Network Management API の有効化

接続テストを実行する前に、Network Management API を有効にする必要があります。

API 自体、gcloud コマンドライン ツール、Google Cloud Console を使用するには、この API を有効にする必要があります。

API ステータスを確認する、または API を有効にするには、gcloud コマンドか Google Cloud Console を使用します。また、ユーザーに API へのアクセスを許可することもできます。

API の有効化

次のいずれかの方法を使用して、API を有効にします。

Console

特定のプロジェクトで Google Cloud Console に初めて接続テストを読み込む場合は、Network Management API を有効にするように求めるボタンをクリックします。接続テストを実行するには、API を有効にする必要があります。

gcloud

  1. ワークステーションに Cloud SDK がまだインストールされていない場合は、Cloud SDK のドキュメントを参照してインストールします。

  2. Network Management API が有効になっているかどうかを確認するには、ワークステーションで次のコマンドを実行します。

    gcloud services list
    

    コマンド出力に networkmanagement.googleapis.com が表示される場合、API は有効になっています。

  3. API が有効になっていない場合は、次のコマンドを実行して有効にします。詳細については、gcloud services をご覧ください。

    gcloud services enable networkmanagement.googleapis.com
    

API の使用を承認する

Network Management API へのアクセスは、Identity and Access Management のロールと権限によって制御されます。関連するメソッドの権限はロールにまとめられており、これをユーザーに付与できます。

詳細については、次のドキュメントをご覧ください。

API Explorer の使用

API Explorer を使用すると、Network Management API コマンドをテストできます。Network Management API リファレンス ドキュメントで、Try this API 列を使用して API フィールドを調べ、テストを実施します。