割り当てポリシー

割り当て

割り当ては Cloud TPU コア数で定義されます。1 個の Cloud TPU デバイスは、4 個の TPU チップと 8 個のコア(TPU チップあたり 2 個のコア)で構成されています。Cloud TPU v2 Pod(ベータ版)は、256 個の TPU チップ(512 コア)を含む 64 個の TPU デバイスで構成されています。Cloud TPU v3 Pod(ベータ版)は、1,024 個の TPU チップ(2,048 コア)を含む 256 個の TPU デバイスで構成されています。また、コアの数は特定の Cloud TPU の割り当てを指定する単位としても使用されます。たとえば、8 個の割り当てで使用できるのは 8 個のコア、16 個の割り当てで使用できるのは最大 16 個のコアとなります。

Cloud TPU のバージョンとコアの数は「version-cores」表記(例: v2-8)で表します。また、コアの数は割り当てを指定する単位としても使用されるため、この表記は Cloud TPU の割り当てを表す際にも用いられます。たとえば、v2-32 はコアが 32 個割り当てられた v2 構成を示します。

Cloud TPU では、作成した新しい Google Cloud Platform プロジェクトに対してデフォルトの割り当てが行われます。

個別の割り当てタイプとして、オンデマンド(プリエンプティブ以外の)TPU とプリエンプティブ TPU が用意されています。

1 個の Cloud TPU デバイス構成の割り当て

  • オンデマンド TPU: デフォルト割り当ては 2 TPU(16 コア)以上です。
  • プリエンプティブ TPU: デフォルト割り当ては 6 TPU(48 コア)以上です。

Cloud TPU v2 Pod(ベータ版)と v3 Pod(ベータ版)の割り当て

  • オンデマンド(プリエンプティブ以外の)Cloud TPU Pod: 割り当てを使用可能にするには、TPU 割り当てページから営業担当者にお問い合わせください。Cloud TPU v2 Pod または v3 Pod のコア数は、1 プロジェクト、1 リージョンあたりでリクエストする必要があります。つまり、同一プロジェクト、同一リージョンで複数の TPU を実行している場合、1 個の割り当てが共有されます。

追加の割り当てをリクエストする

GCP プロジェクトの割り当ては Google Cloud Platform Console に表示されます。追加の Cloud TPU の割り当てが必要な場合は、Google Cloud Platform Console の [割り当て] ページからリクエストできます。

TPU ポッドの割り当てをリクエストする

Cloud TPU ポッドのデフォルトの割り当ては 0 です。アプリケーションに Cloud TPU ポッドを割り当てるには、割り当てをリクエストする必要があります。

  1. [割り当て] ページに移動します。

    [割り当て] ページに移動

  2. [サービス] メニューから [Cloud TPU API] を選択します。
  3. [指標] メニューから [TPU pod cores per project per region] を選択します。

    または、[TPU pod cores per project per zone] を選択することもできます。

  4. Cloud TPU Pod を使用するリージョンまたはゾーンを選択します。

    使用可能なリージョンとゾーンの一覧については、リージョンとゾーンをご覧ください。

  5. [割り当てを編集] をクリックします。
  6. 名前、メールアドレス、電話番号を入力して、[次へ] をクリックします。
  7. 割り当て量を増やすリクエストを入力して、[次へ] をクリックします。
  8. リクエストを送信します。

リクエスト後、1~2 営業日以内に Cloud TPU チームから返答があります。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...