Risk Manager へのオンボーディング

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このトピックでは、Risk Manager へのオンボーディングのプロセスについて説明します。

概要

Risk Manager にオンボーディングするには、IT 組織の関与が必要です。Risk Manager ツールは、Google Cloud のコンポーネントとしてデプロイされます。リスク保護プログラムの導入が保険のものである場合は特に、IT 組織と財務組織の間での共同キックオフがメリットになります。株式会社。

Risk Manager チームのメンバーは、IT チームや財務チームのすべてのメンバーに、以下のプロセスに関する概要を提供できます。

参加の手順

次の手順では、Risk Manager にオンボーディングするプロセスについて説明します。 以下の手順は、組織内のさまざまなチームが行うことができます。 これらのタスクを割り当てるには、適切な権限を持つユーザーに割り当てます。

  1. リスク対策プログラムの前提条件として、次の手順を完了する必要があることを Google Cloud 管理者に伝えます。

  2. オンボーディングを行う組織を選択します。Risk Manager は Google Cloud 組織でのみサポートされています。

    1. ページの上部にあるプロジェクトのプルダウン リストをクリックします。

    2. [選択元] ダイアログで、組織のプルダウン リストをクリックし、Risk Manager にオンボーディングする組織を選択します。

  3. Security Command Center を有効にします。この手順は、Google Cloud 管理者が行います。Risk Manager レポートを生成するには、この設定が必要です。

    Risk Manager を使用するには、スタンダードまたはプレミアム階層を有効にします。

    ティア Risk Manager の機能 有効化
    プレミアム フル rpp-gtm@google.com に連絡し、Risk Manager チームのメンバーがプレミアム ティアの有効化をサポートします。
    標準 制限あり。レポートには分析と保険販売のためのすべてのデータセットが含まれますが、Security Command Center の 修復手順へのリンクはサポートされていません。 スタンダード ティアを有効にするには、 Security Command Center の設定をご覧ください。
    レガシー フル 以前の階層はサポートが終了したため、新規で有効にすることはできません。 Security Command Center Standard または Premium にアップグレードするには、 以前の Security Command Center サービスから移行するをご覧ください。
  4. Security Command Center で Security Health Analytics サービスが有効になっていることを確認してください。 この手順は、Google Cloud 管理者が行います。Risk Manager レポートを生成するには、この設定が必要です。

    セキュリティ状況の分析を有効にするには、Security Command Center の設定をご覧ください。または、Security Command Center の設定ページに移動し、Security Health Analytics サービスが [デフォルトで有効] に設定されていることを確認します。

    Security Command Center の設定に移動

  5. 残りの設定手順を行うには、Google Cloud Google Cloud Console で Risk Manager にアクセスします。この手順は Google Cloud 管理者も行います。この手順の詳細については、Risk Manager の構成をご覧ください。

    [リスク マネージャーの設定] に移動

次のステップ