使用状況レポート

プラグインで使用統計情報を Google に送信することを許可していただくと、プロダクト チームがその情報を参考にして新機能と改善の優先順位を決定できます。このレポートの内容は、アクションやその他のツール実行を匿名化した情報ですが、引数値や個人情報は含まれません。開発者がオプトインしない限り、Cloud Tools for Visual Studio によって使用状況の統計が収集されることはありません

レポートの設定はいつでも更新できます。

  1. Visual Studio で、[ツール] > [オプション] を選択します。

  2. [オプション] ダイアログで、[Google Cloud Tools] ファセットを展開します。

  3. [使用状況レポート] を選択します。

    [オプション] メニューが表示されるダイアログ。[Google Cloud Tools] ファセットが展開されています

  4. チェックボックスをオンにすると、使用状況レポートが送信されます。オプトアウトするには、チェックボックスをオフにします。

  5. [OK] をクリックします。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Tools for Visual Studio