Google Cloud

コードなし開発の流れ: アプリの開発と自動化を加速

Application development static hero

※この投稿は米国時間 2020 年 9 月 11 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

今年の初め、AppSheet が Google Cloud サービスに加わりました。これは、デジタル変革を加速するためにコードなし開発の可能性に投資した Google の取り組みの一環です。従来 IT 部門の技術者が行っていたアプリの作成とビジネス プロセスの自動化を、技術者でない従業員もできるようにすることで、変革を実現できます。課題に最も間近な人々がソリューションを生み出せるようになる一方、IT 部門は基幹業務アプリのバックログから解放されて戦略的イニシアチブに取り組めるようになります。Google はお客様がこれから何を構築するのかを心待ちにしていましたが、すでに私たちの想像以上に多くのアプリが構築されています。

土木、パイプライン、通信、電気、再生可能エネルギー業界にサービスを提供するターンキー建設会社のゼネコンである BHI は、G Suite と AppSheet を使用して、ファイル共有とコラボレーションのワークフローを全面的に見直しました。AppSheet によって、BHI の IT チームがバックログ プロジェクトの完了を速められただけでなく、専門技術を持たない従業員が独自のソリューションを作成できました。そのソリューションには、ソーラー ファーム建設プロジェクトのチームが構築した、専門設備の検査用アプリなどがあります。

BHI の IT 担当ディレクターである Johnny Hacking 氏は、次のように述べています。「IT 部門以外の従業員が良いアイデアを思いついたときは、AppSheet にログインして作成してみてもらい、最後の仕上げは IT チームが手伝います。」

フィリピンの大手モバイル ネットワーク プロバイダである Globe Telecom は最近、アプリケーション開発を加速して、新しい革新の機会を模索するためにAppSheet を採用しました。同社が初めてハッカソンを開催したとき、主催者は 30 チームほどの参加を予想していましたが、それを遥かに上回る 107 以上のチームが参加を申請しました。優勝したのは、違法な信号ブースターを発見するためにデータ収集と自動レポート作成を容易にしてワークフローを促進するアプリでした。その他の最終候補のアプリの中には、Globe Telecom の小売店向けの在庫管理アプリや、従業員がリアルタイムで団結して目標管理するのに役立つ開発計画と評価のアプリ、さらにはガソリン価格レポートを含む車両メンテナンス アプリがありました。

これらはほんの一例です。企業が大小さまざまな問題を解決するためにコードなしの開発を利用する方法は日々増えています。

Google は、このようなユースケースの急速な拡大を支援できることを嬉しく思います。今週は、ビジネス アプリケーション プラットフォームのカテゴリにおける投資についてお話ししました。Google Cloud のビジネス アプリケーション プラットフォームには AppSheet が含まれていて、アプリケーションの作成と拡張、ビジネス プロセスの構築と自動化、アプリケーションの接続とモダナイゼーションを行うためのツールを企業に提供します。これらはすべて、従来のデベロッパーだけでなくシチズン デベロッパーにも重点を置いています。

この数か月間で、さらに Google の機械学習テクノロジーをプラットフォームに統合して、自然言語入力によるビジネス プロセスの自動化などをユーザーが行えるようにしました。Google の機械学習は常に AppSheet のインテリジェンス機能の基盤となってきましたが、Google ではテクノロジーをさらに統合して、AppSheet にアプリ作成者の意図をさらに深く理解させるようにしました。「ヒューマン フレンドリー」な提案とチェックをプラットフォームが提供できるようにすることで、開発の加速が可能になります。

Google のテクノロジーにより、検索、予測機能、光学式文字認識分析などにおける自然言語のサポートも改善されています。ほんの数年前には、機械学習をアプリに組み込むのは非常に困難でしたが、AppSheet によって誰でもわずか数時間で行うことができるようになりました。

Google は、機密データの自動検出や洗練された自動化の提案などの機能拡張を計画し、さらに直感的なアプリ構築に向けてロードマップを開発しました。

場所を問わないデータやアプリへのアクセスも、Google が注力している分野の一つです。最近発表した AppSheet の Apigee データソースは、API 管理とコードなしの開発を統合して、新しい段階のアクセスを実現します。シチズン デベロッパーは API を利用してコードなしのアプリケーション構築ができるようになります。これにより、アプリ デベロッパーは、さらに多くのツールを利用して強力なアプリを構築し、アプリ開発をさらに加速し、情報の分散を排除できます。

また、Google はビジネス プロセスの自動化を容易にすることに注力しています。最近発表した AppSheet Automation はこの取り組みの一環であり、Google AI を利用したインテント主導のオーサリング エクスペリエンスと、内部ポリシーの一元的な適用とモニタリングのための包括的なガバナンスを提供します。ビジネス デベロッパーはこのソリューションを使用して、多数のデータソース(Salesforce、MySQL、G Suite など)に簡単に接続し、自動化されたビジネス プロセスをすばやくモデル化できます。

スピードは、今日の刻々と変化する流動的なビジネス状況において最も重要です。Google は、お客様がこうした新しい機能を使用してどうデジタル変革を加速するのか、楽しみにしています。Google ではその他にもビジネス アプリケーション プラットフォームの計画を進めてきました。この機会に、勢いを増し続けているコードなし開発の流れに乗りましょう。

詳しくは、Google のサイトで Google Cloud でのコードなし開発についてお読みください。


-Google Cloud ビジネス アプリケーション プラットフォーム - プロダクト担当責任者(ディレクター)Vikas Anand