Data Catalog メタデータ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Data Catalog は、テクニカル メタデータビジネス メタデータの 2 種類のメタデータを処理します。

テクニカル メタデータの種類

BigQuery テーブルなどのデータエントリに関連するテクニカル メタデータの例として、次の属性があります。

  • 名前や ID などのプロジェクト情報
  • アセットの名前と説明
  • Google Cloud のリソースラベル
  • BigQuery のテーブルとビューのスキーマ名と説明

ビジネス メタデータの種類

データエントリのビジネス メタデータには次のタイプがあります。

  • データエントリに関連付けられたデータ スチュワード。データエントリのデータ スチュワードに対して、データエントリに関する詳細情報をリクエストできます。データ スチュワードに特定の IAM ロールは必要ありません。Google 以外のメール アカウントを持つユーザーを、データ スチュワードとしてデータエントリに追加できます。ユーザーに IAM 権限を明示的に付与しない限り、データ スチュワードはコンソール内でプロジェクト関連のアクティビティを実行できません。

  • 画像、テーブル、リンクなどを含めることができるデータエントリのリッチテキストの概要

ビジネス メタデータの検索

ビジネス メタデータは、常にテクニカル メタデータ エントリにリンクされています。ビジネス メタデータは、構文を使用せずに検索可能です。このようなシンプルな検索の唯一の例外は、タグです。この場合、タグ構文を使用する必要があります。

Data Catalog データエントリのビジネス メタデータ検索では、次の重要な情報の一覧を確認できます。

  • シンプルな検索を使用して、データ スチュワードのメールアドレスまたは名前、およびデータエントリの概要に記載されているテキストで、関連する Data Catalog のデータエントリを探すことができます。
  • Data Catalog は現在、リッチテキストの説明に関連する画像検索をサポートしていません。
  • データエントリを削除してから、32 日以内にまったく同じ識別子で再作成した場合は、データエントリの概要とデータ スチュワードが復元されます。

ビジネス メタデータの上限

ビジネス メタデータの上限については、割り当てと上限をご覧ください。

次のステップ

  • タグ、概要、データ スチュワードをエントリに適用します。

  • タグ テンプレートとタグについての詳細をご覧ください。