クライアントを作成して Dataproc ワークフロー テンプレートを開始する

アプリケーションのデフォルト認証情報を使用してクライアントを作成し、Dataproc ワークフロー テンプレートを起動します。グローバル エンドポイントまたはリージョン エンドポイントを使用します。

コードサンプル

Python

このサンプルを試す前に、Dataproc クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の手順に従って設定を行ってください。詳細については、Dataproc Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

if global_region:
    region = "global"
    # Use the default gRPC global endpoints.
    dataproc_workflow_client = dataproc_v1.WorkflowTemplateServiceClient()
else:
    region = get_region_from_zone(zone)
    # Use a regional gRPC endpoint. See:
    # https://cloud.google.com/dataproc/docs/concepts/regional-endpoints
    client_transport = workflow_template_service_grpc_transport.WorkflowTemplateServiceGrpcTransport(
        address="{}-dataproc.googleapis.com:443".format(region)
    )
    dataproc_workflow_client = dataproc_v1.WorkflowTemplateServiceClient(
        client_transport
    )

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。