Cloud Life Sciences v2beta への移行

現在、Cloud Genomics は Cloud Life Sciences に移行しています。このページでは、v2alpha1 バージョンの Cloud Genomics から v2beta バージョンの Cloud Life Sciences に移行する方法について説明します。

地域密着型サービスとしての Cloud Life Sciences

Cloud Genomics は、特定の Google Cloud Platform のロケーションでは実行できないグローバル サービスでした。Cloud Life Sciences API は、データに関する地域的なニーズに合わせてローカライズできるサービスです。Cloud Life Sciences API へのリクエストとロケーションの指定方法については、REST と RPC のパスをご覧ください。

REST と RPC のパス

Cloud Life Sciences API への REST と RPC のパスは、次のように変更されました。

  • すべてのパスで genomics.googleapis.com ではなく lifesciences.googleapis.com を使用するようになりました。
  • Cloud Life Sciences API を呼び出す場合は、すべてのパスで us-central1 などの Google Cloud Platform のロケーションを指定することが必要になりました。

例:

v2alpha1 Cloud Genomics:

GET https://genomics.googleapis.com/v2alpha1/projects/PROJECT_ID/operations/OPERATION_ID

v2beta Cloud Life Sciences API:

GET https://lifesciences.googleapis.com/v2beta/projects/PROJECT_ID/locations/LOCATION/operations/OPERATION_ID

gcloud コマンドライン ツールのパス

Cloud Life Sciences の gcloud ツールコマンドでは、gcloud alpha genomics ではなく gcloud beta lifesciences を使用するようになりました。例:

v2alpha1 Cloud Genomics:

gcloud alpha genomics operations describe OPERATION_ID

v2beta1 Cloud Life Sciences API:

gcloud beta lifesciences operations describe OPERATION_ID

リクエストの移行

Google Genomics v2alpha1 リクエストを Cloud Life Sciences API v2beta リクエストに移行するプロセスは、主にフィールド名を置き換え、リクエスト内のフィールド構造を変更するものです。

以下の各セクションでは、Cloud Life Sciences API オブジェクトと、Google Genomics v2alpha1 および Cloud Life Sciences API v2beta のオブジェクト間の相違点について説明します。

Action

name フィールドは次のとおり containerName に変更されました。

Google Genomics v2alpha1Cloud Life Sciences v2beta

{
  "name": string
  ...
}

{
  "containerName": string
  ...
}

従来は、flags フィールドは列挙型で、Flag オブジェクトの値を指定できました。これらの値は Action オブジェクトのフィールドになりました。次の例は、ignoreExitStatus フラグを Action に設定している場合に、リクエストを移行する方法を示しています。

Google Genomics v2alpha1Cloud Life Sciences v2beta

{
  ...
  "flags": [
    "ignoreExitStatus"
  ]
  ...
}

{
  ...
  "ignoreExitStatus": true
  ...
}

Event

機械読み取り可能なイベントの詳細は、oneof の内部に特定のメッセージ タイプとして保存されるようになりました。以前は、protobuf.Any タイプのメッセージとして保存されていたものです。基本のメッセージ タイプは変更されていません。

次のサンプルは、DelayedEvent の構成時にリクエストを移行する方法を示しています。

Google Genomics v2alpha1Cloud Life Sciences v2beta

{
  "timestamp": string,
  "description": string,
  "details": {
    "@type": string,
    field1: delayed
  }
}

{
  "timestamp": string,
  "description": string,
  "delayed": {
    "cause": string,
    "metrics": [
      string
    ]
  }
}

Network

name フィールドは次のとおり network に変更されました。

Google Genomics v2alpha1Cloud Life Sciences v2beta

{
  "network": {
    "name": string
  }
}

{
  "network": {
    "network": string
  }
}

Resources

Resources オブジェクトは、projectId フィールドを取得しなくなりました。代わりに、オペレーションがリクエスト URL から Google Cloud Platform のプロジェクト ID を検出します。

Google Genomics v2alpha1Cloud Life Sciences v2beta

{
  "projectId": string,
  "regions": [
    string
  ],
  ...
}

{
  "regions": [
    string
  ],
  ...
  "defaultContainerRegistryUri": string
}
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Life Sciences のドキュメント