ハイブリッド UI GA
統合ポータル GA
ランタイム / コンテナ化されたアプリ
Cassandra(ランタイム データストア) 1.1.x
Istio 1.1.x
MART 1.1.x
Message Processors 1.1.x
Synchronizer 1.1.x
UDCA 1.1.x

より詳しく:

API

Apigee のドキュメントでは、次の種類の Apigee API についてそれぞれ説明しています。

  • Apigee APIs:
    • 目的: ハイブリッド対応の Apigee 組織を構成、管理する。
    • ベース URL: "apigee.googleapis.com"
    • 注: Apigee API ドキュメントをご覧ください。
  • Apigee Edge API:
    • 目的: Apigee Edge(Edge for Private Cloud を含む)を構成、管理する。
    • ベース URL: “api.enterprise.apigee.com”
    • 注: ハイブリッド対応の Apigee 組織には使用できません。

組織

Apigee 組織は、API プロキシ、API プロダクト、API パッケージ、アプリ、デベロッパーなどの Apigee アカウント内のすべてのエンティティを格納するコンテナです。このドキュメントでは、「Apigee 組織」と「ハイブリッド対応組織」を同じ意味で使用しています。

ハイブリッドをインストールして使用するには、Google Cloud プロジェクトにバインドされた Apigee 組織が必要です。これは、組織を作成するときにプロビジョニングというプロセスで行います。

Apigee 組織は、GCP 組織と同じではありません意味が曖昧になる可能性がある場合、このドキュメントでは「組織」を Apigee 組織と明記します。

その他の用語

ハイブリッド関連用語の定義については、用語集をご覧ください。