バージョン 1.9. このバージョンは、Anthos バージョン サポート ポリシーに記載されているようにサポートされており、Anthos clusters on VMware(GKE On-Prem)に影響を与えるセキュリティの脆弱性、露出、問題に関する最新のパッチとアップデートが提供されます。詳細については、リリースノートをご覧ください。これは最新バージョンではありません。

Anthos clusters on VMware のダウンロード

このページでは、次の Anthos clusters on VMware(GKE On-Prem)エンティティをダウンロードするコマンドについて説明します。

  • gkectl コマンドライン ツール
  • gkeadm コマンドライン ツール
  • Anthos clusters on VMware アップグレード バンドル
  • 管理ワークステーション Open Virtual Appliance(OVA)

このページに記載されているコマンドの一部は、ノートパソコンまたはワークステーションで実行されます。その他のコマンドは、管理ワークステーションで実行されます。

ログイン

任意の Google アカウントでログインします。

gcloud auth login

1.9.2-gke.4

gkeadm

ノートパソコンまたはワークステーションから、gkeadm をダウンロードして実行可能にします。

  • Linux:

    gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkeadm/1.9.2-gke.4/linux/gkeadm ./
    chmod +x gkeadm
    
  • Windows:

    gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkeadm/1.9.2-gke.4/windows/gkeadm.exe ./
    
  • macOS Catalina:

    gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkeadm/1.9.2-gke.4/darwin/gkeadm ./
    chmod +x gkeadm
    

gkectl

管理ワークステーションから、gkectl をダウンロードして実行可能にします。

sudo -E gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkectl/1.9.2-gke.4/gkectl /usr/bin/gkectl
sudo chmod +x /usr/bin/gkectl

バンドル

管理ワークステーションから、バンドルをダウンロードします。

sudo -E gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gke-onprem-bundle/1.9.2-gke.4/gke-onprem-vsphere-1.9.2-gke.4.tgz /var/lib/gke/bundles/gke-onprem-vsphere-1.9.2-gke.4.tgz

OVA

個人用のノートパソコンまたはワークステーションから、OVA をダウンロードします。

gsutil cp gs://gke-on-prem-release/admin-appliance/1.9.2-gke.4/gke-on-prem-admin-appliance-vsphere-1.9.2-gke.4.ova ./

1.9.1-gke.6

gkeadm

ノートパソコンまたはワークステーションから、gkeadm をダウンロードして実行可能にします。

  • Linux:

    gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkeadm/1.9.1-gke.6/linux/gkeadm ./
    chmod +x gkeadm
    
  • Windows:

    gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkeadm/1.9.1-gke.6/windows/gkeadm.exe ./
    
  • macOS Catalina:

    gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkeadm/1.9.1-gke.6/darwin/gkeadm ./
    chmod +x gkeadm
    

gkectl

管理ワークステーションから、gkectl をダウンロードして実行可能にします。

sudo -E gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkectl/1.9.1-gke.6/gkectl /usr/bin/gkectl
sudo chmod +x /usr/bin/gkectl

バンドル

管理ワークステーションから、バンドルをダウンロードします。

sudo -E gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gke-onprem-bundle/1.9.1-gke.6/gke-onprem-vsphere-1.9.1-gke.6.tgz /var/lib/gke/bundles/gke-onprem-vsphere-1.9.1-gke.6.tgz

OVA

個人用のノートパソコンまたはワークステーションから、OVA をダウンロードします。

gsutil cp gs://gke-on-prem-release/admin-appliance/1.9.1-gke.6/gke-on-prem-admin-appliance-vsphere-1.9.1-gke.6.ova ./

1.9.0-gke.8

gkeadm

ノートパソコンまたはワークステーションから、gkeadm をダウンロードして実行可能にします。

  • Linux:

    gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkeadm/1.9.0-gke.8/linux/gkeadm ./
    chmod +x gkeadm
    
  • Windows:

    gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkeadm/1.9.0-gke.8/windows/gkeadm.exe ./
    
  • macOS Catalina:

    gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkeadm/1.9.0-gke.8/darwin/gkeadm ./
    chmod +x gkeadm
    

gkectl

管理ワークステーションから、gkectl をダウンロードして実行可能にします。

sudo -E gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkectl/1.9.0-gke.8/gkectl /usr/bin/gkectl
sudo chmod +x /usr/bin/gkectl

バンドル

管理ワークステーションから、バンドルをダウンロードします。

sudo -E gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gke-onprem-bundle/1.9.0-gke.8/gke-onprem-vsphere-1.9.0-gke.8.tgz /var/lib/gke/bundles/gke-onprem-vsphere-1.9.0-gke.8.tgz

OVA

個人用のノートパソコンまたはワークステーションから、OVA をダウンロードします。

gsutil cp gs://gke-on-prem-release/admin-appliance/1.9.0-gke.8/gke-on-prem-admin-appliance-vsphere-1.9.0-gke.8.ova ./

openssl を使用して OVA を検証する

openssl を使用して、ダウンロードした OVA ファイルを署名ファイル(SIG)と照合できます。VERSION をファイルのバージョンに置き換えます。

openssl dgst -verify - -signature ~/gke-on-prem-admin-appliance-vsphere-VERSION.ova.1.sig ~/gke-on-prem-admin-appliance-vsphere-VERSION.ova <<'EOF'
-----BEGIN PUBLIC KEY-----
MFkwEwYHKoZIzj0CAQYIKoZIzj0DAQcDQgAEWZrGCUaJJr1H8a36sG4UUoXvlXvZ
wQfk16sxprI2gOJ2vFFggdq3ixF2h4qNBt0kI7ciDhgpwS8t+/960IsIgw==
-----END PUBLIC KEY-----
EOF

このコマンドで想定される出力は Verified OK です。

openssl を使用して gkectl を確認する

openssl を使用して、gkectl バイナリを公開鍵と照合します。ここで、VERSION はファイルのバージョンです。

sudo -E gsutil cp gs://gke-on-prem-release/gkectl/VERSION/gkectl.1.sig /tmp/gkectl.1.sig
openssl dgst -verify - -signature /tmp/gkectl.1.sig /usr/bin/gkectl <<'EOF'
-----BEGIN PUBLIC KEY-----
MFkwEwYHKoZIzj0CAQYIKoZIzj0DAQcDQgAEWZrGCUaJJr1H8a36sG4UUoXvlXvZ
wQfk16sxprI2gOJ2vFFggdq3ixF2h4qNBt0kI7ciDhgpwS8t+/960IsIgw==
-----END PUBLIC KEY-----
EOF

このコマンドで想定される出力は Verified OK です。