バージョン 1.8このバージョンは現在サポートされていません。詳細については、バージョンのサポート ポリシーをご覧ください。バージョン 1.9 にアップグレードする方法については、1.9 ドキュメントのベアメタル版 Anthos のアップグレードをご覧ください。

利用可能なサポートされているバージョン: 1.12  |   1.11  |   1.10

ベアメタル版 Anthos クラスタのダウンロード

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、ベアメタル版 Anthos クラスタ エンティティをダウンロードするコマンドについて説明します。

  • bmctl コマンドライン ツール。
  • ベアメタル版 Anthos クラスタ オフライン コンテナ イメージ パッケージ。

ログイン

任意の Google アカウントでログインします。

gcloud auth login

1.8.9

bmctl コマンドライン ツールをダウンロードして実行可能にするコマンドに対して、[bmctl] をクリックします。レジストリ ミラーを使用する(引き続き bmctl が必要)な場合は、コマンドの [画像パッケージ] をクリックして対応するイメージ パッケージをダウンロードします。

bmctl

Linux 管理ワークステーションから、bmctl をダウンロードして実行可能にします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.9/linux-amd64/bmctl .
chmod +x ./bmctl

イメージ パッケージ

レジストリ ミラーを設定する予定がある場合にのみ、イメージ パッケージが必要です。このパッケージは、指定したバージョンのベアメタル版 Anthos クラスタで使用されるすべてのコンテナ イメージを提供します。

Linux 管理ワークステーションからパッケージをダウンロードします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.9/linux-amd64/bmpackages_1.8.9.tar.xz .

1.8.8

bmctl コマンドライン ツールをダウンロードして実行可能にするコマンドに対して、[bmctl] をクリックします。レジストリ ミラーを使用する(引き続き bmctl が必要)な場合は、コマンドの [画像パッケージ] をクリックして対応するイメージ パッケージをダウンロードします。

bmctl

Linux 管理ワークステーションから、bmctl をダウンロードして実行可能にします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.8/linux-amd64/bmctl .
chmod +x ./bmctl

イメージ パッケージ

レジストリ ミラーを設定する予定がある場合にのみ、イメージ パッケージが必要です。このパッケージは、指定したバージョンのベアメタル版 Anthos クラスタで使用されるすべてのコンテナ イメージを提供します。

Linux 管理ワークステーションからパッケージをダウンロードします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.8/linux-amd64/bmpackages_1.8.8.tar.xz .

1.8.7

bmctl コマンドライン ツールをダウンロードして実行可能にするコマンドに対して、[bmctl] をクリックします。レジストリ ミラーを使用する(引き続き bmctl が必要)な場合は、コマンドの [画像パッケージ] をクリックして対応するイメージ パッケージをダウンロードします。

bmctl

Linux 管理ワークステーションから、bmctl をダウンロードして実行可能にします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.7/linux-amd64/bmctl .
chmod +x ./bmctl

イメージ パッケージ

レジストリ ミラーを設定する予定がある場合にのみ、イメージ パッケージが必要です。このパッケージは、指定したバージョンのベアメタル版 Anthos クラスタで使用されるすべてのコンテナ イメージを提供します。

Linux 管理ワークステーションからパッケージをダウンロードします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.7/linux-amd64/bmpackages_1.8.7.tar.xz .

1.8.6

bmctl コマンドライン ツールをダウンロードして実行可能にするコマンドに対して、[bmctl] をクリックします。レジストリ ミラーを使用する(引き続き bmctl が必要)な場合は、コマンドの [画像パッケージ] をクリックして対応するイメージ パッケージをダウンロードします。

bmctl

Linux 管理ワークステーションから、bmctl をダウンロードして実行可能にします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.6/linux-amd64/bmctl .
chmod +x ./bmctl

イメージ パッケージ

レジストリ ミラーを設定する予定がある場合にのみ、イメージ パッケージが必要です。このパッケージは、指定したバージョンのベアメタル版 Anthos クラスタで使用されるすべてのコンテナ イメージを提供します。

Linux 管理ワークステーションからパッケージをダウンロードします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.6/linux-amd64/bmpackages_1.8.6.tar.xz .

1.8.5

bmctl コマンドライン ツールをダウンロードして実行可能にするコマンドに対して、[bmctl] をクリックします。レジストリ ミラーを使用する(引き続き bmctl が必要)な場合は、コマンドの [画像パッケージ] をクリックして対応するイメージ パッケージをダウンロードします。

bmctl

Linux 管理ワークステーションから、bmctl をダウンロードして実行可能にします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.5/linux-amd64/bmctl .
chmod +x ./bmctl

イメージ パッケージ

レジストリ ミラーを設定する予定がある場合にのみ、イメージ パッケージが必要です。このパッケージは、指定したバージョンのベアメタル版 Anthos クラスタで使用されるすべてのコンテナ イメージを提供します。

Linux 管理ワークステーションからパッケージをダウンロードします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.5/linux-amd64/bmpackages_1.8.5.tar.xz .

1.8.4

bmctl コマンドライン ツールをダウンロードして実行可能にするコマンドに対して、[bmctl] をクリックします。レジストリ ミラーを使用する(引き続き bmctl が必要)な場合は、コマンドの [画像パッケージ] をクリックして対応するイメージ パッケージをダウンロードします。

bmctl

Linux 管理ワークステーションから、bmctl をダウンロードして実行可能にします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.4/linux-amd64/bmctl .
chmod +x ./bmctl

イメージ パッケージ

レジストリ ミラーを設定する予定がある場合にのみ、イメージ パッケージが必要です。このパッケージは、指定したバージョンのベアメタル版 Anthos クラスタで使用されるすべてのコンテナ イメージを提供します。

Linux 管理ワークステーションからパッケージをダウンロードします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.4/linux-amd64/bmpackages_1.8.4.tar.xz .

1.8.3

bmctl コマンドライン ツールをダウンロードして実行可能にするコマンドに対して、[bmctl] をクリックします。レジストリ ミラーを使用する(引き続き bmctl が必要)な場合は、コマンドの [画像パッケージ] をクリックして対応するイメージ パッケージをダウンロードします。

bmctl

Linux 管理ワークステーションから、bmctl をダウンロードして実行可能にします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.3/linux-amd64/bmctl .
chmod +x ./bmctl

イメージ パッケージ

レジストリ ミラーを設定する予定がある場合にのみ、イメージ パッケージが必要です。このパッケージは、指定したバージョンのベアメタル版 Anthos クラスタで使用されるすべてのコンテナ イメージを提供します。

Linux 管理ワークステーションからパッケージをダウンロードします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.3/linux-amd64/bmpackages_1.8.3.tar.xz .

1.8.2

bmctl コマンドライン ツールをダウンロードして実行可能にするコマンドに対して、[bmctl] をクリックします。レジストリ ミラーを使用する(引き続き bmctl が必要)な場合は、コマンドの [画像パッケージ] をクリックして対応するイメージ パッケージをダウンロードします。

bmctl

Linux 管理ワークステーションから、bmctl をダウンロードして実行可能にします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.2/linux-amd64/bmctl .
chmod +x ./bmctl

イメージ パッケージ

レジストリ ミラーを設定する予定がある場合にのみ、イメージ パッケージが必要です。このパッケージは、指定したバージョンのベアメタル版 Anthos クラスタで使用されるすべてのコンテナ イメージを提供します。

Linux 管理ワークステーションからパッケージをダウンロードします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.2/linux-amd64/bmpackages_1.8.2.tar.xz .

1.8.1

bmctl コマンドライン ツールをダウンロードして実行可能にするコマンドに対して、[bmctl] をクリックします。レジストリ ミラーを使用する(引き続き bmctl が必要)な場合は、コマンドの [画像パッケージ] をクリックして対応するイメージ パッケージをダウンロードします。

bmctl

Linux 管理ワークステーションから、bmctl をダウンロードして実行可能にします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.1/linux-amd64/bmctl .
chmod +x ./bmctl

イメージ パッケージ

レジストリ ミラーを設定する予定がある場合にのみ、イメージ パッケージが必要です。このパッケージは、指定したバージョンのベアメタル版 Anthos クラスタで使用されるすべてのコンテナ イメージを提供します。

Linux 管理ワークステーションからパッケージをダウンロードします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.1/linux-amd64/bmpackages_1.8.1.tar.xz .

1.8.0

bmctl コマンドライン ツールをダウンロードして実行可能にするコマンドに対して、[bmctl] をクリックします。レジストリ ミラーを使用する(引き続き bmctl が必要)な場合は、コマンドの [画像パッケージ] をクリックして対応するイメージ パッケージをダウンロードします。

bmctl

Linux 管理ワークステーションから、bmctl をダウンロードして実行可能にします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.0/linux-amd64/bmctl .
chmod +x ./bmctl

イメージ パッケージ

レジストリ ミラーを設定する予定がある場合にのみ、イメージ パッケージが必要です。このパッケージは、指定したバージョンのベアメタル版 Anthos クラスタで使用されるすべてのコンテナ イメージを提供します。

Linux 管理ワークステーションからパッケージをダウンロードします。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/1.8.0/linux-amd64/bmpackages_1.8.0.tar.xz .

openssl を使用して bmctl を確認する

openssl を使用して、bmctl バイナリを公開鍵と照合します。ここで、VERSION はファイルのバージョンです。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/VERSION/linux-amd64/bmctl.1.sig .
openssl dgst -verify - -signature ./bmctl.1.sig ./bmctl <<'EOF'
-----BEGIN PUBLIC KEY-----
MFkwEwYHKoZIzj0CAQYIKoZIzj0DAQcDQgAEWZrGCUaJJr1H8a36sG4UUoXvlXvZ
wQfk16sxprI2gOJ2vFFggdq3ixF2h4qNBt0kI7ciDhgpwS8t+/960IsIgw==
-----END PUBLIC KEY-----
EOF

このコマンドで想定される出力は Verified OK です。

openssl を使用してイメージ パッケージを確認する

openssl を使用して、イメージ パッケージのバイナリを公開鍵と照合します。ここで、VERSION はファイルのバージョンです。

gsutil cp gs://anthos-baremetal-release/bmctl/VERSION/linux-amd64/bmpackages_VERSION.tar.xz.1.sig .
openssl dgst -verify - -signature ./bmpackages_VERSION.tar.xz.1.sig ./bmpackages_VERSION.tar.xz <<'EOF'
-----BEGIN PUBLIC KEY-----
MFkwEwYHKoZIzj0CAQYIKoZIzj0DAQcDQgAEWZrGCUaJJr1H8a36sG4UUoXvlXvZ
wQfk16sxprI2gOJ2vFFggdq3ixF2h4qNBt0kI7ciDhgpwS8t+/960IsIgw==
-----END PUBLIC KEY-----
EOF

このコマンドで想定される出力は Verified OK です。