バージョン 1.3このバージョンは、Anthos バージョン サポート ポリシーに記載のとおり、サポートを終了しています。Anthos clusters on VMware (GKE on-prem) に影響するセキュリティの脆弱性、露出、問題に対する最新のパッチとアップデートを適用するには、サポート対象のバージョンにアップグレードしてください。最新バージョンはこちらで確認できます。

vSphere の要件

GKE On-Prem は vSphere 6.5 または 6.7 Update 3 環境のデータセンターで動作します。このトピックでは、ストレージ、CPU、RAM、仮想ネットワークを含む vSphere 環境の要件について説明します。

ハードウェアの要件

GKE On-Prem は、VMware ESXi ハイパーバイザを実行する一連の物理ホストで実行されます。ESXi のハードウェア要件については、ESXi ハードウェア要件をご覧ください。

vSphere の要件

vSphere は VMware のサーバー仮想化ソフトウェアです。GKE On-Prem は VMware の vCenter Server を使用してクラスタを管理します。vSphere と vCenter Server のインストールについて詳しくは、VMware ドキュメントの vSphere のインストールと設定プロセスの概要を参照してください。

ライセンス エディションとバージョンの要件

GKE On-Prem には、VMware vSphere 6.5 または 6.7 Update 3 が必要です。次の VMware ライセンスが必要です。

  • vSphere Enterprise Plus または vSphere Standard のライセンス。VMware Distributed Resource Scheduler(DRS)を有効にできるため、Enterprise Plus ライセンスをおすすめします。DRS を有効にすると、VMware は自動的にデータセンター内の物理ホスト間で GKE On-Prem クラスタノードを分散します。

    バージョン 1.1.0-gke.6 以降、DRS はデフォルトで有効になっています。そのため、Standard ライセンスを使用するには、DRS を明示的に無効にする必要があります。

    このライセンスに加えて、少なくとも 1 年間はサポート サブスクリプションを購入する必要があります。

  • vCenter Server Standard ライセンス。

    このライセンスに加えて、少なくとも 1 年間はサポート サブスクリプションを購入する必要があります。VMware の価格設定ページの VMware vCenter Server Editions をご覧ください。

vCenter ユーザー アカウントの権限

vCenter でカスタムロールを定義することも、GKE On-Prem クラスタ管理者やそのクラスタ上で開発するユーザーなど、組織のさまざまなユーザーロールにデフォルト vCenter ロールを使用することもできます。

GKE On-Prem のインストールに使用する vCenter ユーザー アカウントには、十分な権限が必要です。たとえば、vCenter の管理者のロールが割り当てられたユーザー アカウントには、すべての vCenter オブジェクトに対する完全なアクセス権限があり、GKE On-Prem クラスタ管理者に完全アクセス権を付与できます。

他の vCenter ユーザー アカウントには、カスタムロールを作成して、クラスタのユーザーに必要な権限を割り当てます。

  • 次の表を使用して、GKE On-Prem クラスタ ユーザーに必要な最小限の権限の組み合わせを理解してください。
  • 管理者権限を持つユーザー アカウントでは、次のコマンドを使用してカスタム vCenter ロールを作成し、そのロールに必要な最小限の権限を定義して、そのカスタムロールを既存の vCenter ユーザー アカウントに割り当てることができます。

権限を管理する方法については、vCenter コンポーネントの権限の管理をご覧ください。

管理ワークステーション、管理クラスタ、ユーザー クラスタのリソース要件

GKE On-Prem の初回インストールの間に作成する仮想マシンのニーズを満たすのに十分なストレージ、CPU、RAM のリソースを、データセンターの物理 ESXi ホストで提供する必要があります。また、データセンターは、Prometheus と Google Cloud のオペレーション スイートによって作成された PersistentVolumeClaims(PVC)を満たすのに十分な仮想ディスク容量を提供する必要があります。

GKE On-Prem の初回インストールでは、次のリソースが必要です。

  • 36 個の vCPU
  • 98,241 MB RAM
  • 2,280 GB の仮想ディスク容量

リソース要件の詳細については、CPU、RAM、ストレージの要件をご覧ください。