モニタリング指標の表示

Console で指標を表示する

Cloud Console で、実行時間、実行数、メモリ使用量などの Cloud Functions の情報を表示できます。これらの指標は、Cloud Monitoring でも使用でき、これらの指標に対してカスタム アラート生成を設定できます。詳細については、Cloud Monitoring のドキュメントをご覧ください。

API 呼び出しの指標は、Cloud Console の API の概要ページで確認できます。

Cloud Console の API 割り当てページで、API 呼び出しと関数実行の両方の割り当て指標を確認できます。STATUS 指標ラベルの out of quota 値が割り当て量を超えている実行をフィルタリングすることで、Cloud Monitoring で割り当てエラーのアラートを設定できます。詳細については、アラートの概要をご覧ください。

サンプル

Node.js

// Imports the Google Cloud client library
const monitoring = require('@google-cloud/monitoring');

// Creates a client
const client = new monitoring.MetricServiceClient();

/**
 * TODO(developer): Uncomment and edit the following lines of code.
 */
// const projectId = 'YOUR_PROJECT_ID';
// const filter = 'metric.type="compute.googleapis.com/instance/cpu/utilization"';

const request = {
  name: client.projectPath(projectId),
  filter: filter,
  interval: {
    startTime: {
      // Limit results to the last 20 minutes
      seconds: Date.now() / 1000 - 60 * 20,
    },
    endTime: {
      seconds: Date.now() / 1000,
    },
  },
};

// Writes time series data
const [timeSeries] = await client.listTimeSeries(request);
timeSeries.forEach(data => {
  console.log(`${data.metric.labels.instance_name}:`);
  data.points.forEach(point => {
    console.log(JSON.stringify(point.value));
  });
});
  • console.log() が出力するログのログレベルは INFO です。
  • console.error() が出力するログのログレベルは ERROR です。
  • stdout または stderr に直接書き込まれるログにログレベルは設定されていません。
  • 内部システム メッセージのログレベルは DEBUG