Message Processor

Apigee ハイブリッドにおいて、Message Processor(MP)は、受信 API リクエストの処理、ポリシーの実行、ターゲット サービスへの API リクエストのプロキシを担う主要なコンポーネントです。この処理を行うため、MP はローカルのランタイム Cassandra データベースとやり取りし、ホストファイル システムへの読み取り専用アクセス権を持ちます。そこで、プロキシ、リソース、ターゲット サーバーなど、起動時に必要なその他の Edge エンティティが読み込まれます。

内部では、それぞれの環境は、プロキシ リクエストの処理、ポリシーの適用、ターゲット サービスとの間でトラフィックのルーティングを行う 1 つの Message Processor のみに割り当てられます。したがって、ホスト エイリアスによって、どの Message Processor が特定の受信リクエストを受信するかが決まります。

ランタイム プレーンについてもご覧ください。