base64 エンコードの音声コンテンツをデコードする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

音声データはバイナリデータです。バイナリデータは、gRPC レスポンスから直接読み取ることができますが、REST リクエストへのレスポンスには JSON が使用されます。JSON はバイナリデータを直接サポートしていないテキスト形式であるため、Text-to-Speech は Base64 でエンコードされたレスポンス文字列を返します。レスポンス内の、Base64 でエンコードされたテキストデータをデバイスで再生するには、そのテキストデータをバイナリに変換する必要があります。

Text-to-Speech からの JSON レスポンスでは、audioContent フィールドに base64 でエンコードされた音声コンテンツが格納されています。例:

{
  "audioContent": "//NExAARqoIIAAhEuWAAAGNmBGMY4EBcxvABAXBPmPIAF//yAuh9Tn5CEap3/o..."
}

base64 を音声ファイルにデコードするには:

Linux

  1. base-64 エンコード形式のコンテンツのみをテキスト ファイルにコピーします。

  2. base64 コマンドライン ツールで -d フラグを使用してソーステキスト ファイルをデコードします。

    $ base64 SOURCE_BASE64_TEXT_FILE -d > DESTINATION_AUDIO_FILE

Mac OSX

  1. base-64 エンコード形式のコンテンツのみをテキスト ファイルにコピーします。

  2. base64 コマンドライン ツールを使用してソース テキスト ファイルをデコードします。

    $ base64 --decode SOURCE_BASE64_TEXT_FILE > DESTINATION_AUDIO_FILE

Windows

  1. base-64 エンコード形式のコンテンツのみをテキスト ファイルにコピーします。

  2. certutil コマンドを使用して、ソース テキスト ファイルをデコードします。

   certutil -decode SOURCE_BASE64_TEXT_FILE DESTINATION_AUDIO_FILE