顧客事例

SATAWAD プロジェクトを推進する Veolia : Chrome Enterprise でいつどこでも安全なコラボレーションを

9543___Veolia_Blog_Image_opt42ble.PNG

※この投稿は米国時間 2018 年 7 月 24 日に Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

編集部注 : 今回は、Veolia のグループ CTO(最高技術責任者)である Hervé Dumas 氏と、SATAWAD プロジェクト ディレクターを務める Philippe Benoit 氏の投稿をお届けします。Veolia はパリに本社を置き、水、廃棄物、エネルギー管理の 3 事業を手がけるグローバル企業です。Google Chrome EnterpriseChromebooksG Suite を利用して、「いつどこでも仕事ができる」プログラムを展開し、セキュリティ リスクや IT 管理の労力を軽減しています。

皆さんなら、5 大陸に分散した 17 万近くの従業員をどのように IT でサポートしますか? いつどこでも必要に応じて仕事をできるようにするツールを提供し、仕事に必要なすべてのものへのアクセスを可能にすることがベスト ―― 私たち Veolia は、2013 年にエンドユーザー コンピューティング戦略の変革に乗り出したときに、そう判断しました。

当時、私たちは全世界のシステムで 250 ものコミュニケーション プラットフォームを使っていました。従業員はドキュメント、スライド、スプレッドシートを作成するのに種々雑多なツールに頼らざるをえず、異なる国での拠点間、さらには同じ国内の部門間で、ファイル共有のような簡単なことにも苦労していました。実際、私たちの IT チームが技術インフラストラクチャの管理に費やしていた時間は業務時間全体の 80 % に上ります。私たちはそうした多種多様なシステム群のセキュリティ維持に不安を抱えていました。

同時に、従業員が柔軟に使えるデバイスとアプリケーションも必要でした。多くの従業員が水、廃棄物管理、エネルギーのプロジェクトにおいて、顧客や業務と密接に関わる現場に携わります。現地のオフィスやパリの本社に出張する機会が多い従業員もいます。従業員は皆、デスクやデバイスに縛られずに、仕事が発生したときにその場で対応するためのツールを必要としていました。

そこで私たちは、従業員が真のクラウド ワーカーとして仕事をこなせるようにすることを目指し、SATAWAD(Secure、AnyTime、AnyWhere、Any Device)というクラウド プロジェクトを立ち上げました。最初のステップは、全従業員向けに 250 のシステムの大半を G Suite に置き換え、全スタッフへの Chromebooks の支給を開始することでした。

その効果はすぐに現れました。これまでとは異なり、ファイルの共有や共同編集が普通に行われるようになったのです。これは大きな成果でした。チームワークは Veolia にとって優先順位が高いからです。今ではブラジルのエンジニアが、バージョン管理や相手の使うソフトウェアを気にせずに、パリのプロジェクト マネジャーにスプレッドシートを送信できます。グローバル チーム全体でのドキュメント コラボレーションが容易になりました。

Hangouts Meet も、コラボレーションを困難にしていた問題の解決に役立ちました。G Suite に移行する前は、Veolia ではビデオ会議はほとんど行われていませんでした。従業員が IT 部門の助けを借りずに利用できる技術が用意されていなかったからです。今では Hangouts Meet により、ほんの数クリックで同僚とのコラボレーションを開始できます。これは Veolia の文化に多大な影響を与え、グローバルな組織の連携が一層緊密になりました。私たちは現在、Hangouts Meet を使って 1 か月に平均 8 万回以上のビデオ会議を行っています。

もっとも、生産性を高めるクラウド ベースのアプリケーションへの移行は、私たちが導入したソリューションの一部にすぎません。当社の従業員を、クラウドを使った仕事のやり方に本当に転換させるためには、クラウド ネイティブで柔軟なデバイスを従業員に支給する必要がありました。私たちが Chromebooks を導入したのはそのためです。Chromebooks は G Suite とシームレスに統合されており(従業員は Google ドライブや Hangouts Meet のようなお気に入りのアプリケーションをスムーズに利用できます)、どこでも安全に仕事ができる柔軟性を従業員に提供します。

従来のノート PC とは異なり、Chromebooks は高速に起動し、バックグラウンドで透過的に更新を実行します。また、すぐに利用できる、ウイルス検出を含む多層のセキュリティ機能が組み込まれており、リスクを軽減するとともに追加のエンドポイント保護ソフトウェアを不要にします。サンドボックス機能によって安全なブラウジングが維持されているほか、IT スタッフの労力をまったく必要としないネイティブな暗号化も行われます。さらに、1 つのコンソールですべてのエンタープライズ プロファイルを安全かつグローバルに管理できるため、私たちの IT チームではデバイス管理やソフトウェア更新に費やす時間が大幅に少なくなりました。

Chromebooks はクラウド ワーカーに最適なデバイスであり、グローバルな SATAWAD プロジェクトの成功に欠かせないものです。これまで約 3,000 人の従業員に Chromebooks を支給してフィードバックを得ており、2019 年末までに 17 万人近くの全従業員に支給する予定です。

G Suite と Chromebooks に移行して以来、私たちは多くのメリットを得ていますが、なかでも最大のメリットは従業員が真につながったことです。今では、エクアドルの水システム エンジニアとパリの財務マネジャーが、数千マイルの距離といくつかのタイム ゾーンを越えて、協力して仕事を進めることができます。Veolia の従業員は、同じ職場の同僚だけでなく、世界中の同僚とともに働くことを、当然のことと考えるようになっているのです。

- By Philippe Benoit, Project Director, Veolia and Hervé Dumas, Group Chief Technology Officer, Veolia