IstioOperator から移行する

Google が管理するコントロール プレーンでは、IstioOperator を直接カスタマイズすることはできません。Anthos Service Mesh から Google が管理するコントロール プレーンに移行するには、IstioOperator から手動で変換する必要があります。このツールを使用するとプロセスが自動化されるため、負担が軽減されます。

移行ツールについて

移行ツールは、指定された IstioOperator ファイルを非破壊的に評価します。

  • 互換性の問題がないかを確認します。
  • 互換性のある IstioOperator 構成を Google が管理するコントロール プレーンでサポートされている構成に変換し、新しい構成をファイルに出力します。
  • 出力で、Google 管理のコントロール プレーンに必要なデフォルト値と競合する構成値が警告されます。
  • 生成されたファイルの使用方法を提案します。

このツールは、クラスタデータや構成を調べることや、クラスタ構成に変更を加えることはありません。生成されたすべてのファイルを個別に適用する必要があります。

移行ツールを使用する前に、Google が管理するコントロール プレーンでサポートされている機能の制限を確認し、Google が管理するコントロール プレーンが Anthos Service Mesh のインストールをサポートしていることを確認してください。

移行ツールの使用

移行ツールは asmcli スクリプトの一部として利用できます。このツールを使用するには、スクリプトをダウンロードする必要があります。

  1. 移行ツールを実行します。

    asmcli experimental mcp-migrate-check -f path/to/istiooperator.yaml
    
  2. ツールから出力されたリストのファイル、特に asm/*meshconfig.yamlasm/gateways* に注意してください。

  3. 構成の警告を調べます。

  4. 出力を確認し、移行に必要な操作を行います。

サポートされていない MeshConfig フィールド

MeshConfig の次のフィールドは、Google が管理するコントロール プレーンによってオーバーライドされます。

  • trustDomain
  • trustDomainAliases
  • configSources
  • defaultConfig.proxyMetadata - これらのフィールドはオーバーライドされます。新しいフィールドを追加できます。
    • XDS_ROOT_CA
    • CA_ROOT_CA
    • OUTPUT_CERTS
    • XDS_AUTH_PROVIDER
    • PROXY_CONFIG_XDS_AGENT
  • defaultConfig.meshId
  • defaultConfig.discoveryAddress

出力例

$ asmcli experimental mcp-migrate-check -f some-iop.yaml
asmcli: Downloading ASM..
Generating equivalent configuration for Anthos Service Mesh managed control plane...

Migrating MeshConfig settings...
✔ Wrote MeshConfig to asm-generated-configs/meshconfig.yaml.

Migrating gateway deployments...

Checking configuration compatibility...
! Found unsupported configurations:
    Components.Base: not configurable in managed control plane
    Components.Pilot: not configurable in managed control plane
    Hub=gcr.io/gke-release/asm: not configurable in managed control plane
    Tag=1.10.4-asm.6: not configurable in managed control plane

Actions required to migrate:
! Found potentially unsupported configurations; review warnings above before proceeding
- Found custom mesh configuration settings. To apply these settings to ASM managed
    control plane, run: `kubectl apply -f 'asm-generated-configs/meshconfig.yaml'`

TIP: steps recommending `kubectl apply` to be run should be integrated into your
  CI/CD pipeline, if applicable.

次のステップ